<?php echo get_the_title(); ?>

2018.08.12

ライティングの課題解決

記事を作成する際の注意点!書いちゃいけないことってあるの?

こんにちは、 最近会社で社長賞なんか取っちゃった糖質ダイエッターです。 たくさんの人に読んでいていただいてるみたいで糖質ダイエッターも嬉しいです! 今後もより万進していきますのでよろしくお願いします。 さて、日々コンテン […]

こんにちは、
最近会社で社長賞なんか取っちゃった糖質ダイエッターです。
たくさんの人に読んでいていただいてるみたいで糖質ダイエッターも嬉しいです!
今後もより万進していきますのでよろしくお願いします。
さて、日々コンテンツマーケティングに従事している人は、気にしなければいけないことって沢山ありますよね。
これは書いていいのか?使用していいのか?どう書いたらいいのか?など。
私もわからなくて、よく調べたりしています。
今回は、webに関する簡単な法律や決まりごとについて見ていきたいと思います。
(あくまでも8月12日時点での話となります。)

目次

やっぱり気になる薬機法


ECサイトやWEBからの流入が多い、化粧品やサプリ。どこまで踏み込んで書いていいのかめちゃめちゃ気になりますよね。
NGな記入例としては
絶対〇〇になる
必ず〇〇する
などといった断定表現です。
特に健康食品やサプリメントにおいては、断定表現の他にも、効果・効能に関する書き方は注意が必要です。
効果が出るのは人によって様々。こんなに効果がある!と書いても全員に出るとは限りません。
効果出なかった!と言われないように書き方には注意したいところです。

著作権に関する注意点


よく聞く著作権。WEBを取り扱う者にとっては難しいところですよね。
画像や動画、音楽、文章などたくさんのものに著作権はあります。
糖質ダイエッターも納品物をチェックしたり、Wordpressに上げる際に結構気をつけています。
そこで大切になってくるのは『引用』です。この記事にはこの画像がぴったりなのにー!使えないのー?
となること結構ありますよね。
使えないということはないんです。
ここのサイトから借りてきましたよーという内容をつけておけば、いったん法律上ではOKなのです。
出典:「出典元のサイトタイトル」
上記が引用タグになります。

WordPressの引用タグの使い方!リンク方法もご紹介


こちらなど参考にしていただけると良いと思います。

まとめ

今回は、簡単にWEBで気をつけなければいけない注意点について、ご紹介してきました。
コンテンツの施策は調べれば調べるほど奥深いです。細かいところになるともっともっと制約があるんだろうなーと思います。
日々勉強です!
こういった内容にも弊社は気をつけて執筆しています。どこに任すか決めかねている方。
ぜひ糖質ダイエッターまでお問い合わせください。

注目キーワード