• COLUMN TOP
  • 初心者必見!ライターの仕事内容・お金事情・活躍する方法を解説
<?php echo get_the_title(); ?>

2019.10.13

初心者必見!ライターの仕事内容・お金事情・活躍する方法を解説

ライターという職種ですが、ライター初心者にとっては、どこから手を付けて良いかわからない、右も左もわからないお仕 […]

ライターという職種ですが、ライター初心者にとっては、どこから手を付けて良いかわからない、右も左もわからないお仕事だと思います。
この記事では、ライターにはどのような仕事があるのか、お金はいくら稼げるのか、第一線で活躍するためのコツはなんなのかをご紹介していきたいと思います。

目次

ライターの仕事内容


ライターの仕事といっても、業界や媒体など多岐に渡ります。基本的なものでは、Webや出版される書籍、広告、ゲームのシナリオなどが挙げられます。
Web業界でいえば、メディアのコラム記事作成、ブログ、メルマガ、宣伝のためのDMの執筆などがあります。WebにはWebならではのライティングのコツというのも存在します。
出版業界では、雑誌や書籍、フリーペーパーなど記事の執筆などが挙げられます。紙媒体なので、誤植やミスなどがあると、取り返しのつかないことになることもしばしば。他の媒体も一緒ですが、紙媒体の場合は特に細心の注意を払わなくてはいけません。
広告などに関しては、商品の販売促進のためのコピーライティング、広告記事、テレビ・ラジオCMなどのシナリオ執筆を行うことが多く、様々な経験を積むことになります。こちらも、コピーライティング術というコツのようなものが存在しています。
基本的に、決められた文字数やレギュレーション、マニュアルに沿って仕事を進め、企画案をもとに媒体に掲載するための文章作成を行っていくのが一連の流れです。
すべてのライティングに共通しているのは、どういったターゲットが、どのような目的でその文章を読むのかというところをしっかりと絞って、文章を作成するところに他なりません。
さらに必要に応じて、情報収集や取材、インタビューなどが必要な場合もあり、ライターとして柔軟で臨機応変な対応が必要になります。
弊社の場合は、主にWebメディアへの掲載を目的とした案件が多いです。依頼の流れとしては、弊社にて企画を作成し、そのごライター様にご執筆いただいています。
案件によっては、取材やインタビューをお願いすることもあります。
ライターとして活躍したいとお考えの方は、一度弊社へお問い合わせください。
ともに経験を積み、コツを掴みながら、一緒にクライアントやユーザーに喜んでもらえる記事制作をしていきましょう。

ライターの給与事情・計算方法

では、ライティングで稼げる給与事情と計算方法をご紹介します。

平均給与

ライティング業務を行っている、どこかの企業へ勤めてライターとして仕事をする場合、アルバイトであれば時給は1,000円程度に設定されていることが多いです。
正社員として会社に勤めた場合は、月給36万円程度と、給与としては比較的高い傾向にあります。
参考:https://求人ボックス.com/ライターの年収・時給

給与の計算方法

企業に勤めてライターとして仕事をする場合と、在宅ライターなど、フリーで働く場合とでは、給与の計算方法が異なります。
企業の場合は、企業が定める方法で給与が決まり、フリーの場合は、ライティングの依頼主とライターが一緒に決めることが多いです。
基本的には、1記事単価、1文字単価で金額を設定します。

例:1記事1000円×3記事×20日=1ヶ月の収入6万円

このように、自分がどれだけライティングを頑張るかによって、給与額は変動していきます。この計算方法で算出された金額はあくまで平均給与なので、弊社の給与とは異なります。
ライティングを行っている企業に勤めた場合と在宅でお仕事をする場合とでは、給与の設定方法が異なるので、どれくらい稼ぎたいのかによって、どちらかを選ぶようにしましょう。

ライターの仕事は意外ときつい・つらい?


ライターの仕事は、安価であったり、納期がタイトであったりなど、きつく、つらいイメージを持ってらっしゃる方も多いようです。
一昔前までは、低単価・短納期の案件が多かったようなのですが、そのような案件も徐々に減り、イメージも少しずつ変わり始めています。
しかし、ライターを始めたばかりの初心者の方が、急に高単価の案件を任せてもらえるとは限りません。
実際に大変な部分もまだまだあるのは事実です。少しでも、ライターのきつい・つらい部分を和らげるため、以下の点に注意しましょう。

ルールを明確に決めていれば問題ない

ライターとしてライティングを行う上で、一番気をつけたいのがルールです。文章というものは、読み手によって受け取り方は様々。ニュアンスなどにも好みがあります。
そのため、実際に案件を進める前に、クライアントと十分なすり合わせ、マニュアル作成が重要になります。
そのマニュアルに沿ってライティングすることを正とすることで、トラブルが発生する確率は、格段に低くなるでしょう。

ライターとして認められるように努力は必要

ライターとして日々経験やスキルを積み重ねたとしても、実際に雑誌やWebに掲載してもらったり、クライアントから依頼が来なかったりすれば、この業界で活躍することはできません。
そのために、これまで積み重ねてきた経験やスキルなどを、ポートフォリオやプロフィール内容で、クライアントへアピールすることが重要です。
単に、綺麗なライティングができるだけでなく、クライアントのニーズを読み解く能力や、作業の素早さ、業界特有の知識を身に着けているなど、アピールできる部分は積極的に発信するようにしましょう。

ライターとして活躍するためには

今後、人気ライターとして活躍したいと考えている方に向け、身に着けておきたいスキルを4つご紹介します。

文章力を磨く

まず大切なのは、文章力です。読み手が楽しく読める記事になっているのか、記事内で伝えたかった内容が、ストレートに読み手に届いているのか、こういった点を抑えられる文章能力が求められます。
読みやすさや、内容の伝え方は、ライターが選択する構成や言い回しで大きく変わってきます。どういったユーザーにどのように伝えたいかを、正確に選択するためにも、正しい日本語や、構成の種類は知っておくようにしましょう。
以下の記事では、構成の種類に関して詳しくご紹介しています。参考にチェックしてみてください。
コラムって何!?WEBライティングの悩み、今解決しときましょ!

正確性を高める

先ほどご紹介したように、ライティングを行う上で記事のルールはきちんと決めておく必要があります。しかし、どれだけしっかりルールを決め、ライティングをしていたとしても、そのルールを見落としていたり、そもそも誤字脱字をしてしまったりしては、活躍できるライターへの道は遠のいてしまいます。
また、著作権や薬機法などの法律を知らず、法に触れるライティングをしてしまっては、自分だけでなく、クライアントへも迷惑が掛かります。
ライティングを行う上でのルールだけでなく、ツールなどを導入し、法律や誤字脱字のミスに気づける体制を整えることも大切です。

コミュニケーションスキルを磨く

先ほどからご紹介している通り、ライターという仕事は、クライアントと協力し合って記事を仕上げる必要があります。
案件によっては、インタビューなどが伴うこともあり、1記事を仕上げるために数多くの人とかかわる場合があります。
あまりイメージにないかもしれませんが、ライターという仕事はコミュニケーションスキルも求められる仕事なのです。
日々、どのような振る舞いをすれば、円滑にコミュニケーションが取れるのかを考え、対応する必要があるでしょう。

SEOなどのWEB知識を学ぶ

Webライティングの場合は特に、SEOのスキルを持っているライターが求められる傾向にあります。やはり、記事が上位表示することで、数多くのユーザーの目に留まるためです。
文章スキルを磨きつつ、これからあなたが獲得していきたい業界の知識も積極的に学ぶようにしましょう。
そうすることで、ライターとしてのアピールポイントも増えます。他のライターとの差別化にもなり、クライアントからの依頼も増えるようになるでしょう。

まとめ

稼げるライターは日々努力を重ねて、クライアントやユーザーに喜んでもらえるように、ライティングに尽力しています。
あなたも売れているライターの仲間入りができるようにしっかりと努力をして、文章力などを磨いていきましょう。
弊社では、随時ライター様を募集中です。
ぜひ一度お問い合わせください。ライター様のご応募をお待ちしております!

注目キーワード