今さら聞けないSEMとは!SEO・リスティング広告の違いを紹介!

デジタルマーケティングコラム

こんばんは、未知株式会社のboyです!

SEMというWEBマーケティング用語を聞いたことはありませんか?聞いたことはあるが、実際に理解が出来ていない人やそれってSEOじゃないの?と思う人も多いのではないでしょうか。今回はそんなSEMとはについて、SEMの手法、SEMとSEOの違いを解説していきます。

【SEM】検索エンジンマーケティング

では実際にSEMについて解説していきます。企業の人は、自社の商品やサービスをWeb上でターゲットのみに宣伝をしたいと思いますよね。それを実現させるのが「SEM」というWebマーケティングの手法なのです。

【SEM】とは検索エンジン上の広告のこと

SEMとはSearch Engine Marketingの略称です。GoogleやYahoo!などで用いられる検索エンジンを利用して、自社サイトなどのメディアを意図的に検索順位を上げるマーケティング手法のことです。

 

検索順位を意図的に上げることで、検索をしたユーザーに対して自社のコンテンツを通してブランディングや自社サイトへのアクセス数を増やすなどの効果が期待されます。また、検索エンジンを利用したコンテンツ施策をSEO(検索エンジン最適化)・キーワード連動型広告(リスティング広告)といったWebマーケティング手法があるのです。

 

これらを用いて、サイトへと訪問したユーザーにどのようにCVさせるのかが重要になってきます。CVについてはこちらの記事を参考にしてください。

コンテンツマーケティングで重要なCV!獲得するポイントとは

SEMの種類とSEOとの違い

SEMの種類とは先述した通り、大きく分けて「リスティング広告」と「SEO対策」があります。SEOとよく間違えられるSEMとSEOですが、SEMとは検索エンジンを通してユーザーへの集客を行うマーケティング方法です。なのでSEMの手法の1つとしてSEO対策があります。ではこのリスティング広告、SEO対策の2種類はどのような手法で効果があるのでしょうか。解説していきます。

【SEMの種類】リスティング広告とは

リスティング広告とは、検索キーワードの検索結果を有料で意図的に検索順位を上げる広告SEMのことです。1クリックされることに費用を払い、ユーザーを自社サイトへと訪問させます。ではリスティング広告のメリットやデメリットを解説していきます。

リスティング広告のメリット

リスティング広告のメリットはすぐに効果が得られる即時性です。Google、Yahoo!などに対策キーワードを設定し、審査が通ればすぐに検索エンジン上へ反映されます。すぐにユーザーに対してアクセス数やCV数の増加へとアプローチをすることが可能です。広告費を決めて、CPCを計算しながら施策を行うことをおすすめします。

また、リスティング広告におすすめなサイトは訴求したいサービス・商品の認知度が低い、ページ数が少ないなどの場合はリスティング広告を取り入れるのは効果的でしょう。

 

リスティング広告のデメリット

次に、リスティング広告のデメリットは得られる効果の即時性が高いものの、1クリックごとに費用を払い続けなければならないところです。リスティング広告は対策キーワードを決めて、払う費用を決めます。しかし、対策するキーワードが人気のキーワードの場合はオークションのように、費用が上がっていくのです。その分、CPCが上がってしまいます。CPCとは1クリックによる費用対効果のことです。詳しくはこちらの記事へ。

CV?CVR?頭文字【C】のWebマーケティング用語を解説!

また、広告予算が尽きてしまえば、アクセス数、CV数の増加はなくなるでしょう。リスティング広告を辞めてしまえば、著しく効果が減ることからリスティング広告は短期的な施策をおすすめします。

 

【SEMの種類】SEO検索エンジン最適化 とは

SEOは(Search Engine Optimization)の略称のこと。自社のサイトなどのコンテンツを自然検索といって、リスティング広告と違って費用をかけずに自力で検索結果の上位へと表示させる施策のことです。ではSEOについてメリットデメリットを紹介していきます。

 

SEO対策のメリット

SEOのメリットは上記と同様に「無料」で検索の順位を維持させることが可能なことです。ノウハウがあれば、費用をかけずに対策キーワードを意図的に上位表示させることができるでしょう。またリスティング広告よりも自然検索で上位表示されているコンテンツの方がCTR(クリック率)が高いという分析結果があります。これは近年、ユーザーが広告にあきれていることが予想されます。

 

また、他にもSEOのメリットはSEOをやめても自社の資産としてなくならないことです。リスティング広告は有料であることから、施策を辞めると検索順位が著しく落ちますが、もともと検索順位を上げる対策をおこなっていることからSEOを辞めても継続的に上位表示が行われます。

 

SEO対策のデメリット

SEO対策のデメリットは長期的な取り組みが必要になるところです。リスティング広告は即時性がありますが、SEO対策は制作したコンテンツを上位表示させるのに時間がかかります。だいたい3~6カ月は我慢が必要になるでしょう。

 

他にもSEO対策は専門的な取り組みが必要となることです。SEO対策とはGoogleなどの検索エンジンのアルゴリズムを理解することが必須となります。簡単に説明すると無料で検索上位を狙うにはノウハウがないと、結果が生まれないでしょう。

 

基本的には検索をするユーザー意図に対して網羅性のある情報をコンテンツを通して提供しなければ、検索上位へと表示することが難しいのです。

 

また、そのノウハウを身につけるには時間と費用がかかるでしょう。ノウハウがない企業はSEOに特化した会社へと相談することをおすすめします。未知株式会社では戦略的なSEO対策に特化したコンテンツマーケティング会社です。「ワイン」で検索順位1位を獲得するなどノウハウは豊富となっています。SEO対策に興味がある人はぜひお問合せください。

 

まとめ

今回はSEMについて紹介しました。SEMは検索エンジンを用いたWebマーケティングの方法のことです。その手法には「リスティング広告」「SEO対策」というものがあります。短期的な集客やCVを求めるなら「リスティング広告」長期的に会社の資産としてブランディング、集客やCVを得るのなら「SEO対策」がおすすめです。また、SEO対策のノウハウについて詳しく相談したい人は未知株式会社へと問い合わせください


RELATED POSTS関連記事