<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2020.08.05 / 最終更新日 :

コンテンツマーケティング

なにが決め手?SEO会社の選び方

会社のWebサイトのSEOを上げる為には、自社だけでなくSEO会社に依頼して対策を提案してもらう方法があります。しかしSEO会社には悪質な業者もあり、胡散臭いと思ってしまうのも事実です。きちんとした業者で、実績をあげている会社を選ぶ方法をご紹介致します。

この記事は約7分で読み終わります。

そもそもSEO会社が行ってくれること

SEOとは「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の略称です。SEO会社は、簡単にいうとSEOに対してのアドバイスを行ってくれる会社です。SEO会社は、診断などを行いサイトの問題点を見つけ出し改善案を提案します。ターゲットやサイトの目的に合わせてサイトを見直し、効果的なサイトにリニューアルします。検索エンジンで、上位表示をしたり検索順位を上げたりすることで、アクセス数を増やし、売り上げを伸ばすことにもつながるでしょう。しかし、SEO会社の選び方では、どの業者が良いのか頭を悩ませることもあります。

 

SEO会社にも種類がある

SEO会社の選び方で注意しなければならないのは、SEO会社にも種類があり、サービス内容・費用などが異なっていることです。Webサイトへの流入を増やす手段としてSEO施策は有効と言われています。検索からの流入が多いWebでの集客では、上位に表示された方が優位と言えるでしょう。しかし、検索順位を上げるだけの対策では有効とは言い難いのが現状です。SEO会社の選び方によって、その後の成果が違ってくるので注意が必要です。

コンサルティング会社

SEO会社の種類に「コンサルティング会社」があります。コンサルティング会社は、問題解決の提案という「コンサル」を行い、自社の知識がより深めることが可能になります。自社だけでは分からないような外部目線から、知見が得られるのも大きなメリットになります。客観的に問題を把握できる所もメリットといえるでしょう。成功に導くためのSEO会社選びの、決め手の1つでもあります。しかし、コンサルタントの能力不足や会社の方針と合わなかったときは大きなデメリットとなる場合もあります。

コンテンツ制作会社

「コンテンツ制作会社」は、コンテンツによってSEOを支援してくれる会社です。コンテンツ制作会社の中にも、いろんな会社がありますが、コンテンツマーケティングにとって大切な、質の良いコンテンツを提供してくれる会社を選ぶのは、大切なポイントです。コンテンツ制作会社に依頼すれば、その分の手間は省け、他のことに時間を使えるのは大きなメリットです。しかし、コンテンツマーケティングの結果は、出るまでに時間がかかります。必ずしも成果が上がるという保証が無いのは、デメリットと言えるでしょう。

SEOツールの会社

ツールによって、SEOを支援してくれる会社もあります。SEOツールは作業時間を削減できるだけでなく、サイトの検索結果やSEO施策として、さまざまな企業のWebサイトに採用されています。コストパフォーマンスが良く、集客を長時間効果的に上げてくれる所がメリットです。しかし使い慣れるまでに時間がかかる場合もあるため、即効性や短期的なコストに弱い所はデメリットといえるでしょう。

外部リンク会社

外部リンク会社は、デメリットが大きいようです。SEO会社には「外部リンク会社」という会社もあります。多くのサイトからリンクを貰い、それが問題となり、逆に検索から外されてしまう場合がありトラブルの原因にもなっています。外部リンクとは自分のWebサイトと外部のWebサイトをリンクで繋げますが、リンクの中には質の良くないものもあります。SEO施策としては、上位に上がる可能性も現在は低くなっているようです。

 

SEO会社への費用はどれくらいが適正なのか

SEOの費用は、会社によって異なるので、SEO会社の選び方でのポイントとも言えます。固定費用としては、コンサルティングを全て任せる場合と解析のみを行う場合でも異なり、30万円程度かかる場合もあります。会社にあったプランを選べるのはメリットですが、固定費用がかかるのはデメリットといえます。成果報酬は、検索上位に上がるまではコストがかからないのがメリットです。しかし、どのような方法で対策を行っているのかを公表されていない所がデメリットといえます。費用は、売上により変化するため明確な価格はないでしょう。

 

正直SEO会社は胡散臭いと思っている方へ

SEO会社は、何をやってくれているのか分からず値段の整合性も分かりづらいとも言われています。SEO施策の依頼をしたいが、どの会社が良いのか分からず、SEO会社を選ぶのに迷ってしまうこともあるでしょう。また、どれだけの成果があるのか、値段は適切なのか判断基準もあやふやな感じもあります。

 

騙されないためのSEO会社の選び方

しっかりと成果が出て、納得ができる会社を選ぶ方法を考えましょう。集客を高めるために、SEO施策を導入している企業も多いことでしょう。自分で行うよりも、SEO会社に依頼することで効果が上がることを期待できるのではないでしょうか。悪質な業者に依頼してしまうと、逆効果になるばかりか大変な問題を起こすことになるかもしれません。ここからは、騙されないSEO会社の選び方をご紹介します。

外部リンクなどGoogleのガイドラインに違反する行為をすすめてこない

Googleのガイドラインは、SEOの基準になっています。Googleはガイドラインを公開していて、サイト運営者のSEO教科書の様な役割をしています。ガイドライン違反はペナルティを受けてしまいます。そのため、外部リンクなどペナルティ対象になる行為を行うと検索順位は上がらなくなってしまうのです。直ぐに成果がでるという会社の場合は、Googleのガイドライン違反を疑ってみましょう。

絶対上がりますなどとありえないことを言わない

リスクもちゃんと話してくれる業者を選ぶのは、SEO会社の選び方のコツです。SEO施策には、最低でも1カ月は様子を見る時間を必要とします。また、「成果の定義」も業者によって異なるので、注意しましょう。また、会社とSEOツールの相性などもあり、絶対成果が上がりますという保証がないのはSEO施策のデメリットとも言えます。そのため、長期的な目で見て成果を上げている業者を選ぶ方が良いでしょう。依頼する場合は、しっかりと依頼するSEO会社を調べておきましょう。

ブランディングまで意識したサイト制作を行う

ブランディング(branding)とは、顧客への価値を高めて共感していくマーケティングの方法です。自社のWebサイトを制作するときに、ブランディングサイトとして高めて制作しておきましょう。SEO会社に依頼して検索から流れてきた人が、そのまま顧客となるためには大切なポイントです。その上で、SEO会社の選び方を考慮して会社を選ぶことで、失敗を減らすことが可能になるでしょう。

事例はのっているか

成功事例を挙げているSEO会社を選ぶのがポイントです。外部リンクは即効性があり、直ぐに成果が上がる可能性がありますが、Googleガイドラインペナルティとなり長くは続きません。SEO施策は直ぐに結果が出るものではなく、時間をかけて安定した効果を持続するように対策していくものです。事前に業者の情報を調べて、どのような成功実績があるのか把握しておきましょう。

自社をしっかり理解してくれるのか

営業担当に、自社を理解しているのか聞いてみましょう。SEO会社の解約理由には「自社を理解してくれていない」という事があげられています。自社をどうやって理解しているのかを、営業担当者に聞いてみましょう。成果が上がらない場合、会社の依頼や提案を理解していないケースもあります。後々、自社に合っていなかったということにならないためにも、しっかりとした話し合いが必要になるでしょう。

未知株式会社へご相談を

SEOで迷ったら、未知株式会社へ相談してみましょう。未知株式会社は2017年に設立されたばかりですが、様々な企業の支援をしてきた会社です。1人でも多くのポテンシャルを持った人を成功させるべく、日々邁進しています。テーマに基づいたWebマーケティングの事業を行ない、集客やサービス拡大をサポートしています。ノウハウを蓄積して検索エンジンの傾向分析を実施し、コンテンツを通して企業とユーザーをサポートしているのです。

コンテンツマーケティングにお困りなら

未知株式会社では、100社以上のコンテンツマーケティングをお手伝いさせていただいております。
コンテンツマーケティング始めたいけど始め方がわからない
コンテンツマーケティング自社で初めてみたけど効果が出ない
上記に当てはまる方は是非ご相談くださいね。