<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2020.08.05 / 最終更新日 :

コンテンツマーケティング

ホームページで集客効果を上げるには?制作のコツを紹介

企業のマーケティング活動においてホームページは必要不可欠です。しかし、中には集客効果が発揮できていないホームページもあります。自社のホームページを差別化し、集客力を高める方法を紹介します。また、自社で対応できない場合は未知株式会社に相談してみましょう。

この記事は約7分で読み終わります。

ホームページを作ることで生まれる利益

平成26年に中小企業庁の調査によると、中小企業がホームページを制作・開設している割合は64.4%となっており、半数以上がホームページを開設しています。今や、企業のマーケティング活動においてホームページの制作・開設は必要不可欠です。

一方で、中小企業において、効果的にマーケティングが行われていないホームページも見られます。あまりにも情報があふれているインターネット社会において、ホームページを制作・開設しただけでは、効果を発揮することはできません。

今回は、ホームページ制作・開設が生み出す利益と、その方法を紹介していきます。まずは、効果的なホームページがもたらす利益について見ていきましょう。

集客効果が生まれる

経営者において、一番の問題は集客を増やす方法でしょう。ホームページの制作・開設で集客が上がらなければ、作った意味がありません。

集客力を高めるには、コンテンツの内容はもちろん、サイトの使いやすさが重要です。まず、スマートフォン対応やマルチデバイス対応にしているホームページは、当然ユーザーが集まります。

さらに、ホームページとSNS(Facebook、Twitterなど)などのツールを連動させている場合は、集客能力が高まります。

信頼度が向上する

インターネット環境が整った現状で、企業間の取引や商品購入、外食先の選定などを開始する前に、その企業のホームページを確認することは日常的に行われています。

その際、見込み顧客に対してその企業のホームページが表示され、適切な情報を提示できれば、信頼度が向上します。

そして、ホームページを制作し開設しただけでなく、価値ある情報や最新情報の発信や更新を継続的にしていくことで、その企業の信頼が一層高まるというメリットがあります。

問い合わせが増加する

問い合わせを増やしたい企業にとって、ホームページは最初の入り口であり、適切なホームページの制作は問い合わせの増加につながります。

ホームページからの問い合わせに応えることは、営業コストが、ほぼかからない効率的な営業活動でもあります。

 

<バナーメディア>

集客力のあるホームページとは

いくつものメリットがあるホームページの制作・開設は、適切に運営できていなければ、意味がありません。

ホームページを制作・開設しても集客できない、制作に使った費用が回収できない、問い合わせが増えない、などの悩みを持った運営者も多いでしょう。

ホームページのもっとも重要な役割は、集客数を上げることです。集客力のあるホームページを制作し、その対策をすることで、その利益を得ることができます。ここからは、集客力のあるホームページの特徴を見ていきましょう。

何を伝えたいかが明確

集客力のあるホームページは、その企業が何を伝えたいのかが明確に示されています。

ホームページを制作した目的がはっきりしており、来訪者がアクションを起こしやすいホームページは良質な集客力のあるホームページです。

反対に、目的が明確でなく内容が分かりにくいホームページは、来訪者がすぐに飽きてしまい見るのをやめてしまう人も多いのではないでしょうか。

顧客の悩みに寄り添った記事がある

ユーザーは何かを知りたい、何かを解決したい、何かを見つけたい、という目的をもって検索をしています。つまり、理想的なホームページは、それらを解決できる内容を盛り込んだホームページです。

特に、来訪者の悩みや不安、問題を解決できるような記事があるホームページは、集客力があります。来訪者の悩みなどに寄り添うことができるようなホームページは、たとえ実際に取引や商談などの関係性を築く前でも、安心感を得ることができます。

また、そのようなホームページは、自社の商品やサービスに関して興味を持ってくれる顧客が訪問してくれるでしょう。

SNSでの拡散を見越した記事がある

今や、SNS(Facebook、Twitter、Instagramなど)の情報拡散力は非常に大きなもので、連携されたホームページはSNSによって大きな影響を与えられます。

SNSの口コミなどで商品・サービスなどの評判が広がれば、アクセス数や売上が突然急増することもあります。

ニュース性やインパクトの高いもの、時事ネタ、笑いを誘うものなどは注目度が高く拡散されやすいので、それを見越してSNSとホームページをリンクさせて制作されている場合もあります。

どのデバイスにも対応している

近年、スマートフォンのユーザーは爆発的に増え、スマートフォンで情報収集を行う人が増えています。そのため、パソコンだけでなく、スマートフォンなどのモバイルに対応したホームページのほうが集客力は高くなります。

検索エンジンであるGoogleには、スマートフォン検索の際に、モバイル対応しているホームページをより上位に表示させる仕組みがあります。

 

<バナーメディア>

集客力のあるホームページ制作のコツ

 

ホームページを制作する際、ホームページの目的を意識しているかで集客力に大きな差ができます。何のためにホームページを制作し始めたのかを明確にして、来訪者を意識したホームページ制作をしましょう。

そのうえで、これから紹介するコツを網羅したホームページを制作していきます。また、すでに制作済みのホームページが効果を上げていない場合は、リニューアルすると良いでしょう。

ペルソナを明確にする

まずは、ターゲットとなるペルソナ(商品・サービスの対象となるユーザー像)を決めてからホームページ制作に臨むと、コンテンツに一貫性が出やすくなります。

企業には、理想とする顧客群があり、それを意識したコンテンツを作ると、より効率的にユーザーの希望に沿ったホームページを作ることができます。また、ペルソナを明確にしてある程度絞っておけば、ホームページの方向性も決めやすくなるでしょう。

ペルソナは、性別・年齢・家族構成・趣味・職業・年収など、詳細なプロフィールを設定します。ペルソナを決めないまま進めると、曖昧で抽象的な誰の心にも響かない内容となってしまいます。

定期的に更新する

前述したように、定期的にホームページを更新し、最新の情報を発信していくと、企業の信頼感は増していきます。さらに、更新頻度を上げることで、検索結果がより上位に表示されるようになります。

ホームページは制作しただけで満足してはいけません。制作・開設された後、ホームページをそのままにしていると、来訪者は飽きてしまい減ってしまいます。

また、ホームページ制作会社に依頼しないとページの更新ができないという場合があります

ので、自分で更新できるシステムを導入するほうが良いでしょう。

最新情報を発信したり、コンテンツを改善するなど継続的にメンテナンスすることが、集客力を高めるために必要なことです。

SEO対策を行う

SEOとは、検索エンジン最適化することです。ホームページを運営するにあたって、SEO対策は必要不可欠です。検索結果でユーザーを集客するというSEO対策を行えば、質の高い見込み客の導入につながります。

さらに、SEO対策は他の広告などに比べて低コストで行うことができるというメリットがあります。ただし、集客を上げる手段として、SEO対策は即効性がある方法ではありません。

継続して行い、長期的な目で効果を見ていく必要があります。逆に、SEO対策は検索結果に表示されるかぎり、永続的に集客効果を発揮します。

 

<バナーメディア>

記事を作成するなら未知ブランディングメディア

理想的なホームページの作り方が分からない、ホームページの集客効果が出ない、などホームページを制作するうえで困ったり迷うことも多いでしょう。

そういう時は、未知株式会社に気軽に相談してみましょう。未知株式会社は、2017年6月に設立され、コンテンツマーケティングを中心に企業のWebマーケティングを支援している会社です。

ホームページで効果的なブランディング(企業・商品の認知度を高めて好感を持ってもらうための活動)を行いたいホームページ運営者は、一度検討してみてください。

リンク-未知株式会社, https://www.mchs.co.jp/about/company/

コンテンツマーケティングにお困りなら

未知株式会社では、100社以上のコンテンツマーケティングをお手伝いさせていただいております。
コンテンツマーケティング始めたいけど始め方がわからない
コンテンツマーケティング自社で初めてみたけど効果が出ない
上記に当てはまる方は是非ご相談くださいね。