<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2020.10.12 / 最終更新日 :

ブランディング

企業の認知度を向上させる方法5選!他社より優位に立つためには

企業の認知度が向上することによって、その企業にとってさまざまなメリットが得られます。今回はその認知度の向上させるための方法を5つのポイントに分けて紹介します。これにより他社に対してより優位な位置を築くことができるでしょう。是非参考にして下さい。

この記事は約7分で読み終わります。

認知度=知名度ではない

会社名などが世間にどの程度知られているかを表す指標として、知名度と認知度があります。このふたつの指標は似た意味ですが、実は知名度と認知度は異なります。

知名度とは、会社の商品やサービスの名前が世間にどのくらい知られているかということを表す指標です。一般的には、世間に会社名や商品名がどの程度知られているかを表す指標です。

一方、認知度とは会社や商品の中身について、それ自体が世間に理解されていることを示します。つまり、この会社の行っている事業の内容や、取り扱っている製品などを認識されている状態を表します。

よって、認知度は知名度よりも深く踏み込んで、その会社について理解された状態を示す指標ということです。さらに、この認知度を上げていくと、単に自社の名前だけではなく、自社の活動や得意分野などをより消費者に知られることに繋がります。

認知度の向上はこれらの価値により、自社への顧客の流入を促すことになります。つまり認知度の向上は、企業にとっては重要な目標のひとつだと言えるでしょう。

認知度向上のために

企業にとって認知度を向上させる重要性を確認したところで、実際にその認知度を向上させるためにはどのようにすればよいのでしょうか。今回は認知度向上のためのポイントを3つに分けて紹介します。

特に注意しておきたいのは、認知度は会社が必要としている顧客やターゲットに対して向上させて、はじめてその効果があるということです。

全く関係のない無数の相手に認知されるよりも、今後の取引の可能性がある特定の相手先に認知され、しっかりと自社について理解されることの方が、その効果は出やすくなります。

そこで認知度を向上させる前に、自社が狙っているターゲットは誰か、その相手先はどのような悩みやニーズがあるのかをしっかりと確認しましょう。

この事前準備なくして、認知度を向上させようとさまざまな活動をしても、結果的に方向性が異なりターゲットを見誤る可能性があるため、目的としていたビジネスの拡大には繋がらないかもしれません。これらを意識したうえで、認知度向上のための方法を見ていきます。

長期的な目で見る

最初に紹介する会社の認知度を向上させるために必要となる考え方ですが、短期的に効果を出そうとせずに長期的な目線で向上を目指すということです。

例えば、期間限定セールなど派手な宣伝広告などで短期的に自社の認知度向上を狙うのは、基本的にNGです。この方法だと、確かに派手な宣伝効果はありますが、その効果自体が瞬間的で実際に自社の認知度を向上させることには繋がりません。

顧客が自社や自社の提供するサービスに対し、理解する時間や他社の商品と比較する時間をしっかりと設けましょう。この時間を確保することで、顧客はより自社について調べ、理解を深め、結果的に認知度が向上しやすくなります。

自社が求める顧客やターゲットに対する認知度の向上は、短期間で築くことは難しいです。地道な活動と長期的な視野を持って、着実に認知度の向上を図りましょう。

認知度を上げる定義を社内で共有する

認知度を向上させるために、次に紹介するのは自社のどのような内容に重点を置いて、認知度を向上させるかという自社内での共通認識の確立です。

単に、自社の認知度を向上させるといっても社内にその共通認識が確立されていないと、結局は社内の足並みがそろわず、思い通りの結果を得ることができないかもしれません。

例えば、自社の商品がさまざまなメディアに取り上げられるだけで、認知度が向上すると考える人や、どんな層に認知してもらえたらよいと考える人など、社内ではさまざまな考えを持つ人がいます。

こうしたさまざまな社内の認識をひとつにまとめ、認知度を向上させるための共通認識を築き上げるために、まずはしっかりと目的や方法、明確なターゲットなどを定義付けましょう。

その定義をもとに、認知度向上のための具体的な指標を作成しましょう。例えば、いつまでにどの程度、認知度を何パーセント向上させるかなどを設定しておくとよいでしょう。

認知度の高い競合他社とアプローチ方法をずらす

自社の認知度を向上させるためには、取り巻く環境や市場などすでに置かれている状況を把握したうえで、認知度の高い競合他社とアプローチの方法をずらす戦略も重要です。

自社の認知度を向上させるためには、まず、すでに認知度が高い競合他社がいるかチェックすることが大切です。その分野ですでに絶大な人気や高い認知度を誇る企業やブランドが存在する場合、その分野でそのまま戦うのは厳しいことが見込まれます。

その場合の戦略としては、例えば、宣伝用の表現やキャッチフレーズを変え、今までにないアプローチ方法や新たな視点・アイデアで、自社の認知度を向上させる戦略が必要です。

認知度を向上させる5つの方法

自社の認知度を向上させるために、ポイントとなる項目を5つに分けて紹介します。特に現代においてはテレビ、新聞などの他に、インターネットを利用したさまざまなメディアが存在します。こうしたメディアを活用して効果的に認知度を向上させましょう。

Webサイトを開設する

まず認知度を向上させる方法のひとつが、Webサイトを開設して自社や自社の製品をアピールすることです。

現代の消費者は、さまざまな情報をインターネットで得ることが多くなっています。こうしたことからそのインターネットの窓口であるWebサイトの開設は、認知度向上のために必須の項目ではないでしょうか。

ただし単にWebサイトを開設すれば良いというわけではありません。魅力的なサイトのデザインにするなど、興味を持ってもらいやすくする必要があります。

さらに、インターネット上の検索エンジンの検索結果に、ユーザーが検索したキーワードに連動して掲載されるリスティング広告も使いながら、Webサイトへの積極的な誘導を図ることもお勧めでしょう。

SNSを活用する

次に紹介するのは、現代の新たなコミュニケーション手段として定着しているFacebookやTwitter、InstagramなどSNSの活用です。

企業が認知度を向上させるための宣伝広告には、場合によっては莫大な費用がかかることがあります。しかしこのSNSでの宣伝は、基本的に無料で行えるため、会社としても気軽に始められるでしょう。

さらに、現在、SNSの情報は一度発信されると、瞬く間に拡散されさまざまな人にシェアされるため、認知度の向上に適したツールのひとつと言えます。

しかし、このSNSには気をつけたい要素も存在します。会社がSNSで提供する情報の内容によっては、会社の信用性を失ってしまう可能性もあります。

いわゆるインターネット上での「炎上」を未然に防ぐことも、SNSを利用する際にはしっかりと考えておきましょう。

メールを配信する

企業の認知度を向上させる方法として、定期的なメールの配信であるメールマガジンを発行することもお勧めの手法です。

メールマガジンの利点は、何といってもそれを届けたいターゲットや顧客に、情報を確実に提供できる点にあります。これにより定期的に必要な情報を配信することで、自社の認知度を向上させる効果を狙えます。

ただし、あまりにメール配信の頻度が多くなりすぎると、煩わしさやしつこさといった印象を持たれてしまう可能性があります。こうしたことを踏まえ、より慎重で的確なメール配信を目指しましょう。

看板を出す

企業の認知度向上を目指す際には、従来からの手法である看板を出すというのもひとつの手段です。その会社を広く知ってもらうために、まずはそのサービス内容などを目で見て確認してもらうことが何より重要です。

看板というツールは一定の場所に長期間設置されるため、大勢の人の目に入りやすく、記憶に残りやすいでしょう。看板を設置する場所を綿密に調整したうえで、効果的な内容を掲載して、より広範囲に継続的に認知度の向上を図りましょう。

プレスリリースを出す

最後に紹介する認知度の向上のための方法として、会社側からのプレスリリースを出す方法を紹介します。プレスリリースとは、マスメディア向けに自社の新商品やサービスなどの情報を知らせる文書のことです。

このプレスリリースを出すことで、さまざまなメディアにその情報が取り上げられやすくなります。こうした自社からの積極的な情報開示により、企業の認知度は確実に向上していくでしょう。

プレスリリースの発行頻度を上げ、積極的にマスメディアにアプローチしていきましょう。

 

ブランディングを始めたいなら

未知株式会社では、10年以上のWEBマーケティングの知見を活かしブランディングのお手伝いをさせていただいております。
オンラインでのブランディングに苦戦している
・自社の魅力を存分に外部に伝える方法
を知りたい!という方は是非お気軽にご相談ください。