<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2022.05.26 / 最終更新日 :

SEO

失敗なくコンテンツSEOを“外注するコツ”をプロが伝授します

コンテンツSEOとは、良質なコンテンツを作成することにより、検索エンジンの結果画面で上位表示を目指す手法です。自社のWebサイトやコンテンツページが検索エンジンで上位に表示されれば、流入するユーザー数の増加が見込めます。 自社にノウハウがなかったり作業リソースを割けなかったりする場合、ライターやコンテンツSEO会社へ施策を依頼することとなります。 しかし自社および依頼先に十分な知識や技術がなければ、低品質なコンテンツを量産してしまいかねません。 そこで本コラムでは、コンテンツSEOの外注に失敗しないために、コンテンツSEOを外注するメリットや個人、法人どちらに頼むべきか、外注先を選ぶ際のコツを紹介します。

この記事は約9分で読み終わります。

コンテンツSEOの外注・代行を依頼するメリットとは

コンテンツSEOは自社でチームを組んで取り組む他に、ライターやコンテンツSEO会社などに外注・代行を依頼する方法があります。

自社でも対応できるコンテンツSEOを、あえて外注・代行するメリットとしてあげられるのは、次の4つです。

・ライターなどの専門人材を抱えなくて良くなる
・自社で最新情報をキャッチアップする手間が減る
・一定以上の品質のコンテンツを多く確保できる
・サイト全体での最適化を考えて提案してもらえる

この項目ではメリットを詳しく紹介します。

ライターなどの専門人材を抱えなくて良くなる

外部のライターや専門会社へ依頼することで、自社で新たに専門人材を採用したり、専門部署やチームを設けたりする必要がなくなります。

コンテンツSEOは、検索エンジンのアルゴリズムを理解したうえで施策を行うことが重要です。本格的にコンテンツマーケティングを行う場合、専門知識のない社員へ通常業務の片手間に任せるべきではありません。

専門知識を有する人材を集めた、コンテンツマーケティング専門のチームや部署の設置が求められます。

しかし、これまでコンテンツマーケティングに取り組んでいない企業の場合、必ずしも最適な人物が在籍しているとは限らないです。新たに専門人材を採用するとなれば、採用活動や教育などのコストが発生します。

一方、施策に詳しいライターやコンテンツSEO会社に外注・代行を依頼する場合は、専用人材にかける採用コストをカットできます。採用活動などの手間もないため、短期間で施策を開始できる点もメリットです。

自社で最新情報をキャッチアップする手間が減る

コンテンツSEOは、ユーザーニーズやアルゴリズムアップデートなどの検索エンジンの変化に敏感であることも求められます。施策を外注しておくと、自社で常に最新情報をキャッチアップする必要がありません。

収集した最新情報は取捨選択した上で、ユーザーニーズや自社のターゲットを考慮してコンテンツに落とし込みます。

膨大な最新情報の中で、信頼に値するか判断しながらこまめにキャッチアップしていくことは手間を要します。知識の豊富なライターやコンテンツSEO会社に施策を依頼すれば、最新情報も取り入れてコンテンツを作成してくれます。

一定以上の品質のコンテンツを多く確保できる

コンテンツSEOで重要なポイントのひとつが、良質なコンテンツを継続的にアップロードしていくことです。ライターやコンテンツSEO会社など、常に新しいネタを出してくれる相手に外注すると、一定品質のコンテンツを継続的に多く確保できます。

ノウハウのない状態で自社の社員にコンテンツを作成させようとすれば、ネタ切れを起こしやすく、さらにひとつひとつの品質に差が出やすくなります。
低品質なコンテンツが多くなれば、ユーザーの流入が減ったり検索エンジンからの評価が低くなったりとサイトに悪影響が出るでしょう。

コンテンツSEOを成功させるためには、良質かつ品質に大きな差のないコンテンツを、継続的に増やしていくことが重要です。ライターやコンテンツSEO会社などの専門家なら作成ノウハウがあるため、一定以上の品質が担保されます。

サイト全体での最適化を考えて提案してもらえる

コンテンツごとの施策に加えて、サイト全体での最適化も考慮した提案を受けられる点も外注・依頼するメリットです。

コンテンツマーケティングは、サイト全体の構成や各コンテンツのデザインなど、掲載している情報以外の部分も軽視できません。
いくら大量のコンテンツを入れたとしても、サイト自体が大きな問題を持っていれば、Googleなどの検索エンジンの評価を挙げられません。

たとえばパンくずの設定が適切でない・他ページへの内部リンクが無いもしくは極端に少ないなどです。

自社で専門人材を確保できないのであれば、最新情報をキャッチアップし専門的な分析でサイト全体のSEOを提案してくれる会社に依頼しましょう。

目次へ

コンテンツSEOは個人・法人どちらに発注すべき?

コンテンツSEOを外注・依頼できる相手は、大まかに分けてライターとコンテンツSEO会社の2種類です。

ライターは企業の社員が副業として行っている他、フリーランスで受託している場合もあります。ひとり社長で法人化している場合もありますが、ライター個人に仕事を依頼する形式です。

一方のコンテンツSEO会社は、Webサイトの作成代行やSEO対策、コンサルティングなど、コンテンツマーケティングを事業とする法人をさします。

ライター個人とコンテンツSEO会社、どちらに依頼する場合もメリット・デメリットがあります。あらかじめ期待できる効果や理解しておくべきリスクを知ったうえで、自社に合った依頼先を見つけましょう。

ライター個人とコンテンツSEO会社、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

ライター個人に発注するメリット

Webコンテンツの作成を主とするライター個人に発注するときは、本人のSNSなど連絡先に直接連絡する他、クラウドソーシングや複業サービスを利用します。

ライター個人に発注するメリットは、次のとおりです。

・法人と比較して安い価格で依頼できる
・専門知識や技術を有している人も多い
・複数名のライターと同時契約できる
・自社主導でコンテンツ運用できる

企業に依頼する場合と比べると、ライター個人への依頼はコストが安いのが特徴です。書籍を発行するほどのプロレベルのライターを除けば、コンテンツ用の記事1本を数千円で作成してもらえます。

中には業界に勤務経験があったり、資格を取得していたりと、特定のジャンルで豊富な知識や技術を有しているライターもいます。薬機法に注意しなければならないジャンルなども、専門知識のあるライターに安価で依頼できるでしょう。

複数のライターと同時契約できる点は、複数のWebサイトを作成したり、ひとつのメディアに短期間で多くのコンテンツを追加したりしたい場合に便利です。ライター個人への発注は記事作成など一部の作業を委託するケースが一般的なため、自社主動で運営したい方に向いています。

ライター個人に発注するデメリット

ライター個人への発注を検討する場合は、以下のデメリットも考慮しましょう。

・ライターごとに品質の差がある
・急に連絡が取れなくなるリスクがある
・意図しない内容で納品されることがある

ライター個人に依頼する方法で、大きなデメリットとなりやすいのが、納品されたコンテンツそのものの品質です。

毎月決まった相手に依頼するのであれば品質に大きな差は生じませんが、ばらばらのライターに依頼すると、品質が揃わなくなります。

たとえばクラウドソーシングサービスを介して複数のライターに依頼した場合、知識のある経験者だけではなく、未経験者とマッチングする可能性もあります。

そのため自社でライティング経験者を選ぶ手間が発生します。

2つ目のリスクは責任感に関するものです。

個人のライターに依頼した場合、納品日に記事が納品されない・催促しても連絡が返ってこないといったことが多々起こります。

そのようなリスクを取ってまで外注コストを下げたいか、という点は事前によく検討する必要があります。

また、依頼時のコミュニケーションが不十分だったり、構成案が甘かった場合、意図したものとは異なるコンテンツが納品されるリスクにも注意しましょう。

コンテンツSEO会社に発注するメリット

コンテンツSEO会社に発注する場合、次のようなメリットがあげられます。

・自社で運用する手間がかからない
・安定した品質で運用してもらえる
・幅広い業種に対応できる
・最新情報の反映が早い

ライター個人に依頼する場合、コンテンツの作成のみで終わることがあります。Webサイトへのアップロードまでは対応してくれても、分析やコンサルティング、メディアの運用代行まで依頼するとなると、任せられる相手は限られてきます。

コンテンツSEO会社は企画の提案からコンテンツ作成、Webサイトの構成の改善など、運用も含めて代行してくれるため、自社の作業負担がありません。安定した品質も担保され、安心して運用を任せられます。

経験豊富なコンテンツSEO会社は様々なジャンルに対応できるライターを抱えています。自社と同じ業種の実績が多ければ、高い成果が期待できます。

Googleのアルゴリズム変動や評価軸の変更も分析した上で、常に成果の出やすいコンテンツを提案してもらえるのもメリットです。

コンテンツSEO会社に発注するデメリット

一方で、コンテンツSEO会社に依頼する場合も、以下のようにいくつかのデメリットがあります。

・担当によって知識レベルに差がある可能性が高い
・ライター個人に依頼するよりもコストが高い

コンテンツSEOなどのウェブ関係の仕事は担当ごとに知識レベルに差があることが多々あります。

前の担当の人は知識が豊富で良かったけど、新しい担当の人はそんなに詳しくないみたいだ。コンテンツSEO会社に依頼する場合、そのようなことが起こる可能性があります。

また、ライター個人に依頼するよりも関係者が増えることもあり費用は高くなりがちです。
このコストに関しては、自社で賄える部分がないかを検討し調整するのがおすすめです。

目次へ

コンテンツSEOの外注先を選ぶ際のコツ

コンテンツSEOは、時間をかけて成果につなげるものです。安心して長く付き合えるよう、コンテンツSEOの外注先を選ぶときは、3つのポイントに注意しましょう。

・自社の業界で実績と経験があるか
・SEOの分析能力や戦略策定に強みがあるか
・最新の情報や動向をキャッチアップできているか

各ポイントの詳細を紹介していきます。

自社の業界で実績と経験があるか

コンテンツSEOは現在、多くの業界で取り入れられており、主流なマーケティング手法のひとつです。専門事業として取り組んでいても、会社ごとに実績や経験を積んだ業界は異なります。

少しでも成果を上げるためには、自社の業界でコンテンツSEOの実績と経験をもつ会社に依頼することが重要です。

SEOの分析能力や戦略策定に強みがあるか

コンテンツSEO会社には、記事作成が得意な会社とSEOが得意な会社の2パターンあります。

先程も書いたように、コンテンツSEOでは記事だけでなくサイト全体の最適化が重要になってきます。よって、SEOの知識なしにいくらコンテンツを量産したとしても、正当な評価を検索エンジンから受けられません。

自社の業界での運用実績があるだけではなく、分析能力や戦略策定に強みのある会社を選びましょう。

最新の情報や動向をキャッチアップできているか

コンテンツマーケティング全般において、運用の依頼先は最新の情報や動向をキャッチアップできていなければなりません。業界トレンドの把握はもちろん、検索エンジンやユーザーの動向をいち早く把握することで、今後の予測も交えたコンテンツSEOにつながるためです。

時代に合った施策をしてもらうためにも、最新の情報や動向を積極的にキャッチアップしているコンテンツSEO会社がおすすめです。

目次へ

まとめ

多くのユーザーがスマホを片手に情報収集する現代は、集客やブランディングにコンテンツマーケティングが欠かせません。

自社にノウハウや経験がない場合、専門知識を有する相手に外注・依頼する方法がおすすめです。

未知株式会社では、コンテンツSEOをはじめ、さまざまな手法でインターネットを利用したブランディングや集客のサポートを行っております。どのようなお悩みがあるのか、まずはお気軽にご相談ください。

また、ホワイトペーパーでは、広告出稿のみに頼らず見込み客を集める方法など、お役立ち情報を提供しております。ぜひご活用ください。

Vol.1 広告に依存せず、見込み客を集める方法

  • 氏名

  • 会社名

  • メールアドレス

  • 電話番号