<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2020.08.05 / 最終更新日 :

コンテンツマーケティング

Webライティングとは?良い文章を書くためのポイントも解説

新型コロナウイルスの影響で、広報・広告業界は変革を迫られています。外出自粛が続く中、Webライティングはますます重要なものとなってきました。今回は、良い文章のポイントも交えながらWebライティングとはどういうものなのかご紹介していきます。

この記事は約7分で読み終わります。

Webライティングとは

Webライティングは、Webを通して様々なデバイスで読まれることが目的の文章執筆のことです。

Webライティングには、検索エンジンが読みやすいように整える工夫や長文を読みなれないユーザーが読みやすいようにする工夫、様々なデバイスの表示画面を考慮した、読みやすい文章にする工夫が必要です。

 

” =”{"2":513,"3":{"1":0},"12":0}”>

Webライティングの手順

Webライティングの手順は大きく3つの工程に分けられます。「構成を考える」「執筆する」「推敲する」です。それぞれの工程について大まかにご紹介します。

Webライティングでは準備が大切です。「構成を考える」段階を疎かにすると、伝えたい内容が伝わりづらい文章になります。

「執筆する」では、ユーザー第一のWebライティングならではの工夫が必要です。最後に「推敲」では、この文章には間違いや読みづらさがないか、最終確認をします。それでは、各工程を詳しく見ていきましょう。

構成を考える

記事を書く前の準備で大切なことは大きく2つあります。「ペルソナ設定」と「情報収集」です。

ペルソナ設定では、執筆する文章を読んでほしいユーザー像を具体的に設定します。例えばこの記事は「企業のメディアで執筆を行うことになったが、どのようにライティングすべきかわからない人」をターゲットと置いています。

Webライティングにおいてはターゲットとニーズを設定し、有用な記事を執筆しましょう。また、記事を書く前の「情報収集」も大切です。これなしでは深堀した記事は書けません。自分の知識のみに頼らず、情報収集とその整理はライティングに前に行いましょう。

執筆する

Webライティングの記事執筆時に意識してほしい点が2つあります。「SDS法やPREP法」と「表や画像の読み込み」です。

SDS法は、Summary(記事の概)Details(詳細な説明)Summary(記事のまとめ)の3段階で執筆する方法です。コンパクトにまとめられることから、結論を素早く伝えたい記事にオススメです。

それに対してPREP法は、Point(結論)Reason(理由)Example(具体例)Point(結論)の3段階で執筆する方法です。理由や具体例を間に挟むことで、深掘りした記事が書けるのが特徴です。

また記事の執筆の際には、表や画像を活用してわかりやすい記事を執筆することを心がけましょう。

推敲する

Webライティングに限りませんが、記事を書き終えても安心するのはまだ早いです。しっかりと推敲を行い、ユーザーが意図した情報を得られる記事になっているか確認しましょう。推敲時に意識してほしいポイントは3つあります。

1つ目は「タイトルと各見出しの内容が一致しているか」という点です。記事全体を通して一貫した主張をしているのか確認しましょう。

2つ目は「読み手にとってわかりやすいか」という点です。1文が長すぎたり、画像などがなかったりして理解しづらくないか確認しましょう。

 

” =”{"2":513,"3":{"1":0},"12":0}”>

Webライティングで良い文章を書くためのポイント

Webライティングにおいて良い文章とはどのような文章だと思われるでしょう。ユーザー第一のWebライティングでは、「読みやすさ」と「理解のしやすさ」が大切です。

ここからは、ユーザーに優しい文章を書いていくためのポイントを2つご紹介します。

シンプルに伝える

1つ目のポイントは「シンプルに伝える」ということです。Webライティングによって書かれた多くの記事はスマートフォン上で読まれます。ターゲットにもよりますが、多くのユーザーは素早く情報が得られる記事を求めています。

そこで、1つの見出しのなかで最もユーザーの頭に残ってほしい言葉を決めましょう。そして、その印象に残したい言葉をいかに際立たせるかが重要です。くどい文章や表現は避け、1文の長さを40字ほどにして、簡潔で読み進めやすい文章を並べましょう。

また難しい専門用語や独自の言い回しは、ユーザーの記事を読むテンポ感を悪くします。わかりやすい言葉に置き換えたり説明を加えたりして、読みやすい文章にしましょう。

見出しを構造化する

見出しを構造化することは、記事を読むユーザーにとって2つの利点があります。「情報を理解しやすくする点」と「必要な情報を見つけやすい点」です。

見出しの構造化により、大まかな内容を大見出しで、詳細な内容を中・小見出しで示します。このように徐々に細分化されていく構造は、ユーザーの理解度を上げてくれます。

 

” =”{"2":513,"3":{"1":0},"12":0}”>

Webライティングをするときの注意点

上記ではWebライティングにおいて良い文章を書くためのポイントを2つご紹介しました。しかしここでは、反対に注意すべき点をご紹介します。

Webライティングで書かれる記事は、ユーザーにテンポ感良く読まれることが大切です。読みづらかったり違和感があったりする文章だと、読むテンポ感が悪くなってしまいます。

それではユーザーに気持ちよく読んでもらうための、Webライティングの注意点を見ていきましょう。

一文を長くしない

テンポ感よく読んでもらうためには、短い文章にする必要があります。文章が長ければ長いほど、主語・述語を見つけ出すことは難しくなります。また、そこにかかる修飾語の関係も追っていくとなると大変です。したがって長い文章というのは、内容が理解しにくくなります。

それではどれほどの長さが適切なのでしょうか。答えとしては、1文に対して40字以内が理想です。1文が長くなりそうなときは、キリの良いところで句点を打ち、2文に分けましょう。

主語と述語の関係に気をつける

記事を読むとき、1番読み進めづらくなるのが主語・述語の関係が誤っているときです。これは初心者の方が、主語と述語の間に距離があるときにやりがちなミスです。例えば以下の文章を見てみましょう。

「この本は私にメディアでは報道されない様々な事実を教えてくれたし、無知さにも気づいた。」

この文での主語は「本」です。前半の「教えてくれた」という述語は問題ありません。しかし、後半の「気づいた」の主語は「私」であるべきで、主語の不一致が起きています。この文章を直すのなら以下のようになるでしょう。

「この本は私にメディアでは報道されない様々な事実を教えてくれたし、無知さにも気づかせてくれた。」

読み直してその文章が不自然だと感じたら、主語・述語の関係を見直してみましょう。

トンマナやレギュレーションを守る

みなさん「トンマナ」という言葉はご存知でしょうか。トンマナはトーン&マナーの略で、広告や文章表現等でデザインの一貫性を維持するための“ルール”として使用されます。

Webライティングにおいてもこのルールは重要です。「です・ます」か「だ・である」といった語尾で文章全体の世界観を統一することで、ユーザーは記事の内容を理解しやすくなります。

レギュレーションもあわせて“ルール”には次のようなものがあります。「敬体や常体の統一」「表現の統一(フェイスブック⇒Facebook)」「装飾や画像の入れ込み」です。

メディアによってこれらのルールは異なるので、記事執筆のたびに確認しましょう。

他のサイトのコピーをしない

最後にご紹介するのは最も破られてはいけないルール「他サイトのコピーをしない」です。他サイトを「参考」にするのは問題ありません。しかし、「コピー」となると著作権の侵害に当たる場合があります。

自分が他サイトを「参考」にしているつもりでも「コピー」率が高い場合があります。コピペをチェックできるツールを活用して、コピペを防止しましょう。

記事執筆の上で自社のブランディングにお困りの方は、未知ブランディングメディアにご相談ください。

コンテンツマーケティングにお困りなら

未知株式会社では、100社以上のコンテンツマーケティングをお手伝いさせていただいております。
コンテンツマーケティング始めたいけど始め方がわからない
コンテンツマーケティング自社で初めてみたけど効果が出ない
上記に当てはまる方は是非ご相談くださいね。