<?php echo get_the_title(); ?>

2019.04.21

ライティングの課題解決

【コンテンツマーケティング】ペルソナ設定でユーザーを明確に!

ペルソナ設定といった言葉をお聞きになったことはありますか?今回は実際にどういった場合で使用しているのか、どうい […]

ペルソナ設定といった言葉をお聞きになったことはありますか?今回は実際にどういった場合で使用しているのか、どういった場合に作成する必要があるのかなどを簡単にご紹介していきます。

目次

ペルソナ設定とは?


 
 
 
 
 
ペルソナ設定とは、簡単にご説明をすると架空の顧客像を設定をすること。売りたい相手、買ってほしい相手を想像し、できる限り詳細な情報まで絞り込みをする事でどんなユーザーであれば商品を購入するのかといった点を明確して商品をセールスできることに繋がっていくことになります。

ペルソナ設定のメリット


 
 
 
 
 
ペルソナ設定をする事で実際はどんなメリットがあるのかをどんな効果があるのかを簡単にご紹介します。

1.ユーザーファースト

例えば30代の女性と言っても、既婚か未婚かという事で生活スタイルや生活をする時間などが大きく変化してきます。より詳細に、30代女性で既婚、子供もいるといった具合に更に絞り込んで考えた場合、生活のスタイルや時間帯などを想像できてきませんか?
このように明確にターゲットであるユーザー像を設定していくことにより、どんな時間帯であれば時間があるのか、どういったサービスがあれば喜ばれるのかというユーザーの心境などを具体的にイメージをする事が可能になり、よりユーザーに寄り添ったサービスなどをする事ができます。

2.商品・商材の一貫性

同じ商品を開発をしているチームであっても30代といったくくりでそれぞれが考え、30歳の女性と39歳の女性を想像していてはどうしても認識や狙いにズレが生じてきてしまいます。そういったズレが商品や商材の一貫性の無さやブランディングなどに影響を出していく可能性すらあります。
ですが、ペルソナ設定を詳細に行っておくことで、認識のズレや商品・商材のブレといった部分も防ぐ事ができるでしょう。商品や商材の一貫性にも繋がっていき、チームの方向性にも相違が生まれにくくなります。

ペルソナ設定をしてみよう

1.ペルソナ設定に必要な必須項目

①基本情報(年齢、性別、居住地域、住居形態)
②職業
③生活パターン(1日の生活リズム)
④人間関係(配偶者、子供の有無、友人関係、家族構成など)
⑤収入・貯金
⑥趣味・興味
これらの項目を設定してペルソナとして設定する人物のストーリーを考えていくと価値観や行動のパターンなどが見えてくると思います。

2.ペルソナの作り方

1で紹介したような項目を設定していくためには会社の似たような人物や友人などを想像しながら作成をする事もありますが、対象にしたい世代などにアンケート等をとって統計的な数字から項目を埋めていく事もあります。ですがどちらも重要なのは現実にいるであろう架空の人物を作りあげる事です。大きな項目は決まっていると思いますので住居の情報や趣味などを深掘っていくとイメージがわきやすいと思います。
ペルソナの設定がまずはスタートラインになりますので、じっくりと時間をかけてチームで意見を出し合いながら作成をしていくことをおすすめします。

ユーザーニーズに応える

上記のように見えてきたターゲット層に調査や分析をしていくことによってより明確なペルソナになって行き、実在しているようなペルソナが出来上がります。そうするとユーザーが考えている事や隠れたニーズなどを発見する事ができ、より必要とされるサービスなどを打ち出すことができます。逆に自身の層をペルソナしているのではないかといった商品などを探し、そういった商品の戦略を見てみるとペルソナ設定の重要性や面白さなどを理解できるかと思いますので是非現在開発段階にある商品等があれば社内でペルソナ設定についてご検討してみてはいかがでしょうか。
今回は簡単にペルソナ設定についてお話をさせていただきました。弊社ではより詳細にペルソナ設定を行いコンテンツを作成しておりますので、何か疑問やご質問等ございましたらお気軽にお問合せください。

お問い合わせ・ご相談

注目キーワード