<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2020.10.12 / 最終更新日 :

コンテンツマーケティング

Webサイトの集客をしたい!原因と改善策を知ってサイト運用に活かそう

Webサイトでの集客が見込めず、またWebサイトの訪問者も少なく悩んでいる方、Webサイトを通じて集客を増やしたい方に向けて、原因と改善の方法を紹介していきます。Webサイトで集客効果を得る方法や、Webサイトの訪問者を増やすための方法を知っていきましょう。

この記事は約6分で読み終わります。

Webサイトで集客

Webサイトでの集客をするためには、集客するためのWebサイトを作ることが大切になります。つまり、Webサイトで集客ができない原因を詳しく分析し、改善方法や集客につながるWebサイトの仕組みを知ることが大切です。

まずは、Webサイトへのアクセスを増やすことと、Webサイトでの集客ができる状態を作り上げておくことが重要です。

例えば、Webサイトで集客ができない場合には、Webサイトの「デザインが良くない」のか、「SEO対策」ができていないのか、しっかりと原因を見極めることが重要になっていきます。

ゴールが定まっていない

Webサイトでのゴールを定めていないと、集客ができないといえます。Webサイトを作成するにあたり、目標やゴールを定めておかないと、最終的にどんな顧客にアタックしたいのか、ペルソナを定めておかないとブレが生じて顧客に何も伝わらなくなってしまいます。

ペルソナとは、サービスや商品の対象となる人物像のことなので、どのような人が対象となるのかを知っておくことが重要といえます。

例えば、そのWebサイトで何を達成したいのかを明確にすることが目標やゴールを定めることなので、そうしたリードを獲得するための受け皿や販売のためのコンテンツを紹介することが大切です。

また、ペルソナを明確にしておくことで、どの層に特に商品やサービスを紹介したいのかを決めることができます。

デザインが良くない

Webサイトのデザインが良くないのも集客に影響が出てしまいます。

見た目のデザインが良いだけでは集客につながるわけではなく、企業イメージとホームページのデザインがマッチしていないと興味を持たれにくく、無駄に装飾などにこだわりすぎると「見にくい」「分かりにくい」といった印象を受けやすくなってしまいます。

例えば、良いWebサイトとしてユーザーが迷わないような導線を用意することや、読みやすいフォントを使用すること、クリアで視認性が高い写真を使用するなど、見やすく分かりやすくすることによって集客につなげることもできます。

Webサイトの完成で満足してしまっている

Webサイトは完成してからが重要なので、満足してしまうことは良くありません。サイトの完成が終わりではなく、サイトの改善やSEO対策などを怠っていると集客効果が薄れてしまいます。

Webサイトの更新頻度をあげることによって、SEOで上位に上がりやすくなり、新しい情報を提供することによって新たな顧客を増やすことができます。

Webサイトで集客するためのポイント

Webサイトでの集客をするためのポイントを紹介していきます。Webサイトを作成し、そのWebサイトにアクセスをしてもらえないと、Webサイトによる集客効果は得られないので、集客効果を得るためにもWebサイトを多くの人に知ってもらうための工夫を紹介します。

例えば、ただWebサイトを完成しただけでは広大な砂漠の中で出店をするようなものなので、より注目されるようにするために顧客が注目しやすくなるためのコンテンツを利用することがポイントです。

どのようなポイントがWebサイトでの集客効果に力を発揮させることができるのかを知っていきましょう。

SEO対策

SEO対策をすることは、検索エンジンを使用する顧客の注目を浴びるために重要なことといえます。

SEO対策とは、一言で言えば検索エンジン最適化のことですが、詳しく説明すると特定のワードを検索した時に自社のWebサイトがヒットしやすく上位になりやすいようにするためのことです。

例えば、SEO対策をきちんとすることによってWebサイトへのアクセスが見込め、上位表示されることで集客効果も得られるといえるでしょう。デメリットとしては、結果が出るまでの時間がかかりやすいので、常にSEO対策をしておくことが大切です。

SNSの活用

SNSの活用もWebサイトへのサクセスを集めるのに効果的な手段といえます。Webサイトの紹介として利用しやすいSNSは、Facebook、Twitter、Instagram、などが挙げられます。

SNSは、表示させたいターゲットを設定によって選ぶことができる他、シェアされることによって多くの層に届きやすくマッチングしやすいといったメリットがあります。

例えば、会社によって適合するSNSも変わってくるので、より自社にマッチしたSNSを利用し集客効果につながるWebサイトの広報活動を行うことが大切です。

潜在層からの集客

潜在層からの集客も大切なポイントです。Webサイトを作成したのであれば、潜在層からの集客を狙うこともWebサイトによる集客効果として大切なポイントになります。潜在層からの集客はメディア作成がおすすめになります。

例えば、オウンドメディアとしてメールマガジンやブログなどの開設や、Facebookページの開設など、チェックしやすくWebサイトにもアクセスしやすいメディアを用意しておくことで、潜在層からの集客効果を得ることができます。

Webサイトを訪れた人にアクションを起こしてもらうには

Webサイトを訪れた人にアクションを起こしてもらうためには、アクションを起こしてもらうための導線を準備しておかないといけません。

Webサイトでの集客効果を得るためにも、Webサイトに訪れた人からアクションを起こしてもらうことは重要なことだといえます。

例えば、Webサイトに訪れた人がサービスを利用するためのアクションを起こすための誘導をすることが、結果集客に繋がります。

そのためには、Webサイトに訪れた人がアクションを起こしやすいようにするためのポイントを押さえて、サイトの内容の改善や修正をすることが大切です。どのようにすればアクションを起こしてもらいやすくなるのか各ポイントを押さえて知っていきましょう。

わかりやすいと感じるWebサイト作り

わかりやすいと感じるWebサイト作りが、Webサイトを訪れた人にとっても安心できるようになります。わかりやすいと感じるWebサイトを作ることが、サービスへの理解のしやすさ、訪問者からのアクションを受けやすくすることができます。

例えば、一つの商品やサービスに特化したページを用意し、そこに訪れた人が商品やサービスについて問い合わせをしやすくするための導線を準備し、どうすれば良いか分かりやすくすることで、アクションを起こしてもらいやすくなり集客にもつながってきます。

フォームの改善

フォームの改善をすることも、Webサイトに訪れたユーザーにとって、アクションを起こしやすくなるきっかけになります。簡単そうに見せることが実は大切なので、フォームの入力をシンプルにする必要があります。

例えば、重要な情報などは最初に入力してもらう必要がありますが、そういった最重要情報の入力は最初に済ませるように入力フォームの優先順位を決めておくことが大切です。また、項目数を多くしすぎないことや余計な情報を増やさないことも重要です。

入力フォームなどがわかりにくいと入力を諦めてしまうユーザーもいるので、分かりやすくする工夫として必要な部分は赤く色付けするなどの工夫も必要なポイントといえます。

フォームの入力を分かりやすく、ハードルを下げて簡単に見せることがWebサイトに訪れた人にアクションを起こしてもらいやすくなるためのポイントといえます。

 

コンテンツマーケティングにお困りなら

未知株式会社では、100社以上のコンテンツマーケティングをお手伝いさせていただいております。
コンテンツマーケティング始めたいけど始め方がわからない
コンテンツマーケティング自社で初めてみたけど効果が出ない
上記に当てはまる方は是非ご相談くださいね。