<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2022.07.04 / 最終更新日 :

コンテンツマーケティング

【コンテンツ制作の基礎】必要なスキル・流れ・外注業者の選び方をぜんぶ紹介!

ブログやウェブマガジン、SNSなど、自社で運営するメディアの総称をオウンドメディアと言います。自社や商品・サービスの認知度を向上させるために、オウンドメディアのコンテンツ制作は重視すべきポイントです。 そこで本コラムでは、オウンドメディアのコンテンツ制作で必要なスキルや、完成までの主な流れを、業者の剪定方法とともに解説します。

この記事は約20分で読み終わります。

コンテンツ制作に必要な5つのスキルとは

コンテンツの質は、検索エンジンからオウンドメディア全体に対する評価を左右する要素のひとつです。

前提として、担当者はディレクターとライターの合計2名いる場合がほとんどです。リソースを割けない場合は、1名の担当者が2名分のスキルを補うこととなります。

上質なコンテンツ制作を行うために求められるスキルは、ディレクターに必要な3つとライターに必要な2つで合計5つです。

スキル1.企画能力
スキル2.ディレクション能力
スキル3.進行管理能力
スキル4.ライティング能力
スキル5.リサーチ能力

ディレクターに必要なスキル

ディレクターはイメージどおりのオウンドメディアにするため、コンテンツの品質や制作進行を管理するのが主な仕事です。コンテンツ全体のことを考え、ライター以外の人材(カメラマンなど)の指揮を担うこともあります。

円滑なコンテンツ制作を行うために、ディレクターに求められるスキルは次の3つです。

■スキル1.企画能力

質の良いコンテンツを制作するために欠かせないのが、ターゲット層の本質的な悩みを解決する企画です。

キーワード選定のみ行い、企画やライティングは社外のライターに任せることもできますが、想定したとおりの内容で制作されるとは限りません。ディレクターが中心となって、ターゲット層に適した企画を立てましょう。

コンテンツ制作会社の未知株式会社の企画作成では、見込み客のペルソナを作成するところから始めます。ペルソナを基準としたカスタマージャーニーを1記事ごとに作成し、検索ボリュームなども考慮してテーマを決定しています。実際にクライアントに提出している企画の枠を添付します。ぜひ参考にしてください。

【ペルソナを基準とした簡易的なカスタマージャーニー】

【コンテンツ制作会社の企画案】

クエリに応じて、評価されるページは異なるため、企画ではペルソナとの親和性だけではなく、どのようなテーマであれば上位を狙えるのか見極める力も不可欠です。

企画力といっても、必ずしもディレクターひとりでアイデア出しを行う必要はありません。周囲からアイデアを募り、最終的にディレクターがまとめる方法でも良いでしょう。

普段の何気ない雑談からヒントを得る場合もあるため、常にアンテナを張り、気になる言葉やアイデアのメモを取っておくと役立ちます。一度まとまったアイデアを再度ブラッシュアップすると、より良い企画に仕上がります。

■スキル2.ディレクション能力

ディレクターとして、チームをまとめる力も欠かせません。コンテンツ制作において求められるディレクション力は、クライアントや自社の企業イメージやブランドを守りつつ質の良いコンテンツ制作ができるスキルです。

ディレクション力を発揮させるためには、下記の点を意識して現場の陣頭指揮をとることが重要です。

・明確なビジョンをもつ
・曖昧なまま進行しない
・段取り・役割を把握しておく
・入念に準備しておく

コンテンツ制作を進める前に、どのような目的でどのような効果を狙うのか、ビジョンを明確にしましょう。仕上がりイメージも可能な限り明確に描いておくことで、スタッフやライターの手配時も、企画と人選のミスマッチが起こりにくくなります。

ビジョンが明確でない場合は「お任せします」と抽象的な指示をしてしまい、想定とは異なるコンテンツに仕上がるリスクもあります。

制作進行中も、曖昧なまま次のステップへ進まないことが重要です。たとえばキーワードやデザインなど選択を迫られる場面では、漠然としたイメージでどちらか一方を選ぶのではなく、最初に明確化したビジョンに沿って高い効果が期待できるほうを選びましょう。

複数名が案件に関わる場合、コンテンツ制作の段取りを把握することと、各スタッフやライターなど外注先の役割を分担することもディレクターの仕事です。撮影やインタビューを行うのであれば、事前準備も入念に行わなくてはなりません。

■スキル3.進行管理能力

ディレクション力の中にも含まれますが、進行管理能力も重要なスキルです。コンテンツ制作の現場では、下記のポイントを意識した進行管理が求められます。

進行管理のポイント

・余裕のあるスケジュール管理をする
・スケジュールはメンバー全員で共有する
・レスポンスは早めに済ませる
・スタッフの管理・サポートを行う
・お金の管理を徹底する

スケジュールは締め切りから逆算して考え、更にトラブルのリスクも考慮したうえで余裕のある日数を設定します。

スケジュール管理で重要なポイントは、一部の人間だけではなくチーム全体で共有することです。スケジュールが曖昧な状態で上司から「なる早でほしい」と作業を割り振られても、担当者はどの程度の優先度なのか判断できません。

また、各スタッフの作業スピードを阻害しないために、連絡や確認に対するレスポンスは早めに済ませることも重要です。意思決定スピードが早いほどその後の作業が早く進むうえ、関係者同士の信頼を築き上げていきます。

進行管理業務の中には、スタッフやお金の管理も含まれています。

スタッフがトラブルに巻き込まれることなくスケジュールどおりに作業できるようサポートしたり、外注ライターやデザイナーが安心して作業できるよう支払時期を明確にしたりと、関係者の管理やサポートもディレクターが行うべき仕事です。

単純にプロジェクトがスケジュールどおりに進んでいるか進捗を確認するだけではなく、スムーズに進められるよう、積極的にチームを支えましょう。

ライターに必要なスキル

ライターは、コンテンツのメインとなる記事を執筆することが主な仕事です。ライターの確保は、社内に専属で在籍させる他、専門会社やフリーランスの個人に外注する方法もあります。

ライターの質は、オウンドメディアの質を左右する要素のひとつです。検索エンジンからもユーザーからも評価されるコンテンツ作りをするために、ライターには2つのスキルが求められます。

■スキル4.ライティング能力

ライティング力は、ライターに最低限必要なスキルです。豊富な語彙や正しい日本語を使いこなせることはもちろん、依頼されたコンテンツがどのような目的で作成されるのか理解することも求められます。

たとえばスポーツジムの記事ひとつとっても、キッズクラスとシニアクラスではコンテンツに盛り込むべき情報や文章の書き方は異なります。キーワードだけではなく、コンテンツの目的を十分に理解したうえでライティングすることで、よりターゲットに刺さる記事が完成するでしょう。

また、見出しや表、箇条書きなどを適切に使用して、全体的に読みやすくまとめるスキルも欠かせません。

関連記事:SEOを考慮したライティングをする際に抑えるべきポイントや基礎知識

■スキル5.リサーチ能力

良いコンテンツを作成するためには、リサーチ力も必要です。

ライターは指定されたキーワードやテーマに沿って、ユーザーにとって価値のある記事を書くことが求められます。商品知識などクライアントや上司から必要な情報を提供される場合もある一方で、ときには自力で情報収集することもあります。

現在はインターネットの普及により、情報を得ること自体は容易です。しかし、必ずしも入手した情報が正確なものであったり、最新のデータであったりするとは限りません。

ユーザーに正確かつ最新のコンテンツを提供するために、集めた情報の中から、価値のあるものを取捨選択していくリサーチ力がライターには必要です。

目次へ

【7ステップ】コンテンツ制作の流れ

コンテンツ制作は、記事の執筆をはじめ複数の作業から成り立っています。コンテンツ制作の流れを7つのステップを紹介します。

ステップ1.見込み客のペルソナを明確にする
ステップ2.カスタマージャーニーを作成する
ステップ3.見込み顧客のアプローチ方法を思案する
ステップ4.コンテンツのテーマを決定する
ステップ5.コンテンツの構成を作成する
ステップ6.構成に沿って執筆する
ステップ7.執筆したコンテンツを編集する

1.自社の見込み客のペルソナを決める

まずオウンドメディアで集客したい対象を明確にします。どのような見込み客の流入を狙うのか決めておくと、コンテンツ内容にズレが生じにくくなります。

見込み客は性別や年齢など大まかな層で分けるのではなく、ペルソナの作成がおすすめです。年齢や性別はもちろん、どの程度の規模の企業でどのような立場にいるのか、売りたい商品・サービスをプロモートするうえで必要な要素を可能な限り詳しく設定します。

たとえば衣料品を取り扱う場合、プレミアムなラインとスタンダードなラインでは想定される見込み客の年収や社会的地位は大きく異なります。

ターゲットがコンテンツを読んで「自分向けに書かれている」と感じるように、必要に応じて生活習慣や抱えている悩みも設定することがポイントです。

もちろん、やみくもにペルソナを設定しても適切なものにはなりません。ユーザーアンケートの結果や購買状況、SNSの情報などを参考に、リアリティが出るよう肉付けしていきましょう。

2.商品購入までのカスタマージャーニーを作成する

ペルソナの設定は、カスタマージャーニーを作成するうえでも役立ちます。

先に作成したペルソナをもとに、ユーザーが実際にどのような段階を踏んで購入や資料請求、問い合わせなどにステップアップしていくのか、カスタマージャーニーを作成します。

カスタマージャーニーの流れは、下記のとおりです。

・認知
・情報収集
・比較検討
・申し込み(購入)

ユーザーは何らかのきっかけで悩みや課題を認知し、解決するための手段について情報収集します。複数の候補を比較検討したうえで自分に合っていると感じたものを選び、申し込みます。

各ステップにいる見込み客へ、どのようにアプローチしていくか考えましょう。

3.見込み顧客にアプローチできるポイントの割り出し

カスタマージャーニーでどのステップにいるかによって、見込み客に効果的なアプローチ方法は異なります。

ユーザーにとって有益な情報を提供しても、見込み客が適切なステップにいない状態では、コンテンツから購入や資料請求につなげることは困難です。

見込み客を具体的なアクションへ誘導するためには、カスタマージャーニーをもとに、最適なアプローチができるタッチポイントを割り出す必要があります。

例として、各ステップで想定できるタッチポイントは次のとおりです。

各ステップのタッチポイント

・認知:ニュースサイトや業界関連の記事
・情報収集:ウェブサイト、比較・まとめサイト
・比較検討:LP、口コミサイト、関係者のブログ
・申し込み(購入):LP、資料、資料請求後のステップメール

オウンドメディアがニュースや業界関連の記事を発信している場合、認知段階からのアプローチが可能です。

すでに情報収集の段階にいるユーザーへアプローチしたいのであれば、専門的な記事や比較・まとめサイトの作成も効果が期待できます。

たとえば「最近は幼児期からの英語教育が重要」というニュースを目にしたユーザーは、英語教育の必要性を認知します。

次に我が子にどのような英語教育が最適か、情報収集によってさまざまな英語教育の手法やサービスを知るでしょう。更にユーザーは各手法やサービスを比較検討して、最適だと思ったものに申し込みます。

ユーザーが各ステップにいたとき、どのような疑問を抱き、どのような行動をとるか、どのようなアプローチをすると興味関心を引くか、設定したペルソナをもとに想定して、コンテンツ制作に活かしましょう。

4.記事テーマの決定

カスタマージャーニーで整理したペルソナの行動や思考の変化をもとに、ユーザーニーズに合った記事テーマを決定します。

記事を読んだユーザーにどうしてほしいのか(目的)を設定したうえで考えることがテーマ作りのポイントです。商品認知度の向上を目的とするのか、購入や資料請求につなげたいのか考えることで、記事テーマは自然と定まります。

ここで注意したいのが、発信者目線でのコンテンツ制作にならないことです。「ユーザーはこう思うはずだ」「次の行動はこうなるはずだ」と決めつけず、実際のユーザー動向を参考に記事テーマを決めましょう。

ユーザー動向が既存のコンテンツ内容とマッチしていない場合は、方向性を変えてみるのもひとつの解決方法です。事例記事が多い場合は、ノウハウ記事を増やしてみたり比較コンテンツを新たに制作したりすると、マンネリ化防止にもなります。

関連記事:SEOに最適なキーワード選定とは?知っておきたい基礎と考え方

5.記事の構成案を作成する

記事を執筆するうえで必要不可欠なものが、構成案です。コンテンツ内容がブレないようにするために、記事ごとの構成案を作成する必要があります。

構成案を作成すると、下記のメリットも期待できます。

・記事を作っていく中で、内容がブレない
・ターゲットやコンセプトが明確になる
・既存記事と内容が被らない

構成案のない状態で記事を執筆すると、重要なキーワードを見出しや本文に入れ忘れる恐れがあります。
見出しごとにターゲットやコンセプトがブレてしまうこともあるため、構成案であらかじめ記事の方向性を明確にしておかなくてはなりません。

また、あらかじめ構成案で記事に含めるべき情報を整理しておくことで、既存記事と内容が被ってしまうトラブルも防げます。

基本的な構成は、「タイトル」「リード文」「見出し1」「見出し1-1」「見出し2」「まとめ」です。見出しの数は、記事内容や文字数に応じて増やせます。ひとつの見出しにひとつの内容を書くように意識して構成案を作成しましょう。

たとえば商品のメリット・デメリットを紹介する場合は、メリットとデメリットで見出しを分けると読みやすくなり、記事の質が向上します。

6.ライターもしくは社員で執筆

構成案をもとに、記事を執筆します。
自社にライターやライティング担当の社員が在籍している場合は社内で対応し、外注する場合はライターへ依頼しましょう。

記事執筆とペルソナや構成案の作成者が異なる場合は、入念に打ち合わせておくことが重要です。あらかじめターゲット層や記事の目的を理解したうえで執筆してもらわなくては、想定とは異なる内容で納品されるおそれがあります。

7.作成した記事の編集・校正

完成した記事は、編集・校正を行ってからコンテンツに反映させます。

インターネット上で誰もが手軽に情報を発信・入手できる現在は、コンテンツの信頼性が揺らぎやすい弱点ももっています。

検索エンジンから、ユーザーにとって利便性の高いウェブサイトであると評価されるためには、記事の編集・校正で少しでも信頼性を向上させることが重要です。記事の編集は見やすさと読みやすさを考慮して行います。話の流れに不自然さを感じる部分があれば、見出しの順番を入れかえることも珍しくありません。

校正では、主に次のポイントが確認されます。

・情報は正確で最新の内容になっているか
・漢字やひらがな、送り仮名など表記ゆれはないか
・不自然な内容・断定的な表現になっていないか

ウェブサイトでもっとも重視されるポイントは、情報の正確さです。構成案に従った内容であることはもちろん、提示されている情報やデータに誤りがないか確認したうえで公開します。

統計など数値を表記する場合は、古すぎるデータは現代の状況と異なる可能性があるため、可能な限り新しい情報を反映させる必要があります。

加えて、表記ゆれや、不自然な内容・決めつけにも十分注意しましょう。

目次へ

コンテンツ制作は社内・社外どっちが良いの?

コンテンツ制作は、内製化することも不可能ではありません。一方で、多少のコストをかけてでも社外に対応を任せたほうが良い場合もあります。

自社はコンテンツ制作を社内・社外どちらで対応するべきか悩んでいる方へ、ここではコンテンツ制作会社に依頼すべきパターンと内製化するべきパターンを紹介します。

コンテンツ制作会社に依頼・外注が良いパターン

コンテンツ制作を社外に依頼する場合、記事執筆のみ依頼する方法もあれば、コンテンツ制作から分析まで一貫して任せる方法もあります。

ここでは完全に外注することを想定して、コンテンツ制作会社に施策をまるごと依頼・外注するべきパターンとして、次の2つをあげます。

■社内でコンテンツ制作チームを編成できない

コンテンツ制作チームを社内に設けられない場合は、施策をまるごと専門会社へ依頼したほうが良いでしょう。中には一部のパソコンが得意な社員に施策を任せる企業もありますが、コンテンツの質を維持することを考えると適切とは言えません。

専門ではない社員に通常業務の片手間で作業を任せても、SEOを考慮したコンテンツ制作は困難です。コンテンツ制作に力を入れれば通常業務を圧迫することとなり、施策が中途半端になるおそれもあります。

本格的にコンテンツ制作へ取り組む場合は専門のチームを編成するべきですが、コストを考えると容易ではないでしょう。オウンドメディア運営は長期的な施策となるため、相応の人件費がかかります。

人件費の長期的な発生を前提とした場合、社内でコンテンツ制作チームを編成することは困難と感じるのであれば、コンテンツ制作会社への依頼を検討してはいかがでしょうか。

プランによっては、新たに人件費をかけるよりも安くプロに施策を任せられるため、高い費用対効果が期待できます。

■迅速に良質なコンテンツをウェブサイトに蓄積したい

短期間で質の良いコンテンツを増やしたい場合も、コンテンツ制作会社への外注がおすすめです。

オウンドメディアは、ある程度のストック記事がなければ検索エンジンによる評価が向上しにくい傾向があります。ウェブサイトの土台となる記事を早く増やしたいのであれば、自社でチーム編成から始めるよりも、コンテンツ制作会社に依頼したほうが効果的です。

実績の多いコンテンツ制作会社なら、質の良い記事や効果的なキーワード選定が期待できる点も大きなメリットです。

自社で経験や知識の少ない社員が試行錯誤しながらコンテンツ制作を行うと、慣れるまで時間を要するでしょう。質の低い記事を増やすと、ユーザーや検索エンジンからの評価も下がってしまいます。

効果的な施策やキーワード選定を知り尽くしているプロに最初から任せれば、質の低い記事を量産して検索エンジンからの評価を下げる心配もありません。

関連記事:【料金表】SEO対策の平均費用とは?費用対効果を高める方法も解説!

関連記事:失敗なくコンテンツSEOを“外注するコツ”をプロが伝授します

コンテンツ制作会社に依頼・外注しないパターン

ある程度のコストをかければ、コンテンツ制作会社に依頼したほうが効率的にオウンドメディアを運営でき、集客につなげられます。

一方で、完全に外注することで将来的にデメリットが生じるおそれもあるため、社外に施策を依頼するかどうかは慎重に検討しなくてはなりません。

前述のメリットがありつつも、コンテンツ制作会社への依頼・外注は避けたほうが良いパターンとして、次の2つがあげられます。

■メディアのブランディングが確立している場合

オウンドメディアを1から作るのではなく、すでにある程度の運営歴がある場合は、安易に他社へ運営を任せないほうが良いでしょう。
メディアとしてのブランディングが確立しているのであれば、これまでの運営方法を継続したほうがメリットにつながります。

下手に運営体制を変更すると、下記のデメリットが生じかねません。

・メディアの雰囲気が変わってしまう
・既存ユーザーに合わないコンテンツが増えてしまう

すでにブランドが確立されたメディアの運営を、新たにコンテンツ制作会社へ任せてしまうと、雰囲気が変化してしまうおそれがあります。

課題を抱えているメディアが改善のために他社の力を借りるのであれば、良い変化がもたらされることが期待できますが、すでにファンを獲得しているメディアの場合は必ずしも良い結果になるとは限りません。

既存ユーザーに合わないコンテンツが増えれば、「安っぽくなった」「運営がそっけなくなった」とマイナスイメージにつながるでしょう。

新たなファンを取り込むつもりが、既存ユーザーを減少させる結果となることもあります。

リスクを考慮したうえで外注に切り替える場合は、確立されたブランドやメディアの雰囲気を重視してくれるコンテンツ制作会社を選ぶことが重要です。企業理念や文化、ブランドイメージの共有も含めて入念なイメージのすり合わせが欠かせません。

■社内にノウハウを蓄積したい場合

社内にコンテンツ制作やSEOのノウハウを蓄積したい場合も、外注は慎重に検討したほうが良いです。

自社のリソースを割かずに済むことや、ノウハウのない企業でも効率的にコンテンツ制作ができるメリットがある外注は、一方で自社の社員がまったく専門知識や技術を学べないデメリットもあります。

ノウハウを蓄積したい場合は、時間を要することを前提に社内でコンテンツ制作チームを編成することも検討してはいかがでしょうか。あるいは、完全にコンテンツ制作を外注するのではなく、社員も施策を学べる機会を設ける外注の仕方もおすすめです。

未知株式会社では、コンテンツ制作を丸投げして終わるのではなく、契約満了後は自社でコンテンツ制作ができるよう、内製化のサポートも行っております。未知株式会社で提供するコンテンツ制作の内製化サポートは、主に2つのパターンがあげられます。

パターン1.コンテンツ制作時に自然と学ぶ

コンテンツ制作を進行していると、コンテンツ制作全体の流れを自然と学ぶことができます。

カスタマージャーニー作成やテーマ決定、企画作成、ライティングなどの制作方法や、ディレクションや業務について、関わりながら学ぶことで、理解度を高められる方法です。

パターン2.具体的な内製化コンサルを受ける

進行に関わることで漠然と学ぶのではなく、より具体的に内製化コンサルを受ける方法です。

企業様に作成いただいた企画案や記事を弊社がチェックして、SEOやコンテンツマーケティングの観点からアドバイスします。また、キーワード戦略のみ弊社が担うことも可能です。

このように「自社にノウハウを残したいが、最初から完全に内製化するのは不安がある」という場合は、内製化サポートのあるコンテンツ制作会社への外注をおすすめします。

目次へ

コンテンツ制作会社を選ぶ際のポイント

コンテンツ制作会社と一口に言っても、対応しているサービスや料金システムは異なります。

費用面のみを重視すると求めているサービスが含まれていなかったり、コンテンツの仕上がりに納得できなかったりとトラブルが発生するおそれがあるため、外注先は慎重に決めなくてはなりません。

ここからは、コンテンツ制作会社を選ぶうえで重視したい、3つのポイントを紹介します。

最新のSEOの情報に精通しているか

コンテンツ制作は、ウェブサイトの改善も同時に行ってはじめて効果を発揮するものです。

よってコンテンツ制作会社も、単純に記事執筆だけではなく、ウェブサイト全体の分析や改善を行ってくれるところを選ぶ必要があります。

ここで重視したいのが、依頼するコンテンツ制作会社はSEOの最新の情報に精通しているかどうかです。

SEOの効果的な手法は、日々変化しています。従来の方法で多くの実績をもっていても、最新のSEOの情報に精通しているコンテンツ制作会社でなければ、効果的な施策は期待できません。

市場ニーズやトレンド、検索エンジンのアルゴリズムの更新など、効果的なSEOを行っていくためにリアルタイムで把握しておくべき情報は複数あげられます。

近年人気のSNSを活用した施策も、ターゲットの年齢層や売りたい商品・サービスによって最適な配信先が異なるため、可能な限り新しい情報の入手が必要不可欠です。

現在の検索エンジンがどのようなウェブサイトを評価しているのか、どのような施策が効果を上げているのか日々調査し、把握しているコンテンツ制作会社に依頼しましょう。

関連記事:【コンテンツSEOとは】3つのメリットと品質の基準、作り方を紹介!

運営支援まで行ってくれる会社か

オウンドメディアはユーザーに有益な情報を提供するだけでは、想定したような効果を得られません。

最終的に自社の利益へつなげるためには、狙ったターゲットに流入してもらえるような施策や、ユーザー動向に合わせた導線の改善など、コンテンツ制作後の運営が重要です。

コンテンツ制作会社を選ぶときは、運営支援も含めて総合的に頼れるところを選びましょう。

トレンド調査やユーザーニーズにマッチした記事の提案から、コンテンツ公開度の分析、改善策の提案まで一貫して頼れる会社なら、企業イメージとオウンドメディアにズレが生じる心配もありません。

ただし、記事執筆のみやデザイン込みのコンテンツ制作のみを依頼する場合よりも、費用は高くなる点に注意してください。

どこまで対応してくれるのか、費用対効果を意識しつつ必要な運営支援が揃っているコンテンツ制作会社を選ぶことがポイントです。

自社が抱えている課題に近い成功事例を持っているか

オウンドメディアに関して各企業が抱えている課題は、それぞれ異なります。たとえばライティング面に課題を抱えている場合もあれば、デザインやウェブサイト構成で困っている企業もあります。

コンテンツ制作会社を選ぶときは、実績の多さだけではなく、自社が抱えている課題に近い成功事例が多いかどうかを重視しましょう。

記事の執筆ひとつとっても、狙うターゲットが異なれば求められるライターやコンテンツ制作会社も異なるものです。BtoBを主とする企業が、業界向けの記事を増やしたい場合は、専門的なライティングができるコンテンツ制作会社を探すなど、実績のこまかな内容も含めて選ぶことが大切です。

目次へ

まとめ

オウンドメディアのコンテンツ制作は、ディレクションとライティングそれぞれのスキルが求められます。

スキルの高いライターに依頼できても、ディレクション面に不備があればスケジュール進行がうまく行かなかったり、伝達ミスで想定とは異なるコンテンツに仕上がったりします。

自社のリソースを節約するためにコンテンツ制作を外注する場合も、ディレクションとライティングの両方に力を入れている会社を選びましょう。

未知株式会社では、単純にコンテンツ制作やSEO施策を行うだけではなく、オウンドメディアの内製化も視野に入れたサポートを行っております。

オウンドメディアの運営を将来的に自社で完結させたいとお考えの企業様も、まずは一度現状についてご相談ください。

>未知株式会社が提供する見込み客をファン化させるコンテンツSEO施策はこちら
>コンテンツ制作会社「未知株式会社」の実績はこちら

コンテンツマーケティングにお困りなら

未知株式会社では、100社以上のコンテンツマーケティングをお手伝いさせていただいております。
コンテンツマーケティング始めたいけど始め方がわからない
コンテンツマーケティング自社で初めてみたけど効果が出ない
上記に当てはまる方は是非ご相談くださいね。

  • 氏名

  • 会社名

  • メールアドレス

  • 電話番号