<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2021.04.30 / 最終更新日 :

ブランディング

これを読めばわかる!デジタルブランディングを簡単解説!

インターネットが普及したことによって、デジタルブランディングという言葉が誕生しました。デジタル分野の対策を行うことで、ユーザーに自社の商品やサービスをアピールしやすくなったのです。 しかし「デジタルブランディングとはなに?」「どのような効果があるの?」など、わからないことも多いでしょう。この記事ではデジタルブランディングの基礎知識や活用するメリットを紹介します。 デジタルブランディングを活用した企業の成功事例も紹介しているので、併せて参考にしてみてください。

この記事は約8分で読み終わります。

デジタルブランディングとは?

デジタルブランディングとは、どのような対策なのでしょうか。まずはデジタルブランディングについて理解を深めていきましょう。

そもそもデジタルブランディングとは何か

デジタルブランディングとはWebサイトやSNSなどのデジタルメディアを活用して、自社の商品やサービスを消費者に認知してもらい、競合他社と差別化を図る対策です。

インターネットが普及した現代では情報が溢れているため、自社の魅力や価値を伝えなければ消費者に届きにくくなっています。

そのため多くの消費者が活用しているデジタル分野を利用して、自社の商品やサービスのアピールを行っていくのです。

ブランディングと混同しやすい言葉に「マーケティング」があります。マーケティングとは自社の商品やサービスが消費者に認知され、消費者の手元に届くまでの工程を指している言葉です。

ともに自社の商品やサービスを購入してもらうために行う対策であり、消費者に自社のアピールをするという同じ目的を持っています。

デジタルブランディングをするメリット

商品やサービスを安く販売すると、ユーザーの興味・関心を引きやすくなりますが、利益率が低くなったり、コスト削減を強いられたりとほかの問題が生じます。

デジタルブランディングを行い、自社のブランド価値が高まると価格以外を理由に自社の商品やサービスを選んでくれるのです。消費者は価格に魅力を感じて購入するのではなく、自社のブランドに価値を感じて購入してくれるようになるでしょう。

また自社の商品やサービスに価値を感じてくれるユーザーが増えると、リピーターとなって繰り返し商品やサービスを購入してくれるため、長期的な売上アップにつながりやすくなります。

自社の特徴や魅力をユーザーに伝えて他社との差別化に成功すれば、ユーザーは自然に自社の商品やサービスを選んでくれるのです。

そのほかにも自社のブランド価値が高まると、商品やサービスの購入につながるだけではなく、間接的なコスト削減も実現できます。

例えば自社の価値が高まると、入社希望者が現れやすくなります。近年は少子高齢化の影響もあって人手不足が深刻化しており、人材を確保しようと求人を出しても人材が集まらないことも少なくありません。

しかしブランディングに成功すれば、求職者に興味を持ってもらいやすくなり、採用コストをかけることなく、人材が集まりやすくなるでしょう。

目次へ

デジタルブランディングの事例5選

デジタルブランディングを活用して、成功した企業はたくさんあります。今回は成功事例の中から5つ紹介するので、自社のデジタルブランディングの参考にしてみてください。

デジタルブランディングの成功例

NTTドコモ

NTTドコモはアーティストであるPerfumeとコラボした映像で、5G実験回線の性能の高さをアピールしました。

Perfumeのメンバー3人がロンドン・東京・ニューヨークという異なる場所で撮影した映像を同期させて生配信し、まるで同じ空間で撮影しているかのようなダンスは、ブランドの確立に役立ったのです。

それまで遠い存在のように感じていた5G通信を身近な存在に変えた事例ともいえます。

ユニクロ「ヒートテック」

累計10億枚以上販売されているヒートテックは、愛用している人も多いのではないでしょうか。単純計算で日本国民1人あたり約8枚持っている計算になり、ユニクロは肌着ブランドとしての地位を確立しています。

流行に左右されず、高品質な定番商品を追求し続けたことで、リピーターの心を捉えました。

スターバックスコーヒー

ほかのコーヒーショップより高単価なのに消費者に人気のスターバックスコーヒーは、ショップ店員から店舗のデザインに至るまで、一貫された世界観が人気のヒミツです。

同社は従業員に対してブランディングを行っており、品質向上・離職率の低下・企業イメージの向上につながりました。

タニタ食堂

タニタ食堂がブランディングに成功したのは「人々の健康づくりに貢献する」というコンセプトを掲げたことがきっかけです。働く人の健康に気遣った社員食堂が話題になり、社食を再現できるレシピ本も大人気となりました。

その後一般の人も利用できる「タニタ食堂」を全国展開しており、タニタの製品やタレシピを活用した消費者の共感を得て、タニタブランドを確立させたのです。

マクドナルド

日本マクドナルドは2014~2015年に不祥事が続き、業績も悪化しました。全国の店舗に訪問して問題点を洗い出し、初心に戻ることをアプローチして復活したのです。

全国で「クルー体験会」を実施し、アルバイトの定着率を上昇させました。ほかにも求職者の企業理解を深めるとともに、キャリアアップへの期待感や安心感を抱かせる内容のインタビューをWebサイトにアップしてイメージ回復を図っています。

成功した企業の共通点

消費者が自社に求める価値はどのようなものなのかを分析して、明確に定義することが成功の秘訣です。ブランディングを行う際は消費者の立場に立ち、消費者目線で行うことで、消費者に自社の価値やこだわりが伝わりやすくなり、効率的にブランディングを行えます。

ブランディングを行う際は「自社の価値を高めて競合他社と差別化を行うこと」「自社のブランドの魅力を明確に伝えること」の2点が重要です。

ブランドとは消費者に提供する価値を約束するものなので、ブランドコンセプトを構築すれば一貫性を持ったブランディングができます。

目次へ

ブランディングを始めるにあたって

実際にデジタルブランディングを成功した企業のようになる為には具体的に何をしていけばいいのでしょうか。ブランディングを始める際のポイントを見ていきましょう。

ブランディングで大切なこと

デジタルブランディングを成功させるために大切なことは3つです。

・自社の強みと弱みを把握する

ブランディング成功への第一歩は「自社の強みを活かしたブランド」にすることから始まります。そのために自社の業界における位置付けや強み弱みを洗い出し、自社だからこそできるコンテンツを提供しましょう。

・ペルソナ(ターゲットユーザー)を明確にする

ブランディングを始めるにあたって、どのような目的やコンセプトで、どのようなターゲット層に企業のイメージをもってもらうかを明確にしておく必要があります。

ペルソナ(ターゲットの具体的なイメージ像)を設定し、自社の顧客傾向や現時点でどのようなイメージを自社にもっているかなどをリサーチしましょう。

リサーチと言うと大げさに聞こえますが、自社の顧客数名にインタビューするだけで十分です。3名ほどお話を聞けば、自社にどんなイメージを持っているか、なぜ自社を選んでくれているのかがわかるでしょう。

・ブランディングコンセプトからブレない

ブランドコンセプトからブレた広告やPR、SNSの宣伝を行うとせっかくファンになってくれた顧客の信頼を失うことに繋がってしまいます。コンセプトは慎重に考え、会社外だけでなく、内部にも浸透させるよう取り組む必要があります。

ブランディングでお悩みならまずはご相談ください

ブランディングの確立は長期的な良い効果を得るためのものであり、確立のためには継続して施策を行い続けることが大切です。

しかし、ノウハウがなければどのように進めてよいのか、今の方法で効果が出ているのかわからず、悩むことも多いのではないでしょうか。

そのような場合には、メディアを使ったブランディングが得意な未知株式会社にご相談ください。

広告宣伝やPRによるブランディングは一時的に顧客を呼び込めたとしても、長期的な売り上げに繋がりません。その点、メディアによるブランディングでは潜在顧客や見込み客と長期的に接触し、コンテンツを提供することで顧客からの「信頼・共感」を得ることができ、「ファンの獲得」に繋がります。

メディアでブランディングするには先ほど示した通りペルソナとサイトのコンセプトを明確化させ、顧客が知りたい情報をWEBコンテンツとして届けます。

未知株式会社では、対象顧客が問い合わせや商品購入する前にインターネットで調べそうなことをヒアリングデータを元に予測し、記事のキーワードとして抽出しています。

抽出したキーワードで記事制作することでWEB検索した際、上位に表示させることで、コンテンツを通じて企業の認知が高まります。

  • ・自社のファン数を増加させたい
  • ・自社製品のお問い合わせ数を増加させたい
  • ・自社のHP流入数を増やしたい

ブランディングでこれらのお悩みを抱えている際には、ぜひお気軽にこちら(https://www.mchs.co.jp/contact/)からお問い合わせください。

目次へ

まとめ

インターネットが普及したことによって、デジタルブランディングが重要視されるようになりました。デジタル分野を活用して、自社の商品やサービスを認知してもらうことで、消費者にアピールしやすくなったのです。

デジタルブランディングを行うと自社のブランドに価格以外の魅力が生まれ、売上アップにつながりやすくなります。消費者の立場に立ったブランドコンセプトを掲げながら、デジタルブランディングを行うことで成功しやすくなるでしょう。

ブランディングを始めたいなら

未知株式会社では、10年以上のWEBマーケティングの知見を活かしブランディングのお手伝いをさせていただいております。
オンラインでのブランディングに苦戦している
・自社の魅力を存分に外部に伝える方法
を知りたい!という方は是非お気軽にご相談ください。

  • 氏名

  • 会社名

  • メールアドレス

  • 電話番号