WEBサイト公開前後にやることとは?忘れちゃいけないチェックリスト

デジタルマーケティングコラム

こんにちは!幼稚園の先生から、まさかのWEB業界に転職。子どもをペロンと出産し、4月下旬に復職いたしました!

今回は、弊社でも行っているサイト公開前後にやるべきことについて、簡単なチェックリスト形式でご紹介します。

サイト公開前にやることリスト


まず、サイト公開後に気づくと恥ずかしい、もしくは修正が面倒などの理由から、公開前にやっておくべきことをいくつかご紹介します。

表示のチェック

テスト環境などを利用し、PC、スマホ、タブレットなどで表示に問題ないかを確認しましょう。特に昨今、モバイルからのアクセス数が増えているため、スマホでの表示速度やコンテンツの読みやすさなどを意識してチェックすると良いです。

また、ダミーコンテンツやタグの設定ミスなども合わせて確認するようにしましょう。

コンテンツ内容のチェック

コンテンツのミスはほぼ100%の確率であります。誤字脱字だけに限らず、意外と気づかないのは表記ゆれ。表記ゆれなどにより、ユーザーに無意識的なストレスを与えてしまっているかもしれません。読みやすいコンテンツほど、この表記ゆれは少ないんですよ。

他にも、適切な箇所に改行が行われているか、機種依存文字などにより文字化けが発生していないかも、実際にコンテンツを読みながらチェックすると良いでしょう。

デザインのチェック


次にデザインのチェックです。表示チェックの際に気づくかもしれないのですが、画像サイズが大きすぎたり、画質が荒かったりしてないでしょうか?
どれだけおしゃれなサイトになっていても、適切なサイズ、画質でないと台無しです。

また、コンテンツ内容にあった画像を使用しているか、ダミー用の画像が残っていないかも確認しておきましょう。

設定のチェック

最後に設定です。サイト内に問題が無くても、設定に問題があればユーザーの目に触れることもありませんよ。

特にテスト環境などでチェックした後、忘れがちなのがnoindex の外し忘れです。検索結果にも表示されないため、注意しましょう。

他にも404のエラーやリダイレクトの場合は設定ミスなども考えられます。リンク切れのチェックやリンク先のチェックも行いましょう。

サイト公開後にやることリスト


無事にサイトが公開されたとしても、安心はできません!サイト公開後はできるだけ迅速に以下のこともやっておきましょう。

フォーム動作をチェック

お問い合わせフォームなどを設けている場合は、メールの送受信に問題が無いかの確認が必要です。該当アドレスに正しくメールが送信されているのか、文字化けが無いかなどを確認しましょう。

Googleに登録

サイト公開直後は、まだサイトのインデックスがついていないことがほとんどです。Google Search Console でインデックス登録を行っておきましょう。
Google Search Consoleへの登録はこちら。

また、サイト公開前の話でも触れましたが、モバイルからのアクセス数をさらに伸ばすためにも、サイトがきちんとモバイルフレンドリーであるかの確認が必要です。きちんと最適化されているかは、以下のページで確認できます。
モバイル フレンドリーのテストページはこちら。

Googleアナリティクスの導入

さらにサイト公開後は、いかにユーザーがこのサイトを評価しているのかが気になることでしょう。日々のサイトのアクセス事情を確認できるように、サイト公開後すぐにGoogleアナリティクスを導入しておくことをおすすめします。
Googleアナリティクスの申し込みはこちら。

まとめ


サイト公開は、先に公開日を設定して動くことがほとんどかと思います。期限が迫ると公開前のやっておくべきことを忘れてしまいがちですが、こちらの記事を参考に、まずは公開前にきちんとチェックしてくださいね!また、公開後もやることを先延ばしにしていると、そのサイトの効果検証がしづらくなります。公開したらすぐ対応を進めるようにしましょう。

もし公開後、効果検証を進める中で、一向にセッション数が増えない、検索結果を上げたいなどの悩みを抱えられている方は、未知にご相談ください
SEOを交えたコンテンツマーケティングによって、あなたのサイトをより良いサイトに変えるサポートをさせていただきます!
また、これからサイトをリニューアルしたいなどのご相談もお気軽にお問合せください


RELATED POSTS関連記事