<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2021.05.28 / 最終更新日 :

ブランディング

ブランド連想とは?ブランドイメージとは違う!

マーケティングにおける手法のひとつに「ブランド連想」があります。ブランド連想が強力であれば、その企業、あるいは商品・サービスは選ばれやすくなり、売上にもつながるでしょう。ブランド連想を強化するには何をすれば良いのか紹介します

この記事は約7分で読み終わります。

ブランド連想って何?

まずは、ブランド連想の定義やメリットについて知っておきましょう。

ブランド連想とブランドイメージは異なる

ブランド連想とは、消費者が、ある商品を購入したりや、企業や店舗、サービスを利用したりするとき、候補として思い浮かんでいる状態を指します。

例えば、缶コーヒーを購入しようとするとき、BOSS(サントリー)が思い浮かんだのであれば、その消費者にとって「BOSSのブランド連想が強力である」といえるでしょう。

「ブランドイメージ」は、消費者がそのブランドに対して抱くイメージであり、ブランド連想とは別物です。例えば、同じ消費者が先ほどのBOSSに対して、「美味しい」とか「CMが印象に残る」などと思うのであれば、それがブランドイメージとなります。

購入の動機付けになるのは、ブランド連想もブランドイメージも同じですが、ブランド連想のほうが「候補に残る」点で重要です。ブランド連想が強力で、消費者の候補に残れば、購入や利用に至る可能性は高くなります。

ブランド連想のメリット

何か商品を購入したり、企業や店舗、サービスを利用するときの候補は、ほとんどの消費者にとって、それほど多くはありません。どんなに多くても5つ以上選択肢があるケースは滅多に無いでしょう。多くなるほど比較するのが面倒になるからです。

むしろ、お気に入りのブランドがあって、簡単にひとつかふたつくらいに絞れるのが一般的かもしれません。

どの商品や企業、店舗、サービスにも競合が存在します。ブランド連想が強力であれば、その中から消費者の候補に残りやすくなるわけです。

第一候補になるほど、購入や利用に至る確率は高くなりますが、まずは候補に残ることを目標にすると良いでしょう。

目次へ

ブランド連想を狙うにあたって

続いて、ブランド連想を強化するために、何をすれば良いのか見てみましょう。

まずはブランド連想のステップを知ろう

消費者のブランド連想は、そのブランドの認知から始まります。つまり、企業側は認知するきっかけを作らなければいけません。集中して広告を打つのも、そのひとつです。

ただし、認知してもらうだけでは不十分で、それが消費者の中に定着しなければいけません。

例えば、CMで商品に興味を持った消費者が、実際にその商品を購入し、良い印象が残れば、次回購入するときの候補になるでしょう。逆にネガティブな印象を持たれると、二度と候補には残りません。初回が肝心です。

定着したら、次は何度も再生してもらえるように働きかけます。広告を打ち続けて忘れられないようにするだけでなく、商品やサービスが常に提供されている状態にしておくのも大事です。必要なとき手に入らなかったり、利用できなかったりすれば、やはりネガティブな印象を持たれて、候補には残らなくなってしまいます。

より多く再生してもらうには、消費者にとってメリットのある情報提供が欠かせません。好ましいブランドイメージや問題を解決する手段などです。例えば、食器洗い洗剤を選ぶとき、「手荒れしない」というのは、好ましいブランドイメージですし、消費者の問題を解決する手段でもあります。

独自性も必要です。どんなに魅力的な要素があっても、競合するものが持ち合わせていると、そちらで代用される恐れがあります。汎用性の高い商品やサービスほど、独自性を出すのは難しいですが、何も方法が無いわけではありません。

缶やペットボトルのお茶で考えてみましょう。それまで急須で淹れるものだったお茶を、缶やペットボトルで販売し、定着させたのが伊藤園の「おーいお茶」です。その後、サントリーの伊右衛門は、個性的なCMで認知度を高め、ブランド連想のきっかけをつかみました。キリンの「生茶」は、お茶の甘みに特化して競合との差別化を図っています。

他社より先行した伊藤園、CMでブランドイメージを高めたサントリー、味で個性を出したキリンといった具合に、独自性を持つきっかけはさまざまです。

独自性があれば、「この商品・サービスでなければいけない=ほかでは代用できない」というブランド連想に発展し、購入や利用時の強い動機付けになるでしょう。

ブランド連想に求められること

ブランド連想を強化するには、一貫性や持続性が大事です。

商品にしてもサービスにしても、定着したらどんなに良かれと思っても、簡単に内容やパッケージ、基本方針などを変えてはいけません。また、これらにそぐわないものは切り捨てる勇気も必要です。

人間と同じく、ブランドに一貫性が無いと不信感を持たれてしまいます。消費者は定着したブランドのイメージを期待して商品を購入したり、サービスを利用したりするからです。そこから外れると、裏切られたと感じて、そっぽを向いてしまうでしょう。

実際に大胆なイメージチェンジや改良(改悪)をして、人気を落とした商品やサービス、店舗、企業は少なくありません。

だからといって、まったく変わらないのも考えものです。それでは消費者に飽きられてしまいます。変化を拒む一方で、新しいものに目移りしやすいのが消費者です。

実際にロングセラーとなっている商品やサービスは、消費者のニーズから外れない範囲で改良を重ねています。例えば、カゴメケチャップは、パッケージを一新したり、ガゴメケチャップハーフという、カロリー、塩分、糖質を50%抑えつつ、満足した味を維持したケチャップを発売するなど、改良を続けています。

消費者が持つイメージや期待を守りつつ、ニーズに応える改良を重ねていけば、持続性のあるブランドになり、その間にブランド連想も強化されるでしょう。

目次へ

ブランド連想の事例

最後に、ブランド連想が強力な商品やサービス、店舗、企業の事例を見てみましょう。

ブランド連想の事例

スマートフォンでブランド連想が強力なのは、アップルの「iPhone」です。それほどスマートフォンに詳しくない人にも、iPhoneは認知されています。普段は他社のスマートフォンを使っていても、機種変更の際にiPhoneを候補に入れる人は少なくないでしょう。

iPhoneの魅力は、その独自性があるデザインです。さらに直感的に使えて反応も良いメリットがあります。他社のスマートフォンもブランド連想を強化しようと努力していますが、iPhoneほど定着や再生はしていません。

コーヒーショップならスターバックスを思い浮かべるでしょう。コーヒーをメインに提供する店舗は、ほかにもありますが、スターバックスほどの強力な印象はありません。先行してコーヒーショップを展開した強みがありますし、商品にも独自性があります。

来店者にとっては、従業員が個性的なサービスを提供するところも、印象に残りやすく、リピーターを増やす一因となっています。

ブランド連想を狙うなら

このように、ブランド連想を強化するなら、以下の5つが大事です。

  • ・ほかよりも早く商品やサービスを投入して、先行者利益を狙う。
  • ・コンテンツマーケティングで、幅広い層の認知度を高める。
  • ・独自性を持たせて、競合するものと差別化を図る。
  • ・ブランドに一貫性を持たせて、消費者のイメージや期待を裏切らない。
  • ・気づかれない程度に改良してブランドを持続させる。

このうち、コンテンツマーケティングについては、消費者にとって価値があるものを作るのが課題です。従来の一方的に売り込む広告とは、手法が大きく異なります。いざ取り組むとなれば、あまりの違いに戸惑うかもしれません。

未知株式会社では、メディアを活用したコンテンツマーケティングによって、ブランド連想の強化をお手伝いします。ぜひお気軽にこちら(https://www.mchs.co.jp/contact/)からお問い合わせください。

目次へ

まとめ

ブランド連想を強化する方法はさまざまですが、まずは消費者に存在を知ってもらわなければいけません。存在を知ってもらい認知度が高まれば、次のステップに進めます。良い商品やサービスを提供するのはもちろん、目に触れる機会も増やしたいところです。

ブランディングを始めたいなら

未知株式会社では、10年以上のWEBマーケティングの知見を活かしブランディングのお手伝いをさせていただいております。
オンラインでのブランディングに苦戦している
・自社の魅力を存分に外部に伝える方法
を知りたい!という方は是非お気軽にご相談ください。

  • 氏名

  • 会社名

  • メールアドレス

  • 電話番号