<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2020.08.05 / 最終更新日 :

コンテンツマーケティング

サイトの記事を読んでもらうための方法とは

Webサイトでは記事を書くことが必要になります。しかし、一生懸命に記事を書いても、なかなかユーザーに読んでもらえないということがあります。これは記事の内容が悪いのではなく、Webサイトの記事であるということを意識できていない場合があります。

この記事は約4分で読み終わります。

なぜサイトの記事が読んでもらえないのか

ホームページやブログ、オウンドメディアなどでは記事を書くことが不可欠となります。しかし、その記事をどれだけ一生懸命書き、どれだけ充実した内容を書いたとしても、なかなか読んでもらえないということがあります。

記事を読んでもらえないことには、いくつかの理由が考えられます。その理由を把握して対処し、記事を読んでもらえないという状況から抜け出しましょう。

SEOを意識出来ていない

調べ物をするために検索エンジンから情報を検索した人の多くは、検索結果の上位に表示されたサイトを訪問します。そのため、検索結果の上位に表示されるためのSEOができていないと、記事を読む前にサイトにも訪問してもらえないということになります。

SEOにはいろいろな手段がありますが、キーワードの適切な選定を意識していなければ、SEOを実施している企業のサイトよりも上位に表示することは難しいでしょう。

ユーザーのことを考えられていない

SEOで検索結果の上位に表示されれば、Webサイトを訪れる人が増えて記事を読んでもらえる可能性は高くなります。

しかし、Webサイトに訪問してもらえたとしても、その記事がユーザーの求めていたような内容ではない、文章が読み辛く自分の書きたいことだけが書かれているなど、ユーザーのことを考えていない記事では最後まで読んでもらうことは難しいでしょう。

 

Webサイトに載せるコンテンツの書き方

記事を多くの人に読んでもらうためには、Webサイトの記事を頻繁に更新することが大切です。しかし、Webサイトに載せるコンテンツの内容をどのようにすればよいのか悩んでしまう人も多いでしょう。

ここからは、Webサイトに載せるコンテンツの書き方について紹介します。また、記事の書き方の注意点についてもいくつか紹介していくので、参考にしてください。

ペルソナを明確に

Webサイトの記事を読んでもらいたい場合、ターゲット層を明確にしておく必要があります。ターゲット層から典型的なユーザー像を設定することで、そのユーザーがどのようなことを求め、どのようにアピールをすれば記事を読んでもらえるか、という対策を立てられます。

また、想定するターゲット層から年齢、性別、趣味、職業などできるだけ細かな設定を行い、具体的なユーザーを架空の人物として設定します。

この具体的なユーザーのことをペルソナと呼びます。ペルソナがどのような考えを持ち、どのような流れでサイトを訪問して、どのようにすれば記事を読んでもらえるかなどを想像することで、より具体的な対策が立てられるようになるでしょう。

キーワードを選定する

SEOにはいろいろな手段がありますが、その1つにキーワードの選定があります。

検索エンジンでユーザーが検索をすると、検索アルゴリズムによってキーワードとページの関連性や、そのキーワードが記事の適切な場所に適切な分量で含まれているか判断されて、検索結果に反映されます。

そのため、適切なキーワード選定と使い方ができていないと、他のサイトと上位表示を競うことが難しく、サイトを訪問してもらうことも難しくなってしまうことがあります。

記事骨子を作成

Webサイトの記事は、全てを隅々まで読んでもらうことは難しいため、要点を明確にして、しっかりと骨組みを作成することが重要です。

Webサイトの記事の骨組みとされているのが、見出しです。大見出しや中見出しなど構造的な文章を作ることで、ユーザーは求める情報がどこに書かれているのか見つけやすくなり、記事を読んでもらえるようになります。

もし、構造的な文章ができていなければ、ユーザーは必要な情報を探す手間を面倒に感じてしまい、記事を読んでもらえなくなることもあるでしょう。

記事を執筆する

Webサイトの記事は結論から書くようにしましょう。

ユーザーは記事を全て読んでくれるとは限らないため、最後に結論を書くと、いつまでも欲しい情報が出てこないので、記事を読むことを途中で止めてしまう可能性があります。

 

Webサイトの記事に困ったら

Webサイトは、立ち上げて公開すれば、すぐに多くの人に見てもらえるというわけではありません。サイトの記事を読んでもらうためには、正しい知識が必要となります。

どのように記事を書いたらよいのかわからない、記事を見てくれるユーザーの数を増やしたいなど、記事制作で悩むことがあれば、記事サービスを提供している会社に依頼するのも1つの手です。

未知株式会社は、2017年に設立されたばかりですが、すでに100社の支援実績を持つ会社です。ぜひ、未知株式会社が提供する記事サービスを是非ご利用ください。

リンク-未知株式会社, https://www.mchs.co.jp/about/

コンテンツマーケティングにお困りなら

未知株式会社では、100社以上のコンテンツマーケティングをお手伝いさせていただいております。
コンテンツマーケティング始めたいけど始め方がわからない
コンテンツマーケティング自社で初めてみたけど効果が出ない
上記に当てはまる方は是非ご相談くださいね。