<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2020.08.05 / 最終更新日 :

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは?メリットや事例をもとに成功への秘訣を解説

コンテンツマーケティングをご存知でしょうか。マーケティングや経営戦略に携わっている人ならともかく、あまりピンとこない人のほうが多いのではないでしょうか。ここでは、コンテンツマーケティングとは何か、その手法や導入方法から成功した事例を具体的にご紹介しています。

この記事は約9分で読み終わります。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、顧客にとって価値のあるコンテンツを発信し「見込み客」を得るマーケティング手法です。見込み客とは、商品やサービスに興味を持ち、いずれ購入してくれそうな顧客のことを指します。

 

コンテンツマーケティングの手法

コンテンツマーケティングというと、Webサイトで情報を発信することと思われがちですが、それだけではありません。コンテンツマーケティングの手法には、さまざまなものがあります。

どんなコンテンツマーケティングの手法があるのか、主なものをいくつかご紹介します。

記事コンテンツ

ブログで記事を発信したり、メールマガジンで新製品発表やイベントの案内などを行うのが記事コンテンツです。ブログは記事が増えれば増えるほど魅力的なサイトになります。

記事コンテンツは、比較的簡単に立ち上げられるというメリットがあります。しかし一方で、発信が滞ると信頼性を失うことにもなりかねないというデメリットもあります。

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーとは、企業が顧客の悩みや問題に関する答えを伝える文章のことです。コンテンツマーケティングでは、サイトに来た顧客が無料でダウンロードできるようにしておくのが一般的です。

ホワイトペーパーは、顧客の疑問や不安に答えてくれるので、見込み客と信頼関係を結べるメリットがある一方で、作るのに時間と手間がかかってしまうのがデメリットです。

動画コンテンツ

スマホが普及し、スマホでも高画質な動画が見られたり、撮影できるようになってから、コンテンツマーケティングで動画コンテンツを使う手法が一気に広がりました。サイトに乗せるだけでなく、YouTubeにアップすれば人の目に付く機会も増えます。

 

コンテンツマーケティングのメリット・デメリット

一度発信したコンテンツは、削除しない限りインターネット上に残り続け、蓄積されれば資産になります。また、コンテンツのSNSでの拡散も見込めます。SNSでの拡散は、広告効果もありSEOの効果や製品のファンを作れるというメリットがあります。

 

コンテンツマーケティングを導入するには

コンテンツマーケティングを導入するには、どんな準備が必要なのでしょうか。何をしたらいいのか、どんな知識を身につけたらいいのか悩んでしまいます。

コンテンツマーケティングを導入するには、どんなことから始めればいいのか見ていきましょう。

誰がやるかを決める

コンテンツマーケティングを導入するには、誰がやるかを決めるところから始まります。まずは社内で行うのか、専門の業者に頼むのかを決めましょう。

コンテンツマーケティングは短期間で終わるものではなく、長期的に行うものです。社内で行うのであれば、複数人で役割分担をし、業務に支障が出ないようにしなければなりません。

専門の業者に頼むのであれば、どこに依頼するか業者の選定をする必要が発生するでしょう。

コンテンツマーケティングのすすめかた

コンテンツマーケティングのすすめかたは、まずどんな顧客をターゲットにするのか「ペルソナ作成」を作成します。「ペルソナ」は、その商品やサービスの顧客のイメージ像といわれています。次にターゲットに興味を持ってもらうための「キーワード選定」を行います。

 

コンテンツマーケティングとは

 

ブログを書くだけでコンテンツマーケティングになる?ブログの正しい活用法

コンテンツマーケティングの大きな目的は、今すぐに顧客を獲得することではありません。将来的に顧客になってくれる「見込み客」に対して、製品に興味を持ってもらい購入を後押しすることが目的です。

まだ顕在化していない顧客に対して、製品のファンになってもらい、「購入するならこの会社のこの製品だ」と信頼を深めてもらうための戦略がコンテンツマーケティングです。いってしまえば、「顧客を育てる」ことが目的です。

「見込み客」を増やし「顧客を育てる」ためには、魅力的で価値あるコンテンツを発信する必要があります。何度もサイトを訪れてもらうためには、訪れたくなるコンテンツ作りが必要不可欠です。

そのために企業は、ホワイトペーパーや動画コンテンツなどを駆使し、魅力あるサイト作りをしています。記事コンテンツもその中のひとつで、最新の情報や豆知識など読み応えのある記事を更新することで、「見込み客」の気持ちを掴むことができます。

 

コンテンツマーケティングの事例

実際にコンテンツマーケティングを行っている企業の事例を見れば、もう少しコンテンツマーケティングのイメージがつきやすいかと思います。

ここでは、株式会社未知が手掛けたコンテンツマーケティングの事例を5つご紹介します。実際の導入事例を見てみましょう。

株式会社ミナジン

株式会社ミナジンは、労務管理の総合サービスを提供する企業です。クライアントが求める情報を発信するためにコンテンツマーケティングを始めました。

株式会社ミナジンの顧客は、従業員数が100名から200名ほどの中小企業がほとんどです。中小企業は労務管理サービスの導入だけでなく、上手な使い方や運用の仕方といった情報を求めています。

また、そういった情報を求めている企業が顧客になる可能性も高くなります。中小企業を顧客として取り込むためにも、コンテンツマーケティングは有効です。実際にコンテンツを見て問い合わせが増えたので、コンテンツマーケティングの成功例といえます。

株式会社ミナジンでは、初めからコンテンツマーケティングの外注を考えていました。魅力あるコンテンツにするためには、コンスタントに記事を投稿しなければなりません。

社員が記事を書こうとすると、社員の負担が増えてしまいます。通常の業務がある社員が片手間で行うよりも、専門的な知識を持った専門業者に任せたことが成功の秘訣でした。

また、コンテンツマーケティングの目線からアドバイスをもらえることも専門業者に依頼するメリットです。

株式会社ラグザス・クリエイト

株式会社ラグザス・クリエイトは、インターネットでの廃車買取サービス「カーネクスト」を運営する企業です。廃車買取業者とユーザーを繋ぐプラットフォームを構築し、情報を発信しています。

サイトをオープンした当初は、廃車にしたい人から依頼を受け付けるサービスのみでした。しかし、これでは車を廃車にしたいと考えている顕在的な顧客にしかアピールできません。潜在層へアピールするために、コンテンツマーケティングを導入しました。

廃車の買取情報だけでなく、車の修理に関する情報や専門家の意見などの記事コンテンツを配信することで、「カーネクスト」の認知度を上げることに成功しました。車の修理に関する情報などを配信することで、サイトを訪れる人の層が広がりました。

結果として、そもそも廃車の買取サービスを知らなかった人からの認知度が上がりました。それに伴って、高く買い取ってくれるのならお願いしたいという人が増えるという結果に繋がりました。

株式会社ラグザス・クリエイトでは、記事の質と数を考えた場合、社内で行うのは難しいと判断し専門の業者に依頼したほうが良いと判断しました。

株式会社IBJ

株式会社IBJは、婚活サイト「ブライダルネット」を運営する企業です。結婚を真面目に考える婚活サイトであるという認知度を高めるために、婚活コラムの「マリトレ」を運営しています。

株式会社IBJでは、以前からメディア運営を行っていましたが、あくまでも会員向けにアドバイスを行うためのメディアでした。

そこで、集客を目的とした広告費をかけない方法として、コンテンツマーケティングの必要性を感じていました。社内にコンテンツマーケティングのノウハウがなかったことから、専門業者に依頼するという方法を取ります。

マッチングアプリなどが多く登場し、無料で利用できるものもあるなかで「ブライダルネット」を選んでもらわなければなりません。そのために、正しい情報を発信することを心掛けました。

婚活に真剣に取り組んでいる人が集まっていることなど、「ブライダルネット」の売りを伝える記事を投稿することで、安心安全であることを知ってもらうことにメディアはぴったりでした。専門業者に依頼し、一定の質を保ったコンテンツを発信できたのも成功の秘訣です。

株式会社ISAO

株式会社ISAOは、コミュニケーション型目標達成サービス「Goalous(ゴーラス)」を提供する企業です。月に一度行う組織改革セミナーへの集客を目的として、「Goalous Blog」の運営を行っていました。

ですが、「Goalous Blog」は月平均500PVほどで、思うような集客には繋がっていませんでした。そこで専門の業者にコンテンツマーケティングを依頼したところ月平均6,000PVまで伸び、組織改革セミナーへの集客も倍以上になりました。

本来であれば、サービスに関わる社内のメンバーがブログ記事を書くのがベストです。ですが、実際には本来の業務もありコンテンツ制作にかける時間を割けず、後回しになってしまっていました。

これでは、ユーザーにとって魅力的なブログとはいえないでしょう。それが専門の業者に依頼するきっかけになりました。後回しになって魅力ある記事コンテンツを作れないのならば、外部に依頼したほうが良いと判断しました。

コンテンツマーケティングを専門業者に依頼してから、本来目的としていた組織改革セミナーの集客が倍以上になったのですから、結果としては大成功といえるでしょう。

サッポロビール

大手のビール製造メーカーであるサッポロビールは、ワインにも力を入れています。ワインの楽しみを伝えるための情報サイト「WINE OPENER」を運営しています。

「WINE OPENER」は、ワインに興味はあるけれど、どんなワインを選んだらいいのか分からないといった20代から30代をターゲットにしたサイトです。ワイン情報を気軽に楽しく伝えるメディアを目指しています。

サッポロビールのワイン事業はBtoBの活動が主で、BtoCの活動はあまりしていませんでした。サッポロビールがワインを取り扱っていることすら知られていないという状況でした。

そこで、消費者向けの情報発信の方法として「WINE OPENER」を立ち上げ、コンテンツマーケティングを導入しました。企業から一方的に発信するのではなく、さまざまな記事を通してワインの楽しさを伝えることにしました。

結果として「WINE OPENER」を開設してから6ヶ月時点で、セッション数が目標の8倍に達しました。検索結果でも多くの記事が上位にランクインし、サッポロビールのワインの知名度は上がりました。コンテンツマーケティングは大成功だといえるでしょう。

コンテンツマーケティングにお困りなら

未知株式会社では、100社以上のコンテンツマーケティングをお手伝いさせていただいております。
コンテンツマーケティング始めたいけど始め方がわからない
コンテンツマーケティング自社で初めてみたけど効果が出ない
上記に当てはまる方は是非ご相談くださいね。