<?php echo get_the_title(); ?>

2019.08.26

ライティングの課題解決

読みやすい文章構成にするには?構成の種類と作成のコツ

皆さんは、文章の読みやすさは何で決まると思いますか?言葉選びや文章のテンポなども重要な要素ですが、それらよりも […]

皆さんは、文章の読みやすさは何で決まると思いますか?言葉選びや文章のテンポなども重要な要素ですが、それらよりも文章の読みやすさを左右するのが「構成」です。この記事では、構成の種類を解説するとともに、文章作成のコツをお伝えします。

目次

まずどんな文章構成があるのか確認しよう

文章構成とひと口に言っても、さまざまな種類があります。まずは代表的な4つの構成を押さえておきましょう。

四段構成(尾括構成)

四段構成(尾括構成)は、起・承・転・結の4つの要素を組み合わせる構成です。それぞれの要素を簡単に説明すると

起→話の導入
承→話の展開
転→話の転換
結→まとめ

となります。

三段構成

三段構成は、序論・本論・結論の3つの要素からなる構成です。

序論→話の導入
本論→自分の意見や主張
結論→序論・本論を受けてのまとめ

で構成します。

頭括構成

頭括構成は、最初に結論を述べる構成です。結論を述べた後で、それを裏付ける具体的な事例や説明を展開し、最後にまとめの文章を書きます。
主に新聞などで用いられることが多い構成で、誰が・いつ・どこで・なにを・どのようにといった情報をまとめやすい構成です。

双括構成

双括構成は、頭括構成と四段構成(尾括構成)を組み合わせた構成です。最初と最後に結論を述べます。
結論を最初に述べた後、具体的な事例や説明を述べ、最後に再度結論を提示するため、長い文章でも言いたいことがはっきり伝わりやすくなります。
長文はもちろん、商品の魅力を強くアピールする必要のある、商品紹介文などにも適している構成です。

文章の構成を作るうえで大切なこと

では、文章の構成を作るうえで大切なことはどんなことなのでしょうか?いくら文章の構成方法を知っていても、読者に伝わる文章が書けなければ、ライターとして活躍することが難しくなります。
文章の構成を作る際は、構成を作り始める前の準備が大切です。

記事のメインキーワードを決める

記事の構成を考えるときは、まず記事のメインキーワードを決めましょう。関連キーワードを取得するツールなどを利用して、記事の核となるキーワードを設定してください。
メインキーワードを決めるときは、次のツールが便利です。
関連キーワード取得ツール(仮名・β版)
キーワードは1つだけに絞らなくても構いません。記事のテイストや内容に合わせて、2~3個のサブキーワードを決めても良いでしょう。
キーワードを決めたら、SEOを意識しながら構成を決めていきます。
SEOに関する詳しい情報は、以下のページでご紹介しておりますので、気になる方はご覧ください。
⇒「SEO=コンテンツマーケティングと思っていませんか?正しいSEOとコンテンツマーケティングの知識

どういったターゲットが検索しそうか読みそうかを考える

構成を考えるときは、どんな人に読んでほしいのか・どんな人がアクセスしてきそうかも考えてください。
例えば、子どもを対象にしているのに難しい言葉や回りくどい構成で記事を書いては、伝わるものも伝わりません
ターゲットの名前や趣味・嗜好まで設定する必要はありませんが、最低限次の事は決めておくとスムーズに構成が作れます。

・年齢
・性別
・抱えている悩み
・興味があること
・記事からどんな情報を得たいのか

特に大切なのが、「記事からどんな情報を得たいのか」です。
ターゲットがどういった情報を欲しているかを明確に設定することで、よりわかりやすい構成を作ることができます。

文章の内容に合わせた文章構成でライティングを行う

文章の内容に合わせた文章構成を選んでライティングを行うのも大切です。
商品紹介文の場合は双括構成、自分の意見や主張を述べるコラムなら頭括構成、情報提供なら四段構成や三段構成など、どういった目的の文章なのかを見極めて構成を選択しましょう。
ただし、一つの構成に囚われてはいけません
全体の構成は双括構成にしつつ、途中の具体例は三段構成で執筆するなど、複数の構成を組み合わせて使うことで文章に厚みが出て、より濃い内容の記事になります。

まとめ

文章の読みやすさは、構成が決めると言っても過言ではありません。よりわかりやすく読みやすい文章を書きたいのであれば、ぜひ、以下のページも参考にしてみてください。
⇒「コラムって何!?WEBライティングの悩み、今解決しときましょ!
また、実際にライティングのお仕事をしてみたいという方は、一度弊社にお問い合わせください。随時ライター様からのご応募お待ちしております!

注目キーワード