記事の書き方がわからない!? ウェブマーケターが教えるライティング術

デジタルマーケティングコラム

ブログやライターのお仕事で記事を書いている、書きたいと思っている方で記事の書き方がいまいち分からないという方も多いのではないでしょうか。そんな方のために簡単に記事の書き方をご紹介していきます。

コンテンツ作成でお困りの方はこちら

記事を書く上で注意するべき点とは?


まず、記事を書いていく上で最低限注意をしなければならない事をご紹介します。

誤字脱字

どんなにいい記事やブログを書いていても見ているユーザーにとっては誤字脱字というのは、不快感や適当に書いているのでは?といった感情を抱かせてしまい最悪の場合記事を途中で読むのをやめてしまいます。
記事やブログを公開する前に徹底的に誤字脱字を修正しましょう。

記事内容に語弊や偏見はないか

記事の内容やブログの方向性にもよりますが、あまりに断定的であったり、偏見があるとユーザーにとっては気持ちのいいものではありません。ですので基本的には語弊を招かないような内容や言い回しで記事をライティングしていくことをおすすめします。とはいえ、そもそもの記事やブログが問題に言及するような内容であれば個人的な意見を取り入れる場合もありますので多くの方に見ていただくような記事の場合は上記のように断定はしないような書き方をしてみてください。

簡単ではありますが、基本的な事をやるだけでユーザーの完読率には大きく影響をしてきますのでしっかり基本的なところにミスがないかを確認をしていくと良い記事に近づいていきます。

記事のターゲットを決める


誰に見てほしいのかといった点で言い回しや方向性は大きく違います。
ですので、記事を書く前に「誰に対して書きたいのか」を明確にしましょう。
下記のリンクはターゲットを決める際の決め方などを書いてある記事なので参考にしてみてください。

コンテンツマーケティングのペルソナ設定についての記事はこちら

タイトルと目次の付け方


記事タイトルや目次・見出しというのは非常に重要です。タイトルと見出しで見られるか見られないかは左右されると言っても過言ではありませんので、どういったように決めるべきなのかをご紹介していきます。

タイトルの付け方

ユーザーに読みたいと思わす事、読みたい内容の記事であることを伝えるためにはタイトルは重要で、記事内容をしっかりと伝える内容を盛り込んだタイトル付けをしましょう。
ユーザーに伝えたい内容、知りたい内容を簡単に伝える為には、書いた記事、書く記事はどういった内容の記事なのかを考えていきます。

例えばこの記事は記事の書き方がわからない人に書いています。
タイトルは「記事の書き方がわからない?~」となっていますが、これが「タイトルや目次の付け方教えます!~」であれば書いてある内容は変わらなかったとしても書いてある内容がもっと狭く感じます。

というようにタイトルでユーザーを絞り込んでいないかなども確認が必要です。

目次・見出しの重要性

目次の重要性に関しては本を想像していただければお分かりになると思いますが、どういった内容を書いてあるのかという点を端的に伝えるものになるのでユーザーも記事の全体像を理解して読み進める事ができます。
ですので、特に長い記事(文字数が多い記事)を書く際は必ず設定しましょう。

上記でいった「どういった内容が書いてあるのか」といった点をユーザーに伝えるのに重要になってくるのが見出しになります。見出しは簡単に言えば小タイトルです。
ですので、タイトルの付け方と同じでパートに分けた時、「ここではこんな情報を知りたい」というユーザーに「書いてありますよ!」と伝わる内容で書きましょう。

まとめ

簡単ではありますが、記事の書き方をご紹介しました。
記事を書く上で文章が上手い、下手というよりもユーザーがなにを知りたいか、知りたい情報が書いてある事を示す
事が重要になってきます。個人ブログなどではともかく、社内でウェブサイトを作り、記事などを書かなくてはいけないなどの場合は上記の内容が重要になってきますのでお役に立つことができれば幸いです。

記事作成やコンテンツ作りなどデジタルマーケティングに関して、弊社は様々なノウハウを持って
いますので、何かご不明な点やご相談があればお気軽にお問合せください。

お問合せはこちら


RELATED POSTS関連記事