<?php echo get_the_title(); ?>

2018.04.29

ライティングの課題解決

【バズる記事の書き方】バズるコンテンツには法則がある!

  SNSで話題になっている「バズる」という言葉を聞きませんか。いったいバズるって何なの?と疑問に感じていたり、中には私もバズる記事を書きたい!バズマーケティングで一発成功したいな。と思ったりしている方も多いの […]

 
SNSで話題になっている「バズる」という言葉を聞きませんか。いったいバズるって何なの?と疑問に感じていたり、中には私もバズる記事を書きたい!バズマーケティングで一発成功したいな。と思ったりしている方も多いのではないでしょうか?
バズる記事の書き方にはコツがあるようなんです。
今回はそんな「バズる」記事について詳しくご紹介していきます。

目次

そもそも「バズる」とは?

バズるの語源は英語の「buzz」が発祥で、口コミや人の噂といった意味で使われています。また、マーケティング用語でも使われているのです。
「バズる」というのはマーケティング用語の「buzz」を崩して使われたといわれています。なんだか面白そう!と一瞬のうちにネット上でたくさんのユーザーが拡散して、話題になっている状態のことをバズるといいます。自分の記事が一気にシェアされたり、多くの人に見られたりするってなんだか嬉しいですよね。

「バズる」と「炎上」の違い

しかし、瞬間的に話題になった記事がすべてバズってるの?と言われればそうではありません。悪いイメージで瞬間的に拡散されるものは「炎上」と言います。今では、炎上マーケティングや炎上商法といった手法もありますが、怒りの感情が高く、批判や反感などで注目を集めてネガティブな印象がついてしまいます。
逆にバズるというのは好意的な良い意味で話題になっているときに使用されます。そのため、マーケティングの手法としてもかなり有効で商品の購入やブランドを認知してもらえることにも繋がっていきます。
さて、バズるの意味も理解してきたところで、次は実際にバズる記事の書き方についてみていきましょう!

バズる記事の書き方

バズる記事の作り方や重要なポイントを知って、自分の商品やブランドを認知してもらいたいと思っている人も多いのではないでしょうか。バズってる記事に特徴やテクニックは存在します。
ここではバズる記事を作成するための3つのポイントに着目しました。ぜひ参考にしてみて下さい。

①知らなかった!と思わせる記事はバズる

どこかで見たことあるような記事、内容というのは新鮮さがなく読み飛ばされる傾向にあるので、バズる記事にはなりません。そんなことがあったのか!誰かに知らせたい!と思わせられる記事が作成できれば、瞬く間に拡散される記事となります。

②ファーストビューにSNSへのシェアボタンを設けている

今や私たちにとって、SNSはなくてはならないものとなりました。Facebookやinstagramなど、若者をはじめ、最近では世代を問わず利用しています。
たくさんの人に短期間でシェアされればされるほど、その記事はバズります。自ら検索して記事を見つけたユーザーでもそのシェアボタンがあればシェアしようとし、なければそのまま。自分でコピーをして誰かに拡散しようとはしないものです。

③文章だけでなく記事内に写真や動画を載せる

文章だけでは、ユーザーは記事を読んでいても何の面白みもなく、すぐに離脱してしまいバズる記事ではなくなってしまいます。興味のそそる画像や動画を付け加えることで、ユーザーも飽きずに記事を読み、拡散することができるのです。
この3つのポイントを押さえればあなたもバズる記事が書けるかもしれません。
 

バズるコンテンツの法則


バズる記事の書き方を紹介してきましたが、記事に限らず、動画やSNSなどのコンテンツにはバズる法則があります。バズるコンテンツの法則は、作成したコンテンツがどんなユーザーの心に響くのか、が大切です。
バズるにはユーザーに「いいね」と思わせる必要がありますよね。その「いいね」はどのような感情で揺さぶられてのかを考えましょう。例えば、残り3分で大逆転をするサッカー試合の動画に興奮して「いいね、シェア」をしたのか、または災害時に必要になる避難セットの記事を見て、みんなに知らせるために「いいね、シェア」をしたのかなど、バズる法則はコンテンツの種類とユーザーを明確にすることです。次は、バズりやすいコンテンツの種類を紹介していきます。
 

感情に訴えるコンテンツ

喜怒哀楽に強い感情を訴えることでユーザーはシャアやいいねを押したくなります。先述したサッカーの動画、甲子園で負けた球児達の動画、泣ける老父夫婦の物語、流行りのリズムネタ芸人など見ていて、悲しくなったり楽しくなる感情系コンテンツはバズる確率が上がります。
また他にも、話題のトレンドに対してもバズる確率が高いです。例えば、年号が変わった後に令和を予想していた人がいた!などトレンドを扱ったコンテンツも感情を動かすことが出来るでしょう。

知識系のコンテンツ

生活やいざという時などの役に立つ知識系コンテンツもバズる確率が上がります。だれのために教えるコンテンツなのかを明確にさせ、尚且つトレンドとなっている話題をSNSに載せることでお役たち情報としてバズるでしょう。例えば、3桁同士の掛け算を簡単に解く動画、次いつくるかわからない津波に対しての避難情報などがあげられます。これらは比較的ユーザーを引き付けることが出来ます。
知識系コンテンツは悩みをもっている人をターゲットにしましょう。その悩みを解決させることでターゲットに対して印象に残りやすく、コンテンツ内で紹介されたサービスや商品の利用率があがります。例えば、ニキビに悩んでいる人に対してニキビ対策についてバズっているコンテンツがあると、コンテンツ内の対策方法は実践したくなります。
そのため、多くの企業が参入しているコンテンツの種類です。

バズる記事を戦略的に活用できる?


バズる記事について紹介してきましたが、コンテンツを用いた企業戦略を「コンテンツマーケティング」といいます。コンテンツを作成しブランディングと集客へと促します。しかし、簡単そうにみえてコンテンツマーケティングは膨大な時間と費用がかかってしまいます。
ノウハウがなく、よく起きることは、バズる記事を作ろうとして、何の効果も得られず時間と費用をつかってしまうことです。バズる記事を作ること自体はとても良いことですが、そこに目標をおいて記事を作成してしまうとユーザーに本当に届けたい情報よりも、ネタの見せ方に走ってしまいがちなんです。
そうやって作成したバズる記事は一過性のものになり、永続的にユーザーへ情報を届けられる記事ではなくなってしまいます。
コンテンツマーケティングでは、一過性というひとつの記事よりもサイトに記事を積み重ね、たくさんの人に有益な情報をずっと与え続ける役割があるので、バズる記事とは少し違うかもしれませんね。
ユーザーに価値のある情報を届けたいけど、どうすればいいかわからない…という方はぜひ未知株式会社にご相談ください!

まとめ

この記事では、バズる記事のポイントとコンテンツマーケティングとバズる記事の関係性についてご紹介してきました。
ここでご紹介したバズる記事の特徴やテクニックを活かしつつ、永続的にユーザーに届けられる内容の記事が作成できると、コンテンツマーケティングの成功に近づくでしょう。

注目キーワード