コンテンツマーケティングでコンバージョンさせる!獲得するポイントとは

デジタルマーケティングコラム

今回は、コンテンツマーケティングにおけるコンバージョン(CV)についてご紹介していきます。前回同様、売り上げや利益に繋げたい方向けの記事になるので集客に困っている‥なんとかしたいと考えている方はぜひご覧になってください。

記事を見て疑問等がありましたら一度弊社にご相談ください。お話しだけでもお伺いさせていただきます。

ではまず、CVとは何かについてご紹介していきます。

 

コンテンツマーケティングやなどでよく聞くCVって何?

Web業界で働いていると、CVという言葉は毎日のように耳にします。CV=コンバージョンは最終的な成果を意味し、弊社の行っているコンテンツマーケティングでも一番重要な目標となってきます。

どれだけ検索サイトで順位が上がっても、PVやクリック率が高くてもCVに繋がらなければ、成果は出なかったとされてしまうのです。

CVはサイトによって変わり、通販サイトであれば商品の購入がCVとなり、商品紹介のサイトやサービス提供のサイトであれば、問い合わせフォームへのクリックや会員登録がCVとなります。

ちなみに弊社のCVとなる問い合わせフォームはこちらです。CVに繋がらずお悩みの方や企業様、なんかサイトがうまく機能していないという方、お気軽にどうぞ。

簡単ですが、これがCV(コンバージョン)の詳細となりますので覚えておきましょう。

さて、次からが重要なところになります。どのような対策をすればCVに繋がるのかを簡単にご紹介していきます。

CVに繋げるには?重要なポイントを一挙公開!

自社サイトから商品購入などのCVに繋げたいとお考えの企業様も多いと思います。では、何がCVに繋がるポイントなのかをご紹介して行きます。

フォームへの導線

サイトやページを作成をする際にポイントとなってくるのが問い合わせフォームや購入ページなどへの導線です。どこにでもたくさんボタンやバナーをつけておけば、誰か押すでしょう!と簡単に考えている方もいますが、CVに繋げるにはそう簡単にはいきません。

どういった検索をしてページにたどり着いたかによりますが、購入をすることを検討をしているようなキーワードのページの場合は、ユーザーに対してサービスなどの商材をしっかりと説明した上で商材への導線をつける事により、ユーザーのお問い合わせの数が少なからず押す確率は上がる可能性があります。ですので、現在つけているバナーなどの導線を意味もなく多くつける事ではなく、適切な場所に確実に導線をつけていく事を意識しましょう。

アクセスは多いのに、CVに繋がっていないのであれば導線などの場所がわかりずらく、ユーザーに認知されていない可能性がありますので変更をして改善

サイト内の導線の繋ぎ方の詳細はこちらの記事も合わせて一読ください。

コンテンツマーケティングに重要なサイト導線とは

文章の書き方にも工夫しなければいけない

最近では、今読んでいるこの記事のように記事内から問い合わせフォームへ飛ばす、登録へ促すといった戦法も増えてきているのです。では、文章内で導線を繋ぐにはどのようにすればいいのでしょうか?

まず、ユーザーへの問いかけが重要なポイントとなります。○○している人も多いのではないですか?などとユーザーに問いかけ、課題を明確にして考えさせるのです。そういった不安が出てきたところで、サービスや商品などの課題を解決できる要因を揃えて紹介をしていく事です。

詳細を述べたところでフォームへの導線を出現させ、ユーザーを促します。
その文章の書き方をセールスライティングと言います。まだ読んでないという人はこちらのセールスライティングの書き方も参考にしてみてくださいね。

「セールスライティング」で購買意欲を高める?!書き方の7つのポイント

まとめ

今回は、コンテンツマーケティングなどのWeb界隈でよく耳にするCVについてご紹介してきました。導線や文章の書き方などいろいろな工夫を凝らすとよりCVにも繋がりやすくなります。今回は簡単にページ単位でのCV向上をできるような内容をご紹介いたしました。現在、WEB集客などで課題を抱えている企業様は是非一度内容を確認をして取り組んでみてください。
弊社ではコンテンツマーケティングはもちろん、デジタルマーケティング全般でパフォーマンス向上のお手伝いをさせていただいております。
サイトのCV率を高めたい方はぜひ弊社にご相談ください!


RELATED POSTS関連記事