<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2020.10.12 / 最終更新日 :

ライティング

記事骨子の作り方、成功のためのコツを伝授!

記事を作成するまえに、記事骨子の作り方を覚えましょう。ただ文章をまとめればいいものではなく、重要な項目を組み合わせ、読み手に正しい情報を与えることが大切です。そこで役立つのが記事骨子です。文章を作るまえに記事骨子を作り、まとまりのある記事を作成しましょう。

この記事は約6分で読み終わります。

記事骨子とは?

記事骨子とは、記事作成や執筆において、重要な要点をまとめた骨組みです。骨組みの詳細は、事実・課題・解決策・効果の4つを連ねたものです。骨子を作らずに記事の作成をしてしまうと、まとまりのない文章になってしまいます。

また、記事の中でおおもとになる部分でもあり、伝えたいことを明確に執筆するためにも必要です。記事骨子がないと、物事の関係性がはっきりしない文章になりやすく、要点がまとめにくくなります。

読み手が欲している情報を正しく伝えることが大切です。そして、記事の中で重要なポイントを分かりやすく伝えることも、ライターにとって必要です。

このように、記事骨子は文章執筆で欠かせない、記事作成の基礎です。まとまりのある文章を書くためにも、まずは記事骨子を上手に作れるようになりましょう。

記事骨子の作り方

記事骨子は、記事執筆や作成において欠かすことができません。そこで、正しい記事骨子の作り方を覚え、実践しましょう。冒頭で、記事骨子は記事の骨組みとご紹介しましたが、どのように骨組みを作るべきか理解することが大切です。

記事の骨組みがアンバランスだと、記事全体がまとまりのないものになってしまいます。逆に、記事の骨組みが整っていれば、記事全体がまとまります。そのため、文章を先に書くことよりも、記事骨子を作ることは大切です。

記事を作る際に必要な、骨組みとなる部分は主に3つです。これから紹介する3つのポイントを理解し、読みやすい記事作りを目指しましょう。以下で、記事骨子の作り方をご紹介するので、記事作成に役立ててください。

テーマを決める

記事を執筆する前に、記事で伝えたい事柄をテーマとして設定しましょう。テーマのない記事は、情報が羅列してまとまりのない文章になってしまいます。

テーマを決めたら、記事の見出しを作ります。見出しの一文で、読者に重要ポイントを伝えることができるかを考えながら作りましょう。また、一つの見出しに一つの答えが出るように作りましょう。一つの見出しに複数の答えが出てしまうと、読み手は読みづらさを感じてしまいます。

そのため、どのような内容の文章が書かれているか、見出しだけで分かるようにしましょう。テーマ作りは、記事作成において重要な役割を果たすだけでなく、流し読みをしても目に止まりやすく、記事全体のイメージを掴みやすくなります。

順番を決める

テーマを決めたら、見出しの順番を決めていきましょう。記事作成で重要なポイントは、起承転結で文章がまとまっていることです。そのため、見出し作成においても、起承転結で順を追えるかが重要となります。

また、文章の構成においても、書き始めの内容と書き終える内容を具体的に考えましょう。何を始めに書くべきか、明確にします。伝えたい事柄をピックアップすると、まとまりやすくなります。

読者が読んでいてストレスを感じないよう、起承転結を意識しながら書き進めましょう。

どの程度述べるかを定める

記事作成は、読者のレベルに合わせた文章を書くことが基本です。読者は、記事を読み進めていくうえで、調べたい事柄の答えを探しています。

そのため、専門用語で文章をまとめたり、自身の知識をもとに文章を書いては伝わりません。読者の目線に合わせて、その事柄を初めて目にする人でも分かるように書きましょう。

具体的な答えを要する記事であれば、起承転結をまとめた記事が望ましいです。しかし、読者のニーズに合わせて、どのような表現でどこまで述べるかを設定することも大切です。読者のニーズを意識しながら、詳細を具体的に執筆しましょう。

上手な記事骨子を作るためのコツ

インターネットに掲載する記事と、パンフレットなどの紙面の記事では、ライティングに違いがあります。

インターネットに掲載する記事は、読者が検索するであろうワードを使用したSEO対策と、スマートフォンやタブレット、あるいはパソコンで読むことを想定した文章作りを意識しなくてはなりません。

このように、SEO対策や文章の構成作りは記事作成で重要です。そこで、読者が目を引くような文章を作るために、記事骨子の上手な使い方をマスターしましょう。

思いついたことをとにかく書く

上手な記事骨子を作るためには、思いついたことを書きだすことが大切です。箇条書きでも構いません。伝えたいことや思いついたことを、とにかく書きだしましょう。

書きだした内容は、あとで修正することができます。また、記事に記載する情報の正確性に気を付けながら書きましょう。ウェブライターは雑誌メディアと比較して、情報発信の手軽さが魅力の1つです。だからこそ、情報の正確性には十分配慮しながら執筆をしてください。

他のメディアの情報を調べながら書くことも大切ですが、その情報の正確さを嗅ぎ分ける力を付けましょう。自身が発信している情報に、責任を持ちながら執筆をすることも大切です。

また、具体的な情報を伝えるために、たとえ話を入れても良いでしょう。専門的な知識を要する情報は、たとえ話を入れることで読者にも伝わりやすいです。たとえ話を入れるポイントは、誰もが想像しやすい身近な事柄を使いましょう。

さらに、インターネットで情報を探しているユーザーは、メリットやデメリットを知りたい傾向にあります。そのため、思いついたメリットとデメリットを分かりやすくまとめると良いです。

記事を読み終えた読者がどのような行動を起こすかを考えながら、思いつく重要なポイントをまとめていきましょう。

読み手がわかりやすいと感じるものを作る

分かりやすい文章を書くためには、いくつかのコツがあります。文章を書く際に「文才がないと上手に書けない」と考える人も多くいますが、専門的な知識を除く日常的な文章ではコツを掴めば上達します。

読者が読みやすいと感じる文章は、要点を明確に伝えることと、読み手にストレスを感じさせない2点です。

要点を明確に伝えるポイントは、文章の一文を長くしないことが大切です。一文が長くなってしまうと、読み手に思考の切れ間がなくなってしまうため、何を言いたいのか伝わりにくくなってしまいます。

読み手に分かりやすく伝えるためには、句点を多く使いましょう。一文が短く簡潔にまとめることで、文章に説得力が出ます。また、結論を最初に書くことで、無駄のない文章にまとまります。

さらに、誰が何をしたという、主語と述語を離さないように書きましょう。主語と述語が離れてしまうと、術後を読み終えた時に主語を忘れてしまうことも考えられます。この場合、読み手は主語を遡って読み返さなくてはならず、ストレスを感じてしまうでしょう。

分かりやすい文章は、あいまいな表現をせず具体性があります。あいまいな表現を多用してしまうと、歯切れが悪いばかりでなく、文章を追うリズムも悪くなります。「可能性」「など」「思います」という表現を使わないように注意しましょう。

ストレスを感じさせない文章のポイントは、一文の短さが決め手になります。先ほど説明したように、一文が長くなってしまうと読み手に思考の切れ間がなくなり、知りたい情報が頭に入りません。

短い文章を書くポイントは、主語と述語の間を狭めることも大切ですが、「および」「しかし」「あるいは」「さらに」といった接続詞を少なくすることも重要です。接続詞が多いと、ただの長い文章という印象を持たれてしまいます。

また、漢字の多い文章は堅苦しい印象を持たれてしまうため、ひらがなやカタカナを上手に使うことで柔らかい文章になります。

 

  • 氏名

  • 会社名

  • メールアドレス

  • 電話番号