編集部おすすめ

SEO

インターネットを活用した広告手法において、施策の成否を左右する要素のひとつがSEOです。SEO施策を業者に依頼するためにも、専門会社への見積もりを検討している方もいるのではないでしょうか。SEO会社を選ぶうえでコスト面ばかり重視してしまいがちですが、料金は「高ければ良い」とも「低いほうが良い」とも限りません。そこで今回は、SEO会社選びで失敗しないために、見積もり時のポイントを解説します。

SEO

これまでコンテンツSEOに縁がなかった企業は他者の成功した事例から成功要因を捉えて学びましょう。昨今は、多くの企業がWeb集客やブランディングなどを目的にした、コンテンツSEOを実施する企業は多いです、そこで、自社でもコンテンツSEOの注力を検討している方も多いのではないでしょうか。とはいえ、コンテンツSEOは長期的な施策となるため、社内チームの結成あるいは専門会社への外注など、相応のコストと時間を割く必要があります。だからこそ、成功に導くためには成功要因を学んで、自社ノウハウを蓄えることが大切です。そこで本記事では、コンテンツSEOが注力される理由と、成功した事例10選を紹介します。

検索結果の上位にウェブサイトが表示されるようにするために、SEOによる対策が欠かせません。仮に同じ商品やサービスを取り扱う競合が似たようなキーワードでコンテンツを増やしても、SEOが意識されてなければ検索エンジンの表示順位に大きな差が生まれる可能性が高くなります。 本コラムでは、SEOで主に行われる対策と、プロに外注した場合の費用相場、優良な業者の選定基準について紹介します。

新着記事

コーポレートサイトのコンセプト設定は、伝えたい情報をユーザーに明確に届け、成果につなげるために欠かせません。 しかし、コンセプトを決める上で、どのような点を考慮すべきか悩んでしまう人もいるでしょう。 本記事では、コーポレートサイトのコンセプトを設定する際に明確にしておきたいことや、参考になる事例を紹介します。

コーポレートサイトは、企業による情報発信の拠点です。ブランディングすることで他社との差別化ができ、顧客層の拡大や人材確保につながります。 しかし、ブランディングを成功させるためには、専門的な知識やノウハウが不可欠です。 本記事では、コーポレートサイトでブランディングする重要性や戦略、成功事例など成果を出すために必要な情報をすべて解説します。

コーポレートサイトは、一度制作したら終わりではなく、ある程度の頻度でリニューアルすると良いとされています。ユーザーのニーズやデザイン、トレンドなどをタイムリーに反映し、サイトを周囲の変化に対応させることができるからです。 しかし、誤ったリニューアルや必要のないタイミングでのリニューアル実施は注意が必要です。既存ユーザーが変化についていけず、離れてしまう可能性があるためです。 本記事では、コーポレートサイトをリニューアルする際の進め方や、リニューアル実施を検討すべきタイミングなどを解説します。誤ったリニューアルにしないために、ぜひご参考にしてください。

コンテンツマーケティングでは、目標達成に向けた道のりを正確に測定し、進捗を管理するためにKPIを設定する必要があります。例えば、問い合わせ数の増加が見られない場合には、コンバージョン率やウェブサイトへの流入数などのKPIをチェックするとよいでしょう。このようにコンテンツマーケティングにおけるKPIの設定は、戦略の有効性を評価し、成功に向けた道のりを明確にするために不可欠な要素といえます。そこで今回は、コンテンツマーケティングにおけるKPI設定の方法について解説します。

SEO

サイトリニューアルは、デザインが古くユーザビリティが下がったときや、セキュリティ対策が不十分なときなどに取り組むと良いとされています。 ほかにも、ウェブサイトの構成が悪く整理が必要なときなど、大幅な改修時にもリニューアルすると良いでしょう。 しかし、サイトリニューアルは適切に行わないとSEO効果を下げてしまう可能性があります。本記事では、サイトリニューアルがSEOに与える影響や、リニューアル時に注意すべきポイントを解説します。

SEO

カテゴリー分けは、SEO(Search Engine Optimization/検索エンジン最適化)を行う上で本当に必要があるのか知らない人もいるでしょう。適切なカテゴリー分けは、ユーザーにとっても検索エンジンのクローラーにとっても、SEOにおいて重要な要素のひとつといえます。 本記事では、SEO効果を高めるために最適なカテゴリー分けの方法や、注意点を解説します。

SEO

SEO(検索エンジン最適化)において、被リンクの重要性は非常に高いといえます。被リンクとは、外部のウェブサイトから自社のウェブサイトに向けて設置されたリンクのことです。「バックリンク」とも呼ばれます。 この記事では、被リンクの重要性に焦点を当て、基礎知識や有効な被リンクの増やし方などを紹介します。加えて、自社のウェブサイトの被リンクを分析するための方法についても詳しく解説していますので、SEO対策に役立ててください。

コーポレートサイトとは、企業の基本的な概要や取り組み、方針等を示してどんな会社なのかを認知してもらう公式ウェブサイトのことです。株主や顧客、見込み顧客、求職者など幅広い層のターゲットに対して、「会社概要」「サービス・商品情報」「採用情報」「IR情報」などのページを用いて情報提供を行います。 基本的にコーポレートサイトは、3年に1度はリニューアルすることが必須と考えられています。なぜサイトリニューアルが重要なのでしょうか。この記事では、コーポレートサイトリニューアルが必須な理由と、そのメリット、成功事例について詳しく解説します。

コンテンツマーケティングを検討しているものの「自社のサービスの価値をどのように伝えればよいか分からない」と悩んでいる企業担当者の方は多いのではないでしょうか。 BtoBにおけるコンテンツマーケティングの成功には、専門性の高さと長期的なコンテンツ戦略が不可欠です。 この記事では、BtoBでコンテンツマーケティングを成功させる秘訣や、BtoB企業に有効なコンテンツマーケティングの種類を解説します。あわせて成功事例も紹介しているので、ぜひ最後まで目を通してください。

SEO

Webサイトの検索エンジン上位表示を目指す上で欠かせないのは、質の高いコンテンツです。検索結果の上位にランクインするためには、訪れるユーザーに価値のある魅力的な情報の提供が不可欠です。 コンテンツの質向上についての具体的な要素や、評価基準が一般に公開されていないものの、Googleなどの主要な検索エンジンが重視する指標は存在します。 この記事では、検索エンジンが高く評価するコンテンツの特徴や、良質なSEOコンテンツを作成する際の重要なポイントに焦点を当てて解説します。

SEO

SEO対策に悩む人のなかには、「SEO対策に意味がない」と聞いたことがある人や、現在意味がないと感じている人もいるかもしれません。しかし、適切に対策をすれば成果は十分に狙えます。 本記事では、SEO対策に意味がないといわれる理由や正しいSEO対策についてを解説します。SEO対策の効果が出ない場合に取り組むべき対策もまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

オウンドメディアを始める際は、目的とターゲットを明確に設定することが重要です。加えて、制作方法と運用体制の決定、高品質なコンテンツの創出、分析と改善の繰り返しが必要となります。 成功事例を参考にしながら自身の目的に合った戦略を構築し、オウンドメディアを成功へ導きましょう。

オウンドメディアとは、ブランドサイトやニュースメディア、SNS、コーポレートサイトなど自社メディア全般をさします。 広義的には、パンフレットや会社案内などアナログ形式のメディアも含まれています。 本コラムでは、主にブランドサイトなどインターネット上で発信するオウンドメディアについて、運営にかかる費用や効率化のコツを紹介します。

「売り上げの落ち込みを回復したい」「ターゲット層を広げさらなる発展を目指したい」などの課題解決のために、リブランディングは大いに役立ちます。 しかし、リブランディングをしてどの程度の効果があるのか、リブランディングを成功に導くために何をやるべきか、と疑問を抱えている人もいるでしょう。 そこで本記事では、リブランディングの成功事例や成功させるために取り組むべきことを詳しく解説します。 気をつけたい失敗事例もあわせて紹介していますので、ぜひリブランディングをする際の参考にしてください。

ある程度コンテンツが揃ったオウンドメディアで起こりやすいのが、アクセス数はあるがクロージング(商品の購入、サービスの契約など)につながらないケースです。集客できていても、モノが売れない状態が続けば、効果的なマーケティングとはいえません。 解決するためには、売上への後押しとなる「キラーコンテンツ」が必要です。 本コラムでは、「キラーコンテンツ」とは何か、マーケティングにおける役割や、集客コンテンツとの違いについても合わせて解説します。

ブランドサイトは、企業の商品やサービス、事業のブランドイメージを見事に表現し、見込み顧客の心を魅了する存在です。一体どのような役割を果たすのでしょうか。ブランドサイトの真価とその作成目的を詳しくご紹介します。ブランドサイトの魅力に触れ、一歩先を行く競争力を手に入れましょう。

コンテンツマーケティングにおいて、クロージング(商品の購入、サービスの契約など) 効果を上げる要素のひとつが導入事例の紹介です。 どのような企業が導入しているのかを紹介するだけでも、ある程度の訴求効果が期待できます。しかし、コンバージョン(ユーザーが購入など利益につながるアクションをすること) 率をより上昇させるためには、導入事例は淡々と紹介するのではなく、インタビュー記事として取り入れるなど、もう一歩踏み込んだ施策が不可欠です。 本コラムでは、コンテンツの集客力ひいてはコンバージョン率アップにつながる、導入事例のインタビュー記事について作成方法を解説します。


サービスのご紹介

Fun Marketing Cloudコンテンツマーケティング

貴社の見込み客の態度変容まで考えたアメリカ式コンテンツマーケティングで構築するプラットフォームを提供します

詳しくはこちら

Corporate Brandingコーポレートブランディングサイト制作

デザインからマーケティングまでを見据えた戦略的なコーポレートサイトが企業ブランディングの確立に貢献します

詳しくはこちら

Mission Vision Valueミッション・ビジョン・バリュー

弊社で実際にミッションビジョン・バリューを実践した経験を生かし、貴社の永続的な発展をサポートします

詳しくはこちら


事例紹介


お役立ち情報

“ファン形成型”コンテンツマーケティングのご案内

【この資料を読むと分かること】
未知株式会社のFun Marketing Cloud(ファンマーケティングクラウド)は、広告の代替で用いるコンテンツSEOではなく、貴社の見込み客の態度変容まで考えたアメリカ式コンテンツマーケティングで構築するプラットフォームです。1記事1記事に対して細かく競合調査を行い、最適な記事を制作する弊社サービスの概要や事例、料金を解説しています。

詳細はこちら

【ChatGPT/GoogleBird】SEO活用のメリデメを専門企業が語る。

昨今の会話型AIツールの急速な発展により、ChatGPT/Google Bardで記事作成を検討する方も増えており、弊社でもAIツールSEO記事に活用できるのか研究を進めています。研究の結果、現在判明しているAIツールで記事作成するメリットデメリットを資料にまとめました。

【こんな人にオススメ!】
・社内でSEO施策を進めたい!
・広告費、販管費を抑えてWeb集客を実施したい!
・記事をアウトソースしているがコンテンツ品質に満足していない!
・AIツールを利用して社内リソース不足を解消したい!

詳細はこちら

コンテンツSEO成功事例集

【この資料を読むと分かること】
・企業の広告依存を脱却できた理由が分かる
・月間100万セッション達成の裏側が分かる
・YMYL分野でも上位表示率80%が実現した戦略が分かる
・CV数25倍に導くコンテンツ設計が分かる

詳細はこちら

広告に依存せず、見込み客を集める方法

ホワイトペーパー「広告に依存せず、見込み客を集める方法」をPDF形式でダウンロードいただけます。

詳細はこちら

【ブランディング向け】自社の魅力を存分に外部に伝える方法

【ブランディング向け】ホワイトペーパー「Vol.3 自社の魅力を存分に外部に伝える方法」をPDF形式でダウンロードいただけます。

詳細はこちら

Mission・Vision・Value

未知株式会社のミッション・ビジョン・バリューの事例やフローをPDF形式でダウンロードいただけます。

詳細はこちら