<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2020.08.05 / 最終更新日 :

コンテンツマーケティング

PR活動とは?得られる効果や成功のコツを知ろう

この記事は、企業の広報担当に就任したばかりで関連する語彙を詳しく知りたい方を対象に、PR活動とは何かを、効果や成功のコツを含めて紹介している記事です。PR活動の効果や成功のコツを知ることで、仕事に生かすことができるような知識を紹介しています。

この記事は約6分で読み終わります。

PR活動とは

PRとは「Public Relations(パブリック・リレーションズ)」の略称です。

「体系パブリック・リレーションズ」では、「パブリック・リレーションズとは、組織体とその存在を左右するパブリックとの間に、相互に利益をもたらす関係性を構築し、維持するマネジメント機能である」と定義されています。

日本では、1969年に加固三郎が「PRとは、公衆の理解と支持を得るために、企業または組織体が、自己の目指す方向と誠意を、あらゆる表現手段を通じて伝え、説得し、また、同時に自己修正をはかる、継続的な対話関係である。自己の目指す方向は、公衆の利益に奉仕する精神の上に立っていなければならず、また、現実にそれを実行する活動を伴わなければならない。」と定義しています。

つまり、PRとは組織と顧客の関係性を構築し、維持する行動の在り方であると捉えることができます。

企業などの社会的組織がステークホルダーとの両方向のコミュニケーションを行って組織内に情報を還元して修正を図り、良好な関係を構築・継続していくマネジメントであるといえます。

 

PR活動によって得られる効果

PR活動は様々なメディアを使って行われます。

広告を中心にしたペイドメディアや企業自身が所有しているオウンドメディア、広報による報道記事の獲得や、SNSから発信されるソーシャルノイズといった第三者の評判を得るアーンドメディアというトリプルメディアを上手く活用してPR活動を進めていくことが重要です。

PR活動は、最終的には大きなコストをかけずとも既存顧客から安定した利益を生み出すことのできる仕組みを創り出すことが目標です。そのためには、PR活動を通して会社・商品・サービスの知名度を上げたりブランディング効果を上げたりする必要があります。

ここからは知名度の上げ方とブランディング効果について具体的に紹介していきます。

会社・商品・サービスの知名度が上がる

PR活動を効果的に行っていくことで、会社・商品・サービスの知名度を上げることができます。

どのような情報をPRしていくかという情報コンテンツの土台作りやプレスリリースの発行、オウンドメディアへの情報ストック、インフルエンサーとの直接コミュニケーションなどの活動が挙げられます。

このようなPR活動を行い、ターゲットに会社・商品・サービスを記憶づけていくことで、知名度を上げていきます。

知名度はその会社・商品・サービスの存在を知っているかどうかであり、知名度や認知度は企業の売り上げに直結する重要な指標です。知名度が上がることで会社に興味や関心を持つ人が増え、結果として売り上げの増加へとつながっていきます。

PR活動を行う対象は、マスメディア関係者やネットユーザー・潜在顧客など様々です。ターゲットにした顧客にとって価値のある情報を発信していくことで知名度を上げることができ、会社の売り上げを向上させることができます。

ブランディング効果を生み出す

PR活動を行うことで、ブランディング効果を生み出すことができます。ブランディングとは字のごとく「ブランド」を形作るための様々な活動のことです。

ある商品とよく似た別の商品との差別化を図ることのできる要素である、ブランドを消費者が認知することで、市場における自社の商品やサービスのポジションを明確にすることができます。

ブランディングを展開していく上で「誰に何を伝えるのか」を明確にすることは非常に重要です。企業と顧客について理解しなければならないのはマーケティングの基本中の基本ですが、これはブランディングについても同様です。

PR活動によるブランディングを成功させることで、企業と顧客の信頼関係を築き、それが結果として売り上げの増加に結びついていきます。

ブランディングを行うことは、ターゲット市場で「○○といえばあの商品」という意識を持ってもらうことです。この意識が市場に浸透していると広告費や販促費を多く投入せずとも顧客を獲得することができ、その分を開発やサービスの拡充に当てることも可能です。

 

PR活動を成功させるためのコツ

PR活動を成功させるには、PR戦略を準備することが必要です。PR活動を始める前にPR戦略を具体的に立てておくことが成功のためのコツになります。

まずは、達成したいゴールや目標について決定します。このゴールは、具体的(Specific)、測定可能(Measurable)、達成可能(Achievable)、現実的(Realistic)、好機(Timely)というSMARTの法則に基づくものであるべきです。

次に、ターゲットを設定しますが、これは後から詳しく紹介します。その後はキーメッセージの作成や具体的な戦術についても検討を重ねていきます。

そしていつ活動を開始していつを締め切りにするのかというデッドラインの設定や、成功かどうかを判断する基準があるかどうかも確認しなければならない事項です。KPI(重要業績評価指標)を設定することが効果的です。

PR戦略を立てておくことで、どのようにメッセージを伝えるのが最善なのかを多角的に考えることができ、PR活動の成功へと結びついていきます。

ターゲットを確定させる

PR活動を行う際には、ターゲットとどのような関係を築いていきたいのか、どの層に対してアプローチを行っていくのかを明確にし、ターゲットを確定させることが重要です。

自社のビジネスに関心を持っているのは誰か、意思決定者は誰か、自社の商品やサービスを購入してくれるのか誰か、などを検討した上でターゲットを確定させます。

ペルソナの設定を行うと、より効果的にターゲットの設定を行うことができます。ペルソナを設定することで、ユーザー群ではなく一人の人物としてターゲットを捉えることが可能で、より詳細にターゲットを確定させることができます。

ターゲットを確定させることができたら、ターゲットの消費行動のリサーチを行います。どのような刊行物を読んでいるのか、どのようにメディアを用いているのかなどのリサーチを行うことで、会社のイメージと実際のターゲットのずれを無くし、的確にPR活動を行うことができます。

また、ターゲットに沿ったPR活動を行うことも重要です。ターゲットのよく見るメディアや好きなこと、悩みなどを把握し、ターゲットの行動パターンに沿ったコミュニケーション方法を用いたPR活動を行うことでより効果を得やすくなります。

常に情報を更新し続ける

PR活動を一度始めたら、情報の更新を止めずに定期的に更新し続けることが重要です。PR活動が止まってしまうと、事業そのものも止まってしまっているように見えてしまいます。

一度公開したらそれで終わりではなく、一部だけでも新情報や写真などを取り入れた更新を定期的に行い、さらに改善点を見つけ出し、次のPR活動に生かすことで継続的なPR活動の効果を得ることができます。

PR活動のスタート前に更新内容をある程度決めておいたり、KPI(重要業績評価指数)を設定して継続的な目標達成の指標を決めることで、継続的なPR活動が行いやすくなります。

新商品の使用法や生活への活用法、また利用者から意見を収集するなど、新しい情報を常に発信していくことで興味関心を持ってもらいやすくなります。

このように、PR活動を成功させると企業にとって大きな利益を生み出すことができます。PR活動は顧客とのコミュニケーションが重要であり、ターゲットの設定や定期的な情報の更新を続けることがPR活動の成功のコツです。

PR活動でお悩みの方は、未知ブランディングメディアをご確認ください。

コンテンツマーケティングにお困りなら

未知株式会社では、100社以上のコンテンツマーケティングをお手伝いさせていただいております。
コンテンツマーケティング始めたいけど始め方がわからない
コンテンツマーケティング自社で初めてみたけど効果が出ない
上記に当てはまる方は是非ご相談くださいね。