<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2020.08.05 / 最終更新日 :

コンテンツマーケティング

コンテンツライティングとは?魅力的なコンテンツを作るためには

Web上にはすでに数多くのコンテンツが存在しています。そのため、多くの人にサイトを訪問してもらって、記事を読んでもらうためにはサイトの記事は単に情報の質や内容を充実させるだけでなく、コンテンツライティングの手法が必要となります。

この記事は約6分で読み終わります。

コンテンツライティングとは

オウンドメディアとしてサイトを所有する企業は増えています。そのサイトの内容を充実させて質を向上させたり、顧客の興味を惹きつけたりなどするためにも、記事の更新や修正が必要となります。

しかし、Web上にはすでに数多くのコンテンツが存在するため、多くの人にサイトを訪問してもらい、記事を読んでもらうためにはサイトの記事は単に情報の質や内容を充実させるだけではいけません。

そのため、コンテンツライティングの手法が必要となります。コンテンツライティングとは、記事は他のサイトと被らず、独自性のあるコンテンツを執筆して、ユーザーのニーズに基づいた情報を提供するためのライティングの手法の1つです。

 

コンテンツライティング基本の進め方

情報を充実させても多くの人にサイトを訪問してもらい、記事を読んでもらえるとは限りません。多くの人に記事を読んでもらうためには、コンテンツライティングの手法が必要となります。

コンテンツライティングではWeb上で閲覧されることを意識して記事を書く必要があり、またいくつかの基本ステップがあります。

その中にはコンテンツライティングであることや、Web上で閲覧されるからこそ必要な工程も含まれています。

ターゲットを決める

コンテンツを立ち上げる際には、そのコンテンツはどのようなニーズを持った人に読んでもらいたいのか、ターゲットを明確にしておく必要があります。もし、ターゲットが明確化できていないと、コンテンツの内容がブレてしまうことがあります。

また、そのターゲットがどのようにしてコンテンツを認知し、どのような流れでコンテンツの利用にまで至ったのかを想定して、より多くの人にコンテンツを利用してもらうための戦略を立てる必要があります。

そのためにはペルソナの設定が必要となります。ペルソナとは、年齢層や性別、趣味、職業、家族構成、性格など、できるだけ詳細な情報を設定したターゲット像のことです。

ペルソナに詳細な情報を設定することで、より具体的にコンテンツ利用までの流れをイメージできるようになり、戦略も立てやすくなります。

対策キーワードを調べる

Webで情報を探す際には検索エンジンを利用するというユーザーが多いです。そのため、検索エンジンでの検索にかかるようにユーザーが調べそうなキーワードを調査し、コンテンツの内容がブレないようにそのキーワードをうまく盛り込んでいく必要があります。

キーワードの調査にはいろいろなツールがあるので活用すると良いでしょう。また、そのキーワードをタイトルや見出しに含ませたり、記事内での使用回数を増やすことは、SEO対策にも繋がります。

特に、タイトルは省略されて表示されるので28文字前後にしておくことが良いとされています。

情報収集をする

自社が所有するサイトであれば記事の内容は自由です。しかし、自由に記事が書けるからとライター目線だけでの感想や思い込みによる情報などを書いてしまうとユーザーのニーズを満たすコンテンツを作ることはできません。

ライター目線で感想や意見が受け入れられるのは、評論家や専門家などのその分野においての高度な知識を持った人の記事です。また、思い込みでは情報の正確性が保たれておらず、ユーザーの求める情報を提供することはできません。

そのため、コンテンツライティングでは情報収集をする際に、その情報の質や正確性が重要となります。

構成を考える

文章を構成する場合にはよく「起承転結」という流れが意識されます。しかし、コンテンツの場合はユーザーが求める情報をすぐに見つけることができなければ他のサイトへ移動されたり、記事はスクロールしながら読むので文章量が把握しにくいなどの特徴があります。

そのため、ユーザーの注意を惹きつけて興味を持ってもらうためにも、コンテンツライティングではまず最初に結論を書きます。そして、その結論となる根拠を説明し、最後はユーザーが根拠を理解した状態で、再び結論でまとめることがユーザーにとってわかりやすい構成となります。

また、コンテンツでは基本的に記事を縦にスクロールして読むことが多いため、見出しや段落分けで視覚的に見やすくしたり、必要な情報がどの辺りにあるかをわかりやすくするためにタイトルや見出しの付け方をするなどの工夫も必要となります。

執筆する

Web上には非常に多くのコンテンツで溢れています。そのため、必要な情報がどこにあるのかわからなかったり、読みにくかったりなどすると、ユーザーはすぐに別のサイトに移動してしまうという可能性があります。

そのため、コンテンツライティングではタイトルや見出しの付け方や、わかりやすい構成、短時間で読める適切なボリュームなどを意識する必要があります。

また、ユーザーが記事を読んでいて違和感や読みにくさを感じないように、同じ語尾を繰り返さない、適切に改行を使う、表記ゆれしないなどを意識する必要もあります。

あえて同じ語尾を繰り返したり、表現を切り替えるなどのユーザーに印象を与えるテクニックを使うことはありますが、無理にこれらのテクニックを使うと逆に読みにくい記事となってしまうので注意しましょう。

推敲する

コンテンツライティングではWeb上で閲覧されるということを意識する必要があります。特に、見やすく読みやすい構成、語尾の統一や表記ゆれなどでユーザーに違和感を与えないことは重要です。

 

コンテンツライティングをする際のポイント

コンテンツライティングではユーザーに利用してもらうために、多くのことを意識する必要があります。また、その中でも特に意識しておくべきポイントがいくつかあります。

これらのポイントが把握できていないと、コンテンツから思うような結果が得られなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

SEOを意識しすぎない

SEO対策によってコンテンツを成長させていくことは非常に重要です。しかし、SEOを意識しすぎて、キーワードを無理に盛り込みすぎてしまうことは、文章を不自然にして読みにくくしてしまう原因となってしまいます。

また、記事の質が下がってしまうことでSEOとしては逆効果になってしまったり、ユーザーにも記事を読んでもらえないなどのことが起こってしまう可能性があります。そのため、キーワードは文章が不自然にならないよう適切な使用回数を守りましょう。

ユーザーの共感を呼び寄せる

コンテンツはユーザーに利用してもらうために、ユーザーにとってニーズを満たす必要があります。そのため、ライターはユーザーの気持ちとなり、ニーズに応えるようなコンテンツを作成する必要があります。

ユーザーのためにコンテンツライティングを行うことで、読みやすくわかりやすい構成にしたり、違和感のない文章を書くなどの意識をすることができます。

しかし、コンテンツでは自社の商品やサービスの購買に結びつけるという目的を持っている場合もあります。そのような場合はユーザーの気持ちを無視して、自社の自慢や商品とサービスの紹介ばかりとならないように注意する必要があります。

商品やサービスの紹介ばかりしてしまうと、ライターが自分の感想ばかりを書いている場合と似た状況になり、ユーザーが他のサイトへ移動してしまう可能性があります。

このような状況を避けて、ユーザーのニーズに応えながら自社の商品やサービスを売り込むことは知識や経験、技術などが必要となるため、対応ができなくて困っているという企業は多くあります。

もし、コンテンツを活用してのブランディングでお困りの方は、ぜひ未知ブランディングメディアにご相談ください。

コンテンツマーケティングにお困りなら

未知株式会社では、100社以上のコンテンツマーケティングをお手伝いさせていただいております。
コンテンツマーケティング始めたいけど始め方がわからない
コンテンツマーケティング自社で初めてみたけど効果が出ない
上記に当てはまる方は是非ご相談くださいね。