SEO

コンテンツ運営やSEO対策を担当する方の中には「どれだけのページを作ればSEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)に効果があるのか」という疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。 基本的にはページ数を増やすことで検索結果からの流入が増え、ウェブサイト全体の評価向上にもつながります。 しかし実際には、ページ数が多ければ良いというわけではありません。 SEO効果を高めるには単にページ数を増やすだけでなく、常に質の高いコンテンツをユーザーへと提供し続ける必要があります。 本記事ではSEOとページ数の関係性やその重要性、良質なページを増やす方法、注意点について詳しく解説します。 良質なページを効率的に増やし、自社サイトの評価を高めるヒントを得たい方は、ぜひ最後までご覧ください。

SEO

ウェブサイトの検索順位上昇を狙うSEOは、大きく分けると「テクニカルSEO」「コンテンツSEO」の2種類です。いずれか一方を選ぶのではなく、どちらもバランスよく対策することが重要です。 本コラムでは、テクニカルSEOとコンテンツSEOそれぞれの特徴と具体的な作業について解説します。

SEO

SEOの効果を高めるための施策は多岐にわたりますが、その中でも記事コンテンツのリライトは効果的な施策のひとつ。リライトとは、書き直し、書き換えるという意味です。SEO対策におけるリライトは、既にある記事コンテンツの「タイトル」や「本文」を加筆修正する施策のことを指します。ただ文章の語尾を変えたり、表現を整えるだけの作業では、SEOの効果を高めることは厳しいでしょう。ポイントは検索エンジンのルールに沿って、評価されやすい記事コンテンツに改善することが必要です。本コラムでは、記事コンテンツのリライトがSEOの観点からも重要である理由と、具体的なやり方を紹介します。

SEO

これまでコンテンツSEOに縁がなかった企業は他者の成功した事例から成功要因を捉えて学びましょう。昨今は、多くの企業がWeb集客やブランディングなどを目的にした、コンテンツSEOを実施する企業は多いです、そこで、自社でもコンテンツSEOの注力を検討している方も多いのではないでしょうか。とはいえ、コンテンツSEOは長期的な施策となるため、社内チームの結成あるいは専門会社への外注など、相応のコストと時間を割く必要があります。だからこそ、成功に導くためには成功要因を学んで、自社ノウハウを蓄えることが大切です。そこで本記事では、コンテンツSEOが注力される理由と、成功した事例10選を紹介します。

検索結果の上位にウェブサイトが表示されるようにするために、SEOによる対策が欠かせません。仮に同じ商品やサービスを取り扱う競合が似たようなキーワードでコンテンツを増やしても、SEOが意識されてなければ検索エンジンの表示順位に大きな差が生まれる可能性が高くなります。 本コラムでは、SEOで主に行われる対策と、プロに外注した場合の費用相場、優良な業者の選定基準について紹介します。

SEO

SEO対策とは、検索エンジンから自社サイトに訪れるユーザーを増やすために、サイトを最適化する施策のこと。SEO対策の成功はメリットが多いです。例えばGoogleやYahoo!などの検索エンジンから評価されるようになり、指定のサイトを上位表示されやすくなるなどポジティブなサイクルを構築できます。そんなSEOには様々な対策があり、意味のない施策をしてしまうと、十分な効果を得られません。そこで今回は、SEO対策の基本的なメリットや意味のない施策、効果を最大化させる施策「コンテンツSEO」について詳しく解説します。

SEO

企業ブランディングにコンテンツSEOは非常に有効です。コンテンツSEOとは、良質かつユーザーニーズの高いコンテンツを継続的かつ高頻度で発信しつづけることでGoogleやYahoo!などの検索エンジンからの集客を目指す手法のこと。単に上位表示することによるメリットが得られるだけでなく、自社ファンの獲得やコンバージョン向上などさまざまな効果があり、『企業ブランディングの場で欠かせない』手法となりました。 今回は、改めて企業ブランディングにコンテンツSEOが重要とされる理由を解説します。 注意点や具体的な配信方法にも触れるので、ぜひ参考にしてください。

SEO

細分化された現代のユーザーニーズに対して、適切にアプローチするためには、検索意図を考慮したSEO対策が欠かせません。検索意図を加味しない施策は、価値あるコンテンツとはいえません。 ユーザーの目的によっては単純に既出の情報を網羅したコンテンツがニーズを満たしている場合もあります。一方で、詳細なターゲティングやユーザーのファン化などを目的にする際は、検索意図を重視すべきです。 そこで本コラムでは、SEO対策を最大化するために重要な検索意図を4分類にした考え方、調査方法を解説します。

SEO

近年は、さまざまな媒体から個人が手軽に膨大な情報を得られるため、情報爆発時代とも呼ばれています。情報があふれた環境の中で、ターゲットとなるユーザーに自社ブランドや商品・サービスを認知してもらうためには、検索エンジンでの上位表示が重要です。 SEOは、大きく分けて外部対策、内部対策があります。効果的な外部対策につなげるためには、まず内部対策に注力しなくてはなりません。 本コラムでは、SEOの内部対策と外部対策の違いや、それぞれの重要性について解説します。

SEO

コンテンツSEOとは、良質なコンテンツを作成することにより、検索エンジンの結果画面で上位表示を目指す手法です。自社のWebサイトやコンテンツページが検索エンジンで上位に表示されれば、流入するユーザー数の増加が見込めます。 自社にノウハウがなかったり作業リソースを割けなかったりする場合、ライターやコンテンツSEO会社へ施策を依頼することとなります。 しかし自社および依頼先に十分な知識や技術がなければ、低品質なコンテンツを量産してしまいかねません。 そこで本コラムでは、コンテンツSEOの外注に失敗しないために、コンテンツSEOを外注するメリットや個人、法人どちらに頼むべきか、外注先を選ぶ際のコツを紹介します。

SEO

中小企業の中には、「SEOの専門会社にすべてを任せられるような資金的余裕はない」と諦めているところも多いのではないでしょうか。 一部のSEO施策は、コストをかけなくとも実践できます。本コラムでは、中小企業こそ、SEOが重要となる理由と、施策を成功させるポイントを解説します。


サービスのご紹介

Fun Marketing Cloudコンテンツマーケティング

貴社の見込み客の態度変容まで考えたアメリカ式コンテンツマーケティングで構築するプラットフォームを提供します

詳しくはこちら

Corporate Brandingコーポレートブランディングサイト制作

デザインからマーケティングまでを見据えた戦略的なコーポレートサイトが企業ブランディングの確立に貢献します

詳しくはこちら

Mission Vision Valueミッション・ビジョン・バリュー

弊社で実際にミッションビジョン・バリューを実践した経験を生かし、貴社の永続的な発展をサポートします

詳しくはこちら


事例紹介


お役立ち情報

“ファン形成型”コンテンツマーケティングのご案内

【この資料を読むと分かること】
未知株式会社のFun Marketing Cloud(ファンマーケティングクラウド)は、広告の代替で用いるコンテンツSEOではなく、貴社の見込み客の態度変容まで考えたアメリカ式コンテンツマーケティングで構築するプラットフォームです。1記事1記事に対して細かく競合調査を行い、最適な記事を制作する弊社サービスの概要や事例、料金を解説しています。

詳細はこちら

【ChatGPT/GoogleBird】SEO活用のメリデメを専門企業が語る。

昨今の会話型AIツールの急速な発展により、ChatGPT/Google Bardで記事作成を検討する方も増えており、弊社でもAIツールSEO記事に活用できるのか研究を進めています。研究の結果、現在判明しているAIツールで記事作成するメリットデメリットを資料にまとめました。

【こんな人にオススメ!】
・社内でSEO施策を進めたい!
・広告費、販管費を抑えてWeb集客を実施したい!
・記事をアウトソースしているがコンテンツ品質に満足していない!
・AIツールを利用して社内リソース不足を解消したい!

詳細はこちら

コンテンツSEO成功事例集

【この資料を読むと分かること】
・企業の広告依存を脱却できた理由が分かる
・月間100万セッション達成の裏側が分かる
・YMYL分野でも上位表示率80%が実現した戦略が分かる
・CV数25倍に導くコンテンツ設計が分かる

詳細はこちら

広告に依存せず、見込み客を集める方法

ホワイトペーパー「広告に依存せず、見込み客を集める方法」をPDF形式でダウンロードいただけます。

詳細はこちら

【ブランディング向け】自社の魅力を存分に外部に伝える方法

【ブランディング向け】ホワイトペーパー「Vol.3 自社の魅力を存分に外部に伝える方法」をPDF形式でダウンロードいただけます。

詳細はこちら

Mission・Vision・Value

未知株式会社のミッション・ビジョン・バリューの事例やフローをPDF形式でダウンロードいただけます。

詳細はこちら