<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2020.08.05 / 最終更新日 :

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとオウンドメディアの違いを3分で解説

世界的にも成長しているコンテンツマーケティングは、少ないコストからでも始められるメリットがあります。またGoogleの評価はコンテンツの質が重要になってきています。コンテンツマーケティングとオウンドメディアの違いを理解して、自社サイトを充実させていきましょう。

この記事は約6分で読み終わります。

コンテンツマーケティングとオウンドメディアの違い

「コンテンツマーケティング」の導入を検討しているとき、「オウンドメディア」の存在が重要なポジションを占めていることが分かってきます。基本的に、会社自らが運営や管理を行い、サービスや商品などの情報を発信しているところがオウンドメディアです。コンテンツマーケティングという施策を長期的に考えて取り組む場合、オウンドメディアのコンテンツは、とても魅力があって大きな資産になります。役に立つコンテンツは、共感を得られ、コミュニケーションを図ることができ、自社のサービスや商品の購入に繋がっていきます。オウンドメディアは、単純に企業が所有しているWebサイトではなく、コンテンツマーケティングの中の施策のひとつで、おもにCMSを使ったブログの形で発信されています。魅力を伝えていくコンテンツは、会社や商品をブランディングするために重要な役割を果たしています。オウンドメディアを短いスパンで売り上げアップに活かそうとしても上手くいかないケースがとても多いです。オウンドメディアでコンテンツを作成し、ユーザーとのコミュニケーションを図り、共感を呼んで信頼関係を築き、そして商品やサービスを購入してもらうようになるまでにはある程度の時間が必要だからです。コンテンツマーケティングの一部であるということを理解しつつ、オウンドメディアに取り組みましょう。

 

オウンドメディアとは

オウンドメディアというのは、簡単に言うと会社が所有しているメディアのことです。自社のサービスや製品のファンを作っていくための情報媒体のことです。自社のサイト以外にもメールマガジンやパンフレットなどもオウンドメディアに含まれます。オウンドメディアは、独自のコンテンツがメインとなっているのに、それほどコストがかからないのが特徴です。また、オウンドメディアは、マーケティングにおけるトリプルメディアのひとつで、オウンドメディアのほかには、ペイドメディアとアーンドメディアがあります。オウンドメディアは、それほど費用がかからないのがメリットです。だからこそオリジナルでファンの役に立つコンテンツを発信し続けることが必要です。質の良いオリジナルコンテンツが多くなればなるほど、オウンドメディアだけではなく自社サイト全体の優位性も高められるのです。

 

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、プラットフォームを問わず、情報展開をして育成から販売までをおこなうマーケティング手法です。コンテンツを制作して、それをユーザーに提供することで、ファンになってもらい、そして、自社の製品を購入してもらうというのがコンテンツマーケティングです。コストが少なく始められるコンテンツマーケティングは、コンテンツごとに改善しながら進めていくこともでき、良質なコンテンツは会社の資産になるというメリットがあります。本当に良質なコンテンツは、継続してさまざまなユーザーを集客できる上、費用もかかりません。また、コンテンツマーケティングでは宣伝色を感じさせないようにすることが求められます。コンテンツマーケティングで成功するケースをみると、広告っぽさがないことが重要なポイントになっています。宣伝色がない良質なコンテンツを作ることができれば、継続的に、ほとんど費用をかけることなく集客することができます。コンテンツマーケティングは、まず、自社のことよりユーザーを第一に考える方が、いろいろなメリットを生み出してくれます。徐々に顧客へと育成していくというイメージがコンテンツマーケティングの基本です。

 

オウンドメディアを使ったコンテンツマーケティングの目的

オウンドメディアとコンテンツマーケティングは似ている点があります。オウンドメディアは、コンテンツマーケティングを実施するときの手段のひとつであって、オウンドメディアは、あくまでメディアであることに対して、コンテンツマーケティングはマーケティングの手法のことを指しています。さまざまなタイプの潜在層に接触するために、オウンドメディアを入り口にするのはおすすめです。また、現在、オウンドメディアに失敗している状態の会社であったとしても、コンテンツマーケティングは低コストで実施できるので何度もチャレンジしてみる価値はあります。

広告費を削減できる企業が広告を出せば当然、莫大な費用がかかります。

莫大な費用がかかる割には自社のメッセージは伝えられないでしょう。オウンドメディアを使ったコンテンツマーケティングの場合は、良いコンテンツは、ストックされるのでいつまでも潜在顧客などと接点を持てます。逆に、広告は止めたらそこで終わりなので売り上げ的には落ちてしまいます。長い目で見るとオウンドメディアを使ったコンテンツマーケティングは、広告費を削減できる可能性があります。オウンドメディアの良い記事はそのままで、修正や更新が必要なモノは実行するだけなのでそれほど費用はかかりません。

ブランディング効果があるコンテンツマーケティング

ブランディング効果があるコンテンツマーケティングは、自社の存在を分かってもらい自社のことや自社製品のファンになってもらうということが最終的な到達点です。その価値を理解してもらうために「ブランディング」を意識する必要があります。コンテンツマーケティングを始めるとき、ブランディング設定をしていなければ特徴がないメディアとなってしまいます。特徴がなければ、自社のファンになってもらう人たちが集まりません。また、コンテンツとのギャップがあれば成約にはつながりません。ブランディングを意識したアクセスしやすいコンテンツは、ずっと活用できるものがあります。コンテンツマーケティングを進めていくときには、やはりブランディングを意識することが大切です。ブランディングを意識した上で、専門性が高い情報を発信し続けることできれば「専門家」としてユーザーから信頼されるようになります。これが成功できるかどうかのキーポイントになります。コンテンツマーケティングで成功したと言えるのは、ブランディングを意識して作ったコンテンツがファンを惹きつけ、成約につながっていくときです。

顧客ロイヤリティが高まる

会社やその会社のサービスや商品などの信頼度や愛着度を表している言葉として「顧客ロイヤリティ」があります。この顧客ロイヤリティが高くなれば、自社サービスや商品を購入してもらえる機会が多くなります。オウンドメディアを使ったコンテンツマーケティングでは、定期的にサイトを訪れてもらえるようにして自社商品や企業のファンになってもらいます。顧客ロイヤリティが高まれば、他社とは比較されなくなっていきます。結局のところ、自社のサービスや商品を信頼してもらうことがとても重要です。

 

コンテンツマーケティングの中軸がオウンドメディア

オウンドメディアは、基本的に自由なスタイルで情報を発信できるようになっています。訪れた人に有益なコンテンツを届けられることができればファンになってもらえます。専門性の高いコンテンツや良質なコンテンツは蓄積することができます。さらにSEOを意識したり、トレンドを取り入れたりして継続的にコンテンツを提供すると良いでしょう。オウンドメディアの運用は大変な部分もありますが、良いコンテンツが増えれば増えるほど、企業価値は確実に上がっていきます。このようなコンテンツは自社の大切な資産です。オウンドメディアはコンテンツマーケティングの中軸を担っていると言えます。そして、コンテンツマーケティングで成功するためには、いくつものステップを踏んでいかなければなりません。目的や目標を定めて取り組んでいきましょう。

コンテンツマーケティングにお困りなら

未知株式会社では、100社以上のコンテンツマーケティングをお手伝いさせていただいております。
コンテンツマーケティング始めたいけど始め方がわからない
コンテンツマーケティング自社で初めてみたけど効果が出ない
上記に当てはまる方は是非ご相談くださいね。