<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2020.08.05 / 最終更新日 :

コンテンツマーケティング

【初心者向け】SEOとは?SEOをあなたも今日から始められる

SEO対策という言葉を近年よく聞くようになりましたが、具体的にはどのようなことをするのでしょうか。Web PRの点から見ると、SEO対策はとても重要です。この記事ではSEO対策の概要から、今すぐできる内部対策、外部対策をご紹介しています。参考になさってください。

この記事は約6分で読み終わります。

SEOとは

「SEO対策」という言葉を最近よく耳にしますが、どういう意味なのでしょうか。「SEO」は「Search Engine Optimization」の頭文字をとったものです。「Search」は検索、「Optimization」は最適化という意味なので、「検索エンジン最適化」とも呼ばれています。

「SEO対策」とは、Googleなどのポータルサイトでキーワードを検索したときに、自社のサイトが上位に表示されるように工夫をすることです。つまり、自サイトをより多くの人に見てもらうための施策です。

検索で上位に表示されたサイトの方が、下位のサイトより閲覧回数が増えると考えられています。この記事では、初心者でもできるSEO対策についてご紹介します。

SEOの概要

「SEO対策」を簡単に説明すると、Googleでの検索上位を目指す施策を行うということです。Googleは、良質なサイトを上位に表示するための調査をインターネット上で行っています。

ユーザーが検索したキーワードについての情報をわかりやすく提供しているサイトは、Googleによる高評価を得られます。検索結果の上位にランクするということは、サイトが優良であるということをGoogleに認められたということです。

SEOに力をいれるべき理由と目的

検索結果の上位に表示されると、キーワードを検索して訪れた人に情報を提供する機会が増えるでしょう。SEOに力を入れるべき理由は、検索上位を獲得することがWeb上でのマーケティング戦略において欠かせないからです。

検索したい特定のキーワードを持っているユーザーは、商品やサービスを探しています。自サイトが検索上位に表示されることで、余計な広告費用をかけずに、顧客候補を取り込む宣伝効果が期待されるため、SEO対策が重要視されています。

また、Web PRは拡散されやすいという特徴をもっています。企業の公式Twitterや、キャンペーンが拡散されて話題になるという例も多くありますが、こういった「バズ」は、自社や自組織の認知度を上げるチャンスだといえます。

 

SEOには内部対策と外部対策がある

SEO対策を大きくわけると、外部対策と内部対策の2つになります。内部対策というのは、サイトの内部、つまりコンテンツの内容や見やすさ、ユーザーの求める情報を提供しているかどうかといったことについての対策です。

コンテンツが魅力的で有用でなければ、Googleの検索上位にあがることはできません。では、具体的にどのような対策が、内部対策として有効なのでしょうか。

外部対策は、外部から自サイトがどのように評価されているかを知り、改善していくということです。検索順位はユーザーの満足度が高いかどうかで上下するため、ユーザーの目を意識したサイト作りが必要です。

以下では具体的な内部対策と外部対策についてご紹介します。

内部対策

どのサイトを検索上位に表示するかは、Googleの検索アルゴリズムが管理しています。この検索アルゴリズムの詳細は公表されていませんが、200以上の項目に関して調査していると言われています。

この調査を行っているのがGoogleボットといわれるロボットです。Googleボットはインターネット上をパトロールし、膨大な数のサイトのそれぞれの内容について情報を集めています。

内部対策というのは、Googleボットに自サイトを高く評価してもらうための施策を指します。具体的な方法については、「今日から出来るSEOの内部対策5つ」でご紹介していますので、参考にしてください。

外部対策

外部SEO対策とは、検索結果の上位を目指すために自サイトの評価を知り、改善すべき点を探ることですが、その評価の指針となるのが被リンク数です。

被リンクとは、他のサイトに表示された自サイトへのリンクのことです。他のサイトは自サイトがユーザーにとって有用であると判断した場合に、リンクを張ります。リンク数が多ければ、それだけ他サイトからの評価が高いということになります。

Googleボットは被リンクの多いサイトを優良とみなすため、いかに多くのリンクを張ってもらえるかが、Web PRの成功を左右するといえるでしょう。

以前は、単純にリンク数を増やせばSEO対策になると考えられましたが、最近では意味のないリンクをGoogleボットがスパムであると見破るようになってきました。自作自演を行うと、Googleのポリシーに反するとみなされ、ペナルティを受けることになりかねません。

 

今日から出来るSEOの内部対策5つ

SEO対策として有効な5つの内部対策についてご紹介しましょう。

まず1つ目は、XMLサイトマップをGoogleボットに送信することです。XMLサイトマップとは、Googleボットに認識してもらうためのマップです。

Googleボットはネット上をパトロールしてサイトの情報を収集していますが、立ち上げたばかりのサイトの場合、ボットに見逃されてしまう可能性があります。自サイトを知ってもらうために、XMLサイトマップをGoogleボットに送信しましょう。

2つ目は、URLの正規化です。URLをドメインといいますが、ドメインの「www」や「index.html」があるか、ないか、などを統一する必要があります。ばらばらになっている場合、ひとつのサイトであるとみなされず、違うサイトだと思われてしまうことがあります。

ひとつのサイトであると検索エンジンに認識してもらうために、ドメインを統一しましょう。

3つ目は、ページタイトルを改善することです。ページタイトルとは、ウェブページのHTMLの中のタイトルタグのことです。ページタイトルは、検索エンジンやユーザーに対してサイトの内容を表すという重要な役割を担っています。

ページタイトルを最適化することで検索エンジンに認識してもらいやすくなるでしょう。

4つ目は、内部リンクの見直しです。外部サイトのリンクを「被リンク」と呼びますが、「内部リンク」は、サイト内のページをつなぐリンクを指します。内部リンクを最適化することでGoogleボットから「わかりやすいサイトである」という評価をうけることができます。

5つ目は、グローバルメニューやパンくずリストを見直すことです。グローバルメニューとは、サイト内の案内板のようなもののことで、多くの場合トップページの頭に表示されます。

パンくずリストとは、サイトの内容を大きい内容から小さい内容へ、不等号で示したリストのことです。これらを改善するとユーザーにも便利ですが、Googleボットにとっても自分がどこにいるかという指標になり、評価が高まるといわれています。

 

SEOはコンテンツがなによりも重要

SEO対策でなによりも重要なのはコンテンツの内容です。コンテンツの作成は誰を対象とするのかというペルソナ像の調査やキーワードの選定、内容の骨子の作成など、考慮しなければならない点がたくさんあります。

外部対策や内部対策も重要ですが、そのようなテクニックよりも、優良なサイトであるかどうかがWeb PRの鍵になるといえます。行き詰ってしまったときにはプロに相談してみてはどうでしょうか。

未知株式会社は最適なコンテンツの制作をお手伝いします。お困りの方は一度ご相談ください。

コンテンツマーケティングにお困りなら

未知株式会社では、100社以上のコンテンツマーケティングをお手伝いさせていただいております。
コンテンツマーケティング始めたいけど始め方がわからない
コンテンツマーケティング自社で初めてみたけど効果が出ない
上記に当てはまる方は是非ご相談くださいね。