エン婚活エージェント株式会社

本質的な情報を届けることで、目先の売上だけではなく、その先の業界変革も。

案件概要

圧倒的低価格で1年以内の成婚を実現する、来店不要のオンライン結婚相談所を運営しているエン婚活エージェント株式会社では、「Clemari(クレマリ)」を通して、結婚相談所に興味がある方に向けて情報発信を行っております。未知株式会社(以後、未知)ではパートナーとしてコンテンツ制作をサポートさせていただいております。 エン婚活エージェント株式会社でClemariを担当されている間宮さま(以下、敬称略)にサービスやメディア運営のお話をお伺いしました。(インタビュアー:未知株式会社 佐藤)

Clemari(クレマリ) Produce by エン婚活エージェント|エン婚活エージェント株式会社

https://en-konkatsu.com/media/

解決したい課題

施策

目次

コンテンツマーケティングを始めたきっかけは認知拡大とリード獲得

澤田:

弊社がサポートに入る前からメディアを運用されていましたが、どのようなメディアだったのですか。

間宮:

あまり運用しきれていなかったのが実情だったのですが、2つありまして、1つ目が「こいとり」という恋愛系メディアを2016年8月から運用してました。もう一つがエン婚活エージェントのサイト内のコラムです。こちらは現在、御社と一緒につくっているClemariと一緒になりましたが、運用し始めたのは2017年くらいからですかね。

澤田:

早い時期からコンテンツマーケティングを導入されていたんですね。そんな早くから御社でコンテンツマーケティングをした目的はなんでしょうか。

間宮:

結婚相談所の登竜門としてエン婚活エージェントの認知拡大とリード獲得の2つですね。もともとコンテンツマーケティングには興味があって。リスティング広告って出せば出すほどリードは獲得できるけれど、効率が悪いなと感じていたんです。でも、コンテンツマーケティングなら広告費を削減しつつ、資産になるから面白そうだなと思って自社でも取り組んでいたんです。

澤田:

たしかにリスティング広告だと顕在層を獲得できて、売上に繋がりやすい傾向はありますけれど、年々広告費が高騰していたり、効率が悪かったりしますよね。ただ、未知がサポートに入る前は、自社でコラムを書いたり、メディアを運用したりするのは大変ではなかったですか?

間宮:

そうですね。ライティングは外注でしたが、ディレクションは自社でやってました。今よりも工数がかかっていたのですが、あまり成果につながらず、更新を停止してしまいました。

業界、サービス理解に熱心に努めるスタンスと柔軟性が決め手

澤田:

どのようなタイミングで未知に依頼されたのでしょうか?

間宮:

更新を停止した後に、御社と話をする機会がありまして。以前から他社でコンテンツマーケティング事業の話を聞いていたのですが、御社の熱意や質の高さがいいなと思って発注しました。当時は、正直そんなやるつもりじゃなかったんですよね。笑というのも、コンテンツマーケティング施策は重要度は高いけど、緊急度は高くないと考えていて。また予算もとっていなかったんです。でも、熱心な会社だからやってもいいかなって思ったんです。

澤田:

未知と一緒にコンテンツ制作をすすめる中で良かった点はどこでしょうか。

間宮:

主に2つありますね。1つ目はスタンスです。ただ記事を書けばいいという量産型のコンテンツではなく、企業のことを理解した上で、記事を執筆してくれるんです。エン婚活エージェントが何を実現したいか、どういうサービスなのかを熱心に理解してくれるスタンスは特に良かったですね。代表である下方さんがスタンスや想いを語るのは当たり前ですが、社員さんもうちのことを熱心に理解しようと努めてくれて。おかげで、サービス理解が日に日に高くなり、企画のクオリティも向上しました。2つ目は急な変更にも柔軟に対応してくれるところですね。うちをサポートしてくれたのが木村さんなのですが、自社の価値観に沿うように文言の変更や戦略を考えて頂き、とても安心しました。まだ未知とコンテンツマーケティングを始めて半年ですが、今後はセッションだけではなく、導線設計も磨いてCVも狙っていきたいですね。

目指す先は結婚相談所業界の変革

澤田:

最後にClemariを通して実現してきたいことについて教えて頂けませんでしょうか。

間宮:

Clemariに限らずですが、私自身、結婚相談所業界を変革していきたいですね。結婚相談所と聞くと、「恥ずかしい」「怪しい」「高い」というネガティブなイメージを思い浮かべてしまう方が多々いますが、そんなイメージを変えていきたいです。広告だけに頼ってしまうと、いかにもお金をかけて集客しているな、とより怪しさを助長させてしまうので、それは嫌だったんです。しかも、コストがかなりかかり効率が悪くて。 でも、コンテンツマーケティングなら広告に依存しない、独自の集客ルートを確立することができるので効率的なんです。また、ある程度信用がある企業がコンテンツマーケティングで正しい情報を発信し続ければ、誤ったイメージを払拭できるんじゃないかと考えています。我々は、真剣に婚活するための出会いの手段として、当たり前に結婚相談所を利用してもらうというミッションの元、引き続きサポート関係を強固にできたらなと思っています。

まずは気軽に
お問い合わせください

コンテンツマーケティングや
その他のサービスに関するお問い合わせは
下記からお問い合わせください。

ALL WORK