<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2020.08.05 / 最終更新日 :

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングの目的とは?得られる効果も解説

コンテンツマーケティングの重要性が高まっており、コンテンツマーケティングを行う企業は多いです。また、コンテンツマーケティングを行うことで、いろいろな効果を得ることができます。その効果を目的にコンテンツマーケティングを行う企業もあります。

この記事は約5分で読み終わります。

コンテンツマーケティングの目的とは

近年では、コンテンツマーケティングの重要性が高まっており、多くの企業が導入をしたり、導入の検討をしています。

コンテンツマーケティングとは、コンテンツを制作し、発信することで、顕在層と潜在層に広く認知してもらい、自社の商品やサービスなどの利用へ誘導して、ファン層を獲得していくマーケティング手法の1つです。

コンテンツマーケティングの目的

コンテンツマーケティングの最終的な目的は、自社の商品やサービスなどを利用してもらい、ファンとなってもらうことです。そのためにも、コンテンツマーケティングで発信する情報は質の良いものである必要があります。

また、良質なコンテンツを発信し続けることで、ファンとなったユーザーはそのコンテンツを拡散してくれることが期待できます。情報が拡散することで、新たな顧客の獲得にも繋がっていきます。

なぜ今コンテンツマーケティングが注目されているのか

コンテンツマーケティングの重要性は高まっています。これは、テレビCMのようなマス広告やリスティング広告といった「売り込み型」のマーケティング手法が限界を迎えてきているためです。

これらのマーケティング手法でも、目的とする効果が得られないということはありません。しかし、今ではネットが普及したことにより、ユーザーが得られる情報量は格段に増えました。

そのため、10数秒のテレビCMや、スペースが限られた雑誌広告などを活用するよりも、企業はコンテンツを所有した方が、商品情報だけでなく、その他のユーザーが求める情報も発信することでできます。

 

コンテンツマーケティングの目的を得るための効果

コンテンツマーケティングの目的はユーザーに認知をしてもらい、ファンとなってもらうことです。しかし、コンテンツマーケティングではその最終的な目的を得るための過程で、いろいろな効果が得られています。

潜在層へのアプローチができる

市場には「商品の購入を考えている顕在層」、「商品の比較段階にいる純顕在層」、「購入を特に考えていない潜在層」があります。

顕在層はすでに自社のことを認知していますが、純顕在層は自社のことを認知していない可能性があります。また、潜在層には認知をされていません。

顕在層よりも、純顕在層と潜在層の数の方が圧倒的に多いため、これらの層に対してアプローチをすることで、新たな顧客の獲得をすることができます。

そのアプローチの方法として有効な手法の1つがコンテンツマーケティングとなります。コンテンツでは、発信することで顧客を育てることができ、潜在層が気づいていないニーズを掘り起こすことも目的となります。

長期的にユーザーの流入ができる

サイトのコンテンツを製作した場合、更新を休止したとしても、そのコンテンツやサイトから集めた顧客情報などは消えることがないので資産として残していくことができます。

特に、サイトの場合はネット上に残り続けるため、SEO対策ができていれば長期的なユーザーの流入が期待できます。

また、掲載期間が決まった広告と違って、自社で製作したメディアとなるため、広告費の削減にもなります。

ブランディング効果がある

コンテンツマーケティングでは、質の良いコンテンツを提供し続けることで、ファンとなったユーザーは定期的にコンテンツを利用してくれ、また情報を拡散してくれることも期待できます。

特に、ユーザーがSNSで情報を拡散してくれた場合は、SNSは拡散力が高いため、SNSを通じて新たなユーザーを獲得することも期待できます。そのため、コンテンツとSNSの関係性を高めておくことも重要です。

 

コンテンツマーケティングの課題

コンテンツマーケティングは新たなユーザーの獲得や潜在層へのアプローチ、ブランディングなどのいろいろな効果があり、これらの効果を目的に多くの企業で活用されています。

しかし、コンテンツマーケティングも万能なマーケティング手法というわけではないため、導入する場合にはいくつかの課題をクリアする必要があります。

すぐに効果がでるものではない

コンテンツマーケティングの場合は、まずコンテンツを育てる必要があるので、テレビCMや雑誌広告などと比べると、即効性のあるマーケティング手法ではありません。

特に、サイトの場合は立ち上げたばかりであれば、SEO対策をしてもうまく検索エンジンの検索結果で上位表示されないこともあります。しかし、結果が出ない時期でも、良質なコンテンツを継続しておかないとコンテンツが育ちません。

そのため、即効性が目的であればペイドメディアを活用し、長期的なマーケティングを行っていくことが目的であればオウンドメディアでコンテンツを育てていくように、使い分けをしましょう。

費用対効果が見えにくい

コンテンツとしてサイトを製作、発信した場合はPV数やUU数などのデータでサイトの評価を行うことはできます。しかし、コンテンツを利用した人が、実際にどのくらい作品やサービスの利用に至ったか、情報は拡散してくれたのかなどの効果が明確に見えるわけではありません。

コンテンツの効果測定は不可能ではありませんが、専門の知識を持った人材が必要でもあります。そのため、手軽に費用対効果が確認できないため、コンテンツマーケティングを行うことで、得たい効果がある場合は、その目的の効果を得るための戦略を準備しておく必要があります。

コンテンツマーケティングにお困りなら

未知株式会社では、100社以上のコンテンツマーケティングをお手伝いさせていただいております。
コンテンツマーケティング始めたいけど始め方がわからない
コンテンツマーケティング自社で初めてみたけど効果が出ない
上記に当てはまる方は是非ご相談くださいね。