<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2020.08.05 / 最終更新日 :

ブランディング

ブランディングをオンラインで行う際の始め方と注意点

ネットの普及により、Webブランディングの重要性は高まっています。Webブランディングとは、ブランディングをサイトやツールなどを使って、オンライン上で行うことです。また、そのオンラインブランディングにはいろいろな方法があります。

この記事は約4分で読み終わります。

オンラインでブランディングをする理由とは?

ネットの普及により、Webブランディングの重要性は高まっています。Webブランディングとは、ブランディングをサイトやツールなどを使って、オンライン上で行うことです。

オンラインでブランディングをすることで、多くの人に情報を拡散したり、会員登録やメールマガジン、チャット、問い合わせなどの機能によって顧客のデータを収集したり、コミュニケーションを取ったりすることができます。

 

 

オンラインブランディングの方法

オンラインブランディングといっても、その方法はいくつかあるのでブランディングする会社や商品、サービスなどに適した方法を選ぶ必要があります。

また、それぞれの方法には、メリットとデメリットがあるので、事前にそれらを把握しておくことも重要になります。

では、オンラインブランディングの方法とメリット・デメリットを事例とともに見ていきましょう。

SNS

SNSが普及したことで、オンラインブランディングでSNSを活用することの重要性も高まっています。

SNSの活用方法は自社ページを作り投稿をすることです。SNSでは多くのユーザーがいるため、情報の拡散が非常に早いです。

また、メリットはオウンドメディアや商品、サービスの利用などへ誘導ができたり、その広告費を抑えることもできます。オンラインブランディングの強みである効果の可視化も可能でしょう。

ただし、デメリットとしてSNSでは悪い情報の拡散も早いため、発信する情報には注意しないと、炎上のリスクもあります。もし、その情報が誤りであったとしても、拡散してしまった情報を修正することが難しいです。

特にSNSで怖いのは、企業が発信した情報ではなく、従業員の不適切な投稿によって企業の信頼を大きく落としてしまう可能性もあるということです。実際に、不適切な投稿がニュースで取り上げられ、大きな損害を負った企業の事例もあります。

SEO

SEO対策では検索エンジンから検索したときに、検索結果の上位にサイトが表示されるようにします。そのメリットは、検索結果が上位表示されることで、ユーザーがサイトに訪問する可能性を高めることができます。

他にも、上位表示されていることでユーザーに信頼感を与えたり、安定的な集客を維持できるなどの効果も期待できるでしょう。

ただし、デメリットとしてSEO対策をしてもすぐにその効果が反映されるわけではないので、効果が確認できるまで時間がかかります。

また、過去には費用をかけてSEO対策をしても、検索エンジンのアルゴリズムが変わってしまうと、表示順位が変化してしまったという事例もあります。

SEO対策にはキーワードの選定や使い方、コンテンツの質や量など、いくつかの方法があります。実際に検索エンジンで上位表示されるサイトはどれも見やすく、検索したキーワードに沿った内容のものが多く表示されています。

広告

オンラインブランディングではオンライン上に広告を出すという方法もあります。テレビや雑誌などでの広告では、番組の視聴率や雑誌の販売部数などはわかっても、そこで放送されたCMや雑誌の広告を実際に見た人の数などは正確に把握することはできません。

しかし、オンラインブランディングでオンライン上に広告を出した場合は、広告の表示回数やクリック数などによって効果を把握することができるというメリットがあります。また、ターゲット層を絞ったり、費用が薄いと感じればすぐに止められるなど柔軟な対応もできます。

ただし、デメリットとしてオンライン広告は仕組みが複雑で、いつ、どこで、どのように掲載されているか把握できない場合もあります。そのため、評判の悪いサイトで広告表示をされてしまい、広告主の評判まで落ちてしまったという事例もあります。

動画

オンラインブランディングでは動画によって、会社や商品、サービスなどを紹介するという方法もあります。

動画であれば、テキストや画像よりも情報がユーザーに伝わりやすいというメリットがあります。また、SNSや動画サービスなどにアップすることで、情報を早く拡散できるというメリットもあります。

ただし、デメリットとして今ではクオリティの高い動画が多くアップされているため、簡単に作った動画では観てもらえない可能性も高いでしょう。また、しっかりした動画を作成しようと製作会社に依頼をすると、大きな費用がかかってしまいます。

しかし、製作会社に動画を作ってもらい、テレビCMでショートバージョンを流し、続きをホームページで観られるようにしてユーザーを誘導したり、YouTuberや有名人などに案件依頼をしたりなど、費用をかけても、それに見合った効果が得られたという企業も事例として多くあります。

ブランディングを始めたいなら

未知株式会社では、10年以上のWEBマーケティングの知見を活かしブランディングのお手伝いをさせていただいております。
オンラインでのブランディングに苦戦している
・自社の魅力を存分に外部に伝える方法
を知りたい!という方は是非お気軽にご相談ください。