未知株式会社(以下、未知)は、ミス・パリ・グループが展開するエステティックサロン「エステティック ミス・パリ」と「男のエステ ダンディハウス」のパートナー企業として、ファンマーケティングクラウドを用いて、コンテンツSEOを活用したコンテンツマーケティングの支援を実施。未知にて美容やダイエットに関する情報を発信するオウンドメディア「Beauty Picks」と「DANDY LABO.」を展開しました。そこで今回は、ミス・パリ・グループ広報宣伝部のメディアマーケティングディレクター堀田理子様(以下、敬称略)に、ファンマーケティングクラウドを導入していただいた背景と成果についてお伺いしました。(インタビュアー:未知株式会社 永田)

検索結果の上位にウェブサイトが表示されるようにするために、SEOによる対策が欠かせません。仮に同じ商品やサービスを取り扱う競合が似たようなキーワードでコンテンツを増やしても、SEOが意識されてなければ検索エンジンの表示順位に大きな差が生まれる可能性が高くなります。 本コラムでは、SEOで主に行われる対策と、プロに外注した場合の費用相場、優良な業者の選定基準について紹介します。

SEO

SEO対策とは、検索エンジンから自社サイトに訪れるユーザーを増やすために、サイトを最適化する施策のこと。SEO対策の成功はメリットが多いです。例えばGoogleやYahoo!などの検索エンジンから評価されるようになり、指定のサイトを上位表示されやすくなるなどポジティブなサイクルを構築できます。そんなSEOには様々な対策があり、意味のない施策をしてしまうと、十分な効果を得られません。そこで今回は、SEO対策の基本的なメリットや意味のない施策、効果を最大化させる施策「コンテンツSEO」について詳しく解説します。

SEO

企業ブランディングにコンテンツSEOは非常に有効です。コンテンツSEOとは、良質かつユーザーニーズの高いコンテンツを継続的かつ高頻度で発信しつづけることでGoogleやYahoo!などの検索エンジンからの集客を目指す手法のこと。単に上位表示することによるメリットが得られるだけでなく、自社ファンの獲得やコンバージョン向上などさまざまな効果があり、『企業ブランディングの場で欠かせない』手法となりました。 今回は、改めて企業ブランディングにコンテンツSEOが重要とされる理由を解説します。 注意点や具体的な配信方法にも触れるので、ぜひ参考にしてください。

SEO

SEOを万全にしたいのであれば、タイトルタグは欠かせません。タイトルタグとは、Webページのタイトルとしてつけるタグのことを指します。 「」で示す部分であり、当該Webページがどんなコンテンツであるかをひと言で表す意味合いを持っています。 今回は、なぜタイトルタグがSEOで重要視されているのか、理由を解説します。あわせてタイトルタグの付け方や文字量にも触れるので、ぜひ参考にしてください。

SEO

GoogleやYahoo!など検索エンジンからの流入を増やしたい場合、SEOやリスティング広告の活用がおすすめです。しかし、どちらもユーザーが検索したキーワードからニーズを探り出す手法であるので、違いが分からなくなってしまうこともあります。 今回は、SEOとリスティング広告の違いを解説します。SEOが有効なシーン・リスティング広告が有効なシーンなどにも触れるので、参考にしてください。

SEO

細分化された現代のユーザーニーズに対して、適切にアプローチするためには、検索意図を考慮したSEO対策が欠かせません。検索意図を加味しない施策は、価値あるコンテンツとはいえません。 ユーザーの目的によっては単純に既出の情報を網羅したコンテンツがニーズを満たしている場合もあります。一方で、詳細なターゲティングやユーザーのファン化などを目的にする際は、検索意図を重視すべきです。 そこで本コラムでは、SEO対策を最大化するために重要な検索意図を4分類にした考え方、調査方法を解説します。

SEO

メタディスクリプション(meta description)とは、ウェブページのコンテンツ内容を1~2文で説明する文章のことです。このメタディスクリプションを設定するとき、SEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)評価に影響があるのか、何文字が最適なのか、気になる方もいるのではないでしょうか。 本コラムでは、SEOの観点でメタディスクリプションが重要である理由とともに、具体的な書き方・設定方法も紹介します。

SEO

多くのユーザーをウェブサイトに流入させるためには、SEOを意識したコンテンツ作りが欠かせません。 しかし記事の数が増えると、検索エンジンで狙ったものとは異なるウェブページが上位表示されたり、一部の低品質なコンテンツがウェブサイト全体の評価を下げたりすることがあります。 SEO施策の効果を高め、集客力のあるウェブサイトを作成するためには、検索エンジンの望ましくない動作を防ぐことが重要です。 効果的な対策の1つとして、meta robotsタグの活用があげられます。 本コラムでは、ウェブページの制御ひいては検索エンジンの望ましくない動作防止に役立つ、meta robotsタグの特徴や記述方法を解説します。

SEO

SEO用のチームを自社に設けていない場合は、専門会社に依頼することをおすすめします。専門会社に依頼すれば、自社のリソースを割くことなく、効果的な施策を代行してもらえます。 そこでSEOを外注するうえで重要なポイントが、業者選定です。費用が高いからといって効果があるとは限らず、安すぎれば思うようなサポートを受けられない可能性があります。 理想は、適切な価格で自社に最適なSEOを実施してくれる業者を選ぶことです。本コラムでは、大阪でSEO会社を選ぶときのコツやチェックすべきポイントを紹介します。

広報戦略の歴史的整理と、インターネットとSNSの影響について確認し、そこから消費者の主体としての変貌から、企業の広報活動の変革について触れます。そういった変革に沿った展開を可能にしている事例二社に触れていきたいと思います。

SEO

長期間ウェブサイトを運営していると、既存ウェブページのURL変更が必要となることがあります。たとえば社名変更にともなう新しいドメインの採用や、ホームページ全体のリニューアルによる各ページのURL変更、URLの一部を修正する場合などです。 いずれの場合も、URL変更を行うときは、リダイレクトを忘れず設定しておきましょう。 本コラムでは、URL変更時に欠かせないリダイレクトとはどのようなものなのか、その特徴と詳しい設定方法を解説します。

SEO

近年は、さまざまな媒体から個人が手軽に膨大な情報を得られるため、情報爆発時代とも呼ばれています。情報があふれた環境の中で、ターゲットとなるユーザーに自社ブランドや商品・サービスを認知してもらうためには、検索エンジンでの上位表示が重要です。 SEOは、大きく分けて外部対策、内部対策があります。効果的な外部対策につなげるためには、まず内部対策に注力しなくてはなりません。 本コラムでは、SEOの内部対策と外部対策の違いや、それぞれの重要性について解説します。

SEO

コンテンツSEOとは、良質なコンテンツを作成することにより、検索エンジンの結果画面で上位表示を目指す手法です。自社のWebサイトやコンテンツページが検索エンジンで上位に表示されれば、流入するユーザー数の増加が見込めます。 自社にノウハウがなかったり作業リソースを割けなかったりする場合、ライターやコンテンツSEO会社へ施策を依頼することとなります。 しかし自社および依頼先に十分な知識や技術がなければ、低品質なコンテンツを量産してしまいかねません。 そこで本コラムでは、コンテンツSEOの外注に失敗しないために、コンテンツSEOを外注するメリットや個人、法人どちらに頼むべきか、外注先を選ぶ際のコツを紹介します。

令和4年版総務省の調査によると、個人の2021年のインターネット利用率(個人)は82.9% でした。 誰もが手軽にインターネットを利用できる現代は、企業側もオンライン上でのマーケティング戦略を練る必要があります。多くの企業にとって、インターネットユーザーを対象としたマーケティング手法で欠かせないのが、コンテンツSEOです。 本コラムでは、これからコンテンツSEOに取り組む方へ、コンテンツSEOを行うメリットや進め方についてご紹介します。

企業と顧客との関係性を表す言葉のひとつに「D2C」があります。D2Cブランドを確立して、業績を伸ばしている企業も少なくありません。D2Cブランドには、どのようなメリットや効果があるのか、事例を交えながら紹介します。

ブランディングでは、定着したブランドの価値を高める作業は欠かせません。「ブランド価値」は、企業に数多くのメリットをもたらすから必須です。ブランド価値の定義やメリットを確認しながら、どのようにコントロールすれば良いのか紹介します。

ブランディングの重要度が知られている現代社会、その中で新たなワードとして近年注目されているのが「アウターブランディング」。 この記事では、アウターブランディングとは?という基本的な要素から、成功事例、成功させるための重要なポイントを解説いたします。


サービスのご紹介

Fun Marketing Cloudコンテンツマーケティング

貴社の見込み客の態度変容まで考えたアメリカ式コンテンツマーケティングで構築するプラットフォームを提供します

詳しくはこちら

Corporate Brandingコーポレートブランディングサイト制作

デザインからマーケティングまでを見据えた戦略的なコーポレートサイトが企業ブランディングの確立に貢献します

詳しくはこちら

Mission Vision Valueミッション・ビジョン・バリュー

弊社で実際にミッションビジョン・バリューを実践した経験を生かし、貴社の永続的な発展をサポートします

詳しくはこちら


事例紹介

今のところ新しい記事はありません


お役立ち情報

“ファン形成型”コンテンツマーケティングのご案内

【この資料を読むと分かること】
未知株式会社のFun Marketing Cloud(ファンマーケティングクラウド)は、広告の代替で用いるコンテンツSEOではなく、貴社の見込み客の態度変容まで考えたアメリカ式コンテンツマーケティングで構築するプラットフォームです。1記事1記事に対して細かく競合調査を行い、最適な記事を制作する弊社サービスの概要や事例、料金を解説しています。

詳細はこちら

【ChatGPT/GoogleBird】SEO活用のメリデメを専門企業が語る。

昨今の会話型AIツールの急速な発展により、ChatGPT/Google Bardで記事作成を検討する方も増えており、弊社でもAIツールSEO記事に活用できるのか研究を進めています。研究の結果、現在判明しているAIツールで記事作成するメリットデメリットを資料にまとめました。

【こんな人にオススメ!】
・社内でSEO施策を進めたい!
・広告費、販管費を抑えてWeb集客を実施したい!
・記事をアウトソースしているがコンテンツ品質に満足していない!
・AIツールを利用して社内リソース不足を解消したい!

詳細はこちら

コンテンツSEO成功事例集

【この資料を読むと分かること】
・企業の広告依存を脱却できた理由が分かる
・月間100万セッション達成の裏側が分かる
・YMYL分野でも上位表示率80%が実現した戦略が分かる
・CV数25倍に導くコンテンツ設計が分かる

詳細はこちら

広告に依存せず、見込み客を集める方法

ホワイトペーパー「広告に依存せず、見込み客を集める方法」をPDF形式でダウンロードいただけます。

詳細はこちら

【ブランディング向け】自社の魅力を存分に外部に伝える方法

【ブランディング向け】ホワイトペーパー「Vol.3 自社の魅力を存分に外部に伝える方法」をPDF形式でダウンロードいただけます。

詳細はこちら

Mission・Vision・Value

未知株式会社のミッション・ビジョン・バリューの事例やフローをPDF形式でダウンロードいただけます。

詳細はこちら