<?php echo get_the_title(); ?>

2019.06.23

WEBマーケティングの課題解決

あなたは知ってる?オウンドメディアとブログの違い

最近、オウンドメディア、オウンドメディアってよく聞くけど、 いまホームページで更新しているブログとは何が違うの?って思っている方いませんか? 確かに「コンテンツマーケティング」という点ではどちらも同じです。 サイト内のブ […]

最近、オウンドメディア、オウンドメディアってよく聞くけど、
いまホームページで更新しているブログとは何が違うの?って思っている方いませんか?
確かに「コンテンツマーケティング」という点ではどちらも同じです。
サイト内のブログを更新して情報発信することとオウンドメディアを立ち上げることの違いを解説します。

 

目次

書ける内容が違う!


 
オウンドメディアとサイト内のブログでは書ける内容が違います。
例えば、あなたが英語教材の販売の会社に所属していて会社のサイトの中でブログの更新を任されているとします。
ブログの内容は「こういう勉強をしたい人にうちの教材がこんな風に役に立ちますよ!」と自社の製品を紹介したりする記事を書き、自社の教材を記事内で紹介をして広告として活用をします。
では、その記事の中で、他社の教材の話はできますか?
英語の教材を探している人はきっと留学などにも興味がありそうです。他社のサービスである留学エージェントの話ってできますか?
 
おそらく難しいですよね。自社のサイト内であれば、書けることが限られてしまうんです。
自社サービスの話しか基本的にできません。他社の話になるとぼんやりにごすか、曖昧に書くしかないでしょう。
「留学という手もあるので留学エージェントを探してみてくださいね!」とか書かれていてもユーザーからしたら「そりゃそうだろ」と思わざるを得ないです。
そこでおすすめの留学エージェントがリンクつきでどういう点でおすすめか書いてあったりしたらそれはユーザーにとって役に立つコンテンツになります。
 
最初のうちは、自社のサービスに関連するキーワードだけ書いていても問題ないと思います。
しかし、記事を書き続けるうちにネタ切れを起こすのは間違いありません。自社のサービスに関連するキーワードでしか記事が書けないということは、自社のサービスに関連するキーワードでしか記事が作成できず、サイトへの流入が狙えないということです。
ということは、流入数もきっと頭打ちを迎えるでしょう。
 
一方、オウンドメディアであれば、第三者的なスタンスをとることができますし、何より「メディア」であるため方針さえずれなければ基本的には何を書いても問題はありません。
英語教材を最終的に売りたい、と考えた場合、「英語」に興味のある人を広く集客できれば
最初は「留学行きたい」と思っていた人もあなたの会社の教材を知ることによって「この教材なら留学行かなくても同等の英語力が得られるかも」と思わせることができたり、
競合にあたる教材の紹介はさすがに難しいでしょうが、あなたの会社の教材が中級者向けでビジネスよりの教材であれば
他社の子供向けの教材や、英会話を基礎からやりたい人のための教材は紹介できるようになるでしょう。
そうすることで掲載されている英語に関する情報の網羅性が上がり、メディアとして信頼がおけるとGoogleからもユーザーからも評価を受けるのは間違いありません。

 

効果が出る速度が違う!


 
すでにあるホームページ内に掲載する記事と、新規ドメインで作ったオウンドメディアでは効果の出る速度が違います。
ホームページ内に掲載した方が早くGoogleに認識され、上位表示にもそんなに時間はかかりません。
これにはGoogleのクローラーが関係していますが、その前にちょっとサンドイッチの話をしましょう。
 
あなたがいままでにない全く新しいサンドイッチを開発し、それを売ることにしました。
モスバーガーの新メニューとして売ってもらうのと、路面に新しく専門のお店をたてて売るのと
どっちが先に売れそうですか?
たぶんモスバーガーでしょうね。なぜならすでにモスバーガーには一定の客数がいて、
その人達に新メニューとして目に入るからです。
でも路面のお店なら、まず「お店ができたよー」っていうことを知ってもらうのに時間がかかるし、
知ってもらったところでお店に入ってくれるかどうかはわからないからです。
 
ただこれは短期的な話で、3年後はわからないです。
あなたの新しいサンドイッチがすごく流行って毎日お店には大行列かもしれないです。
一方モスバーガーの新メニューの場合はあくまで「モスバーガーのメニューの一部」なので初速の売れ行きは結構いいでしょうが
3年後となると正直そこまで伸びないのではないでしょうか。
 
と、同じことがコンテンツにもいえます。
すでにあるホームページがモスバーガー、新しいドメインのオウンドメディアが路面のサンドイッチ屋さんです。
 
すでにあるホームページであれば、Googleのクローラーが定期的に循環するシステムがありますから、
記事を新しく作ってもすぐに認識されるでしょう。ところが新規ドメインのサイトの記事は、Googleクローラーの訪問頻度も定まってはおらず
すぐに見てくれるかも微妙です。そのため、上位表示が遅くなることも十分にあるでしょう。

 

結局どっちを選べばいいのか

何を書くのか、どのくらいで結果を出すのか、だと思います。
自社のサービスのことだけかければ良いのであれば、ホームページの中で十分でしょう。
半年以内になんとか結果を出したいのであった場合もホームページの中で一旦始めるのがいいと思います。
しかし、中長期的にどっしり腰をすえてやるつもりがあって(それだけの予算が確保できて)
自社サービスに関連するキーワードで広く流入を獲得していきたいのであれば、新規ドメインでのオウンドメディア立ち上げをおすすめします。

注目キーワード