<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2020.08.05 / 最終更新日 :

コンテンツマーケティング

コンテンツ制作のイロハをすべて紹介

Webサイトを創設する場合、まずコンテンツを考え、多方面から集客できる方法を考える事が大事になります。オウンドメディア、ブログやSNS等の公共で使えるサイトの場合もコンテンツを先に敷いて目的・理想に近付けます。ぜひコンテンツ制作のご参考にしてみて下さい。

この記事は約9分で読み終わります。

コンテンツの種類8個

Webサイト構成の際に用いられるコンテンツ制作においては、単発型、連載型、永続型、辞書型、追記型、インタビュー型、季節(歳時)型、データ型という8つの種類があり、それぞれを用途によって分けて使います。

単発型は1~3回程度の閲覧で役立つ情報を興味深く読める内容で、連載型は同じテーマを比較的長い連載の形に分けて掲載していく情報です。永続型はその名の通りずっと掲載し続けるもので、その情報に込められた価値観や影響力が変らないものを指します。

追記型は1つの情報に追記の形で記載しつつ、臨機応変に内容を換える情報、季節(歳時)型は季節毎のイベントに沿ったタイムリーな内容です。辞書型は基本的に「意味の解釈・説明」に当てられる内容で、インタビュー型は人の発言や考え方・思想等が掲載されます。

記事コンテンツ

記事コンテンツ制作においては多彩な内容・構成方法がありますが、現代でも多く用いられやすいのがオウンドメディアでのコンテンツ制作、ブログやメルマガ等で利用されるコンテンツ制作が注目されています。

オウンドメディアではユーザーの目線を基本とし、伝えるべき情報をターゲティングによって絞り込んだ特定ユーザーに向けて発信される事が多く見られます。読みやすい文章、目次を使った見出し構成、デバイスに配慮した掲載法等が重要になるでしょう。

ブログの場合のコンテンツ制作ではブログ開設時にある程度その方針を決めておく事が大切です。この場合もターゲティング、サイトカテゴリの設定、記事テーマ等、キーワードのタグ付けと共に選定します。

メルマガでは企業情報の配信や関連サービスの紹介等を含め、主に集客・読者想定をしてコンテンツ制作がなされます。

動画コンテンツ

最近のコンテンツ制作では活字を意識しない動画による情報発信が主流になりつつあります。この場合のメリットには視聴者にとってわかりやすいコンテンツ紹介が可能で、活字による情報だけでは伝えきれない微妙なニュアンス等もスムーズに伝えられます。

YouTubeを使ったセミナー紹介の動画等もコンテンツ制作においては非常に多用されており、文字だけでは伝わり切らない情報を画面を通じて発信する事が出来ます。

SNS

コンテンツ制作においては企業側のコンセプトを漏れなくユーザーに伝える事が重要になるため、少しでもユーザーが多用するサイトを活用する事も重要です。

その場合、TwitterやFacebook、Instagram等の利用も有効とされていて、自社の関連サイトと併用することで柔軟な利用方法も進められます。

いわゆるSNSマーケティングではこの他にもLINEやTikTok等のフォームを利用する事もあり、ブランディング効果を獲得し発信する際にも、SNS投稿の継続はコンテンツ制作において安定感を与えてくれます。

ホワイトペーパー・EBook

「ホワイトペーパー・EBook」は、コンテンツマーケティングにおける手法の1つであり、会社概要、サービス資料をPDF化した情報など、主に企業が所有する公式サイト等で発信する為のツールになります。

名前に「EBook」とある事からその内容は書籍とほぼ似たようなものになりますが、メリットとしては「ユーザーの興味を更に引き易くした情報」を列挙する点にあり、表紙デザインや見出し、タイトル等をその情報が欲しいユーザー向けに一通で配信します。

 

どんなコンテンツを制作する場合でも気をつけておきたいこと

基本的にWeb上でのコンテンツ制作時には、そのサイトのテーマを決めるアイデア、そのテーマをどのように推し進めて行くかを決定するディレクション、そして継続的に運営する為の企画管理・メンテナンスといった3つの点に注意する事が大切です。

どんなテーマでサイト開設するかを決める場合には多彩なテーマを挙げてみて、その後のプランニングを充実させられるものを選びます。テーマの数打ち戦略もこの場合は重要です。

サイトのディレクション(方向性)を決めるには、ターゲティングを行ない、「ユーザーのペルソナ」を理解する事が重要です。今ユーザーが求めている情報ニーズをいち早くつかみ取り、良質なコンテンツ制作を心掛ける事が大事になるでしょう。

ペルソナを理解する

「ペルソナ」というのはコンテンツ制作をする場合、コンテンツマーケティングを実践する際の「対象となるユーザー像」の事を示しており、どんなユーザーに対してどのように情報発信を行なっていくかを決める時のイメージです。

ペルソナ(対象とするユーザー像)を明らかにしながらコンテンツ制作をする事で、そこで発信すべき内容や情報構成の方法がしっかり分かり、ユーザーにとって無益なコンテンツを発信する可能性が低くなります。

年齢層、趣味層、流行、特定サイトへの訪問者数などをペルソナ決定の際の基盤としておき、情報整理をした上で具体的なコンテンツ制作に取り組んでいきます。

カスタマージャーニーを作成する

「カスタマージャーニー」とは「顧客の旅」という意味になります。つまり企業が所有する公式サイトへ訪問した顧客ユーザーが、そのサイト内をどのようにコンテンツを閲覧して行くか・閲覧の果てに商品を購入するか等といった、訪問から成約までを指しています。

この場合も集客が大事になりますが、その上で顧客が感じる情報の魅力をなるべく引き出しながら、ユーザーに合ったコンテンツ制作が重要になります。

より詳しく情報を知りたいユーザーにはオウンドメディアやホワイトペーパー等が必要になり、その為の情報環境を設置する事が重要です。SNS等では短文しか記載できない場合もある為、情報ツールの使い分けを工夫しなければなりません。

届ける方法を設定する

コンテンツ制作を行なってそこで構成した情報をユーザーに伝える場合には、ターゲティングにより特定したユーザーの所有アドレスへ、直接情報を届ける工夫が必要です。

ニュース記事やブログ記事、SNSサイト情報等が多くありますが、ユーザーからそれらの情報過多気味のサイトの中から「魅力的な情報・コンテンツ」を見付け出してもらい、発信した情報に引き寄せる必要があります。

コンテンツを届ける方法にはSEO対策による検索効果、自社サイトへ併設したメディアからユーザーを流入させる方法、自社サイト訪問者の中から獲得したユーザーへの継続的なメールの送信等、様々な方法を柔軟に組み替える事が必要です。

また短期的に情報を届けたい場合は大々的な見出しテロップ等を含む広告宣伝が効果的で、その為の併設サイトを設けておいても良いでしょう。

自社のブランディングを意識する

企業の宣伝用のロゴを統一して情報発信し続ける事により、「このアイコンは何々企業のもの」「こういう金融関連の情報発信のあり方はこの企業のもの」等と、ある程度の企業ブランディングをそのままユーザーへ伝える事が可能となります。

 

コンテンツ制作の方法

Webマーケティング等で扱われるコンテンツには、サイトテーマの設定、テキスト構成、画像のレイアウト、音声の使用、動画配置、使うべきアプリケーションの選定等、他にもご紹介したホワイトペーパー等を含むいろいろな方法があります。

コンテンツ制作をしてその内容を効果的に発信する際には、先述のカスタマージャーニーを先に作成しておき、ターゲット層に見合った情報発信をする事が重要になるでしょう。

カスタマージャーニーを作成

カスタマージャーニーの作成は、ユーザーとの接点を図り、ユーザー一人ひとりの需要を埋め合わせるのに重要なポイントを設定する準備になります。

サイトテーマ(サイトの用途)を明確にしておき、ペルソナを設定し、ユーザーにとって必要な情報取得のフェーズ、各情報ごとに必要な詳細内容(タッチポイント行動の設定)、ユーザーの感情や思考の把握、これらの項目を設け、一覧表のように仕上げます。

各項目によってサイト内の情報をユーザーがわかりやすく取得(理解)できるように構成しておき、関連情報等も同サイトページに盛り込んで置くと良いでしょう。

作成すべきコンテンツを決める

企業が行なうコンテンツ制作においては、様々なターゲット層を設定しておき、まだ獲得できていない層を社内で話し合ってサイトページに掲載するテキスト、動画紹介、画像のレイアウト等を決めていきます。

「この情報はこのようなターゲット層に必要だろう」と考えた場合、特定したターゲット層内で更に詳細なターゲティングを行い、獲得しづらいターゲット層への情報提供に特化したコンテンツ制作が必要といえます。

ペルソナを作成

自社運営のサイトから情報発信を行う場合は、先述のように必ず「その情報を送るべきターゲット」を決める為にペルソナの設定が必要になります。

いわゆるペルソナ法ではそのサイトが扱うテーマ・情報の受け手として「架空のユーザー像」を設定しておき、情報効果を最大限に引き出す為の手法になります。

例えばコンテンツマーケティングで効果を挙げる場合、ペルソナは1つとは限りません。1つのコンテンツにつき1つずつペルソナを設定する必要があります。更にSEO対策による成果を求める場合には、キーワード毎にペルソナを作成する事も大切でしょう。

コンテンツを作成

コンテンツマーケティングの目玉ともなるコンテンツ(情報・内容)そのものの作成ですが、これには関連Webサイトの併設(ブログ・SNS等)やメルマガ送信の為の環境設定、ニュースレター通信、動画コンテンツの盛り込み等、様々な形式が設けられます。

どの場合でもユーザー視点から見て魅力的なコンテンツ制作に臨む必要があり、「その時ほしい情報をすぐに・確実に用意する」という姿勢を持つ良質なコンテンツ制作が十分な成果を挙げるでしょう。

また集客の為には内部SEO・外部SEOの構成も大切で、サイトに注目させる為の情報ツールの設計も重要になります。

 

コンテンツ制作にお困りなら

先述までにご紹介してきたコンテンツ制作ですが、それでもいきなりコンテンツ制作をする・集客力アップの為の秘策を講じる、等と言ってもなかなか難しいものです。

その場合はコンテンツマーケティングに特化した専門業者にサイト構築を依頼する事も大事です。

そんな専門業者の内に未知株式会社があり、ここではコンテンツ制作をする場合のハウツーを一から教えてくれ、その上で現在獲得できていないユーザーをコンテンツマーケティングによって獲得してくれるでしょう。ぜひ一度ご検討下さい。

コンテンツマーケティングにお困りなら

未知株式会社では、100社以上のコンテンツマーケティングをお手伝いさせていただいております。
コンテンツマーケティング始めたいけど始め方がわからない
コンテンツマーケティング自社で初めてみたけど効果が出ない
上記に当てはまる方は是非ご相談くださいね。