<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2020.08.05 / 最終更新日 :

コンテンツマーケティング

宣伝とは?広告とは違う。利用すべき3つの宣伝手法

「会社の宣伝方法はどうすれば効果的か知りたい」「宣伝方法にはどういった方法があるのか」と考えている方も多いのではないでしょうか。宣伝を効果的に行うことができれば、さまざまなメリットを得ることができるでしょう。ここでは会社の宣伝方法についてご紹介していきます。

この記事は約6分で読み終わります。

「宣伝」は知ってもらうことではない

まず、「宣伝」とはどういう意味でしょうか。また、宣伝と広告は似ている言葉ですが、どういった違いがあるでしょうか。 宣伝とは、ユーザーに商材やサービスの理解を求めてコンバージョン(最終的な成果)までつなげることを目的とする活動のことです。そして広告とは、ユーザーに商材やサービスをより広く知ってもらうように活動することです。 つまり、商品やサービスを理解してもらうだけでなく、実際の購入までつなげることを宣伝といいます。広告は宣伝とは異なり、購入までは求めないといった違いがあります。 しかし、現代のビジネスの場では、宣伝と広告は同じ意味の言葉として区別せずに使われています。  

会社の宣伝に使える3つの手法

自社の商材を多くのユーザーに知ってもらうために、広告を出します。そして商品の存在を知ってもらった後は、商品を買うとどのようなベネフィット(商品から得られること)があるかを表現する必要があります。そこで宣伝が大切になってきます。 上述したとおり、宣伝は商品やサービスを知ってもらうだけでなくコンバージョンまでつなげるという役割があります。では会社の宣伝方法として、どのような手法があるでしょうか。 ここでは会社の宣伝方法を、3つご紹介します。

紙媒体での宣伝

まず会社の宣伝方法として、1つ目は「紙媒体での宣伝」があります。会社の宣伝方法としてもっとも主流なのが紙媒体の宣伝で、従来から存在しています。 紙媒体を使った宣伝方法には、「チラシやパンフレット、ポスティングやダイレクトメール」などがあります。チラシに商品のベネフィットや価格、キャンペーン情報等を盛り込み多くの人に伝えます。 折込チラシは多くのユーザーが身近に感じる宣伝方法で、新聞をとっている人に定期的に配布されるので「日常的な商品やサービス」に適した宣伝方法といえるでしょう。 パンフレットを利用すれば1つの商材について細かく情報を載せることができ、他の商品や会社情報まで見てもらうことも可能になります。そしてチラシのポスティングは狭いエリアを対象にする宣伝方法と考えられ、不動産などに配布するときに役立つ宣伝方法です。 さらに、折込チラシより数量が少なく、ターゲットを絞るため成果につながりやすいというメリットがあります。 ダイレクトメールは対象となるユーザーに確実にアプローチできるというメリットがあります。しかしダイレクトメールだとわかると開封せずに捨ててしまうことも多いため、茶封筒にするといった工夫も必要です。

インターネットでの宣伝

会社の宣伝方法として、2つ目は「インターネットを用いた宣伝」があります。スマートフォンやパソコン、タブレットなどの普及により現在はインターネットでの宣伝が主流となってきています。 インターネットを用いた会社の宣伝方法には「ホームページ、SNS、動画」などがあります。 現代において会社はホームページがあることが当たり前になっています。そのため競合会社に勝るホームページを作ることが大切です。ホームページを使った会社の宣伝方法は、ページなどにとらわれることがなく情報を掲載することができます。 ホームページをただ作るだけではアクセスが増えることはないでしょう。ホームページ制作ではSEO(検索エンジン最適化)を意識して、上質なコンテンツを作り検索順位を上げるように意識して制作することが大切です。 SNS(TwitterやFacebook、Instagramなど)を使った宣伝方法は、上手に使えば情報を多くのユーザーに届けることができます。さらにSNSを運用しユーザーと交流することにより、自社の商品についてより詳しく知ってもらうことができるのも大きなメリットです。 SNSではユーザーを楽しませるエンターテイメント性も大切になってきます。SNSの運用は効果的な宣伝になりますので、積極的に活用していきましょう。 さらに動画を使った宣伝方法もあります。近年ではスマートフォンでYouTubeなどの動画サイトを手軽に見ることができる時代になりました。そのため、動画を使った会社の宣伝方法はとても効果的といえるでしょう。 動画は文字より情報を多くユーザーに伝えることができ、記憶に残りやすいというメリットがあります。宣伝には動画を使うことも大切なので、積極的に取り入れていきましょう。 

イベントでの宣伝

会社の宣伝方法として、2つ目は「イベントで宣伝する方法」があります。イベントに参加して直接ユーザーに商品やサービスを宣伝するという宣伝方法です。 その場でユーザーの質問に答えるため不安の解消となり、コンバージョンにつながりやすいというメリットがあります。また、商品を直接みてもらえるのでユーザーの購買意欲を促進することができるでしょう。 また無料セミナーで商品を宣伝することも効果的です。自発的に集まった人に宣伝できるので成約率が高くなります。しかし大変なのが集客で、セミナーでの宣伝が成功するかどうかはセミナー自体にかかっています。  

会社の宣伝を上手く行うコツ

会社の宣伝をすると売上の向上を期待できるでしょう。しかし、それは宣伝が上手くできた場合のみといえます。宣伝を上手くやるコツとはどういったものがあるでしょうか。 ここでは、会社の宣伝を上手く行うコツをご紹介します。

長期的な集客を考える

会社の宣伝を上手く行うコツとして「集客を長期的に考える」というものがあります。集客に失敗している会社には「短期的な集客しか考えていない」という共通の問題点があります。 「いますぐ集客の効果がほしい」という考え方だと一時的にしか人が集まらなく、リピート率が悪いという結果になってしまいます。商品をすぐに購入する人は全体の1%と言われており、多くの人は購入する前に口コミや評判を見て検討します。 この1%の「すぐに購入する人」を獲得するには競合が多いため、取り合いになり売上が上がっても利益が残りません。そこで、「99%の見込み客を育成し顧客化する長期的なプラン」が必要になります。

ターゲットを見込み客に絞る

会社の宣伝を上手く行うコツとして、前述したとおり「ターゲットを見込み客に絞る」ことが必要です。会社の宣伝が上手くいっていない原因として「情報が見込み客に届いていない」という特徴があります。 チラシやダイレクトメールなどは不特定多数の人に届くため効果がありそうに見えますが、実は効率が悪い宣伝方法です。そのため、見込み客にしっかりと情報を届ける方法を検討することがとても大切になります。 宣伝では見込み客の年齢や性別、職業といった特性に合う宣伝方法を行うことが効果的だということを知っておくことが大切です。

コンテンツマーケティングを用いる

上記二つの集客のコツと相性の良いものとしてコンテンツマーケティングを用いると良いでしょう。コンテンツマーケティングとは、対象ユーザーに対して、価値のあるコンテンツを提供することにより、自社のファンを増やすことで、自社の商品やサービスの認知向上や、販売促進につなげる新しいマーケティング手法のことであり、見込み客を生み出すことから購入へつなげようとするアプローチとなっているため、長期的な集客といった面でもとても相性が良いと言えるでしょう。

 

コンテンツマーケティングの詳細はこちら

コンテンツマーケティングにお困りなら

未知株式会社では、100社以上のコンテンツマーケティングをお手伝いさせていただいております。
コンテンツマーケティング始めたいけど始め方がわからない
コンテンツマーケティング自社で初めてみたけど効果が出ない
上記に当てはまる方は是非ご相談くださいね。

  • 氏名

  • 会社名

  • メールアドレス

  • 電話番号