<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2020.10.12 / 最終更新日 :

ブランディング

ブランドの世界観とは?ブランディングに欠かせない世界観の作り方

目次ブランドの世界観とは?ブランディングに欠かせない「世界観」ブランド独自の世界観を持つことのメリット顧客のファン化非顧客の顧客化人材確保ブランドの世界観を明確にするためにはブランドコンセプトを作るブランドコンセプトの作 […]

この記事は約6分で読み終わります。

ブランドの世界観とは?

ブランドの世界観とは、ブランドの効果を大きくしてくれるブランディングに欠かせないものです。ブランドの世界観に共感した人が、ファンになってくれることが多いでしょう。

ブランドの世界観をもとにデザインされたファッションアイテムや製品は、発売と同時にコアなファンがつくことがあります。

ビジネスを広げるために、自社のブランド力を高めようと考えている会社も増えているようです。消費者にとって多くの選択肢がある今、ブランド戦略だけでなく世界観を追求できるかどうかが、他社と差別化し成功できるかどうかのポイントと言えるでしょう。

ブランディングに欠かせない「世界観」

ブランディングは、消費者のブランドに対する信頼を獲得することで、企業価値を高めるマーケティング戦略のことです。

ブランディングを成功させるためには、商品やサービスだけでなく企業の世界観を打ち出して、ブランドを認知させることが大切でしょう。

世界観は、人格作りに似ていると言われています。ブランドのイメージは頻繁に変えるのではなく統一し、独自の世界観を打ち出すことがおすすめです。

 

ブランド独自の世界観を持つことのメリット

ここからは、ブランド独自の世界観を持つことのメリットを紹介していきます。ブランドの世界観については理解したが、具体的なメリットが知りたいと考えているブランド担当者も多いでしょう。

ブランド独自の世界観があるということは、収益面でも大きなメリットです。世界観を確立するまでは時間が掛かったり、費用が掛かる可能性があります。しかし費用対効果を考えてもメリットが多いのではないでしょうか。

厳しい社会情勢で生き残っていくためにもメリットを把握し、独自の世界観を作っていくことがおすすめです。

顧客のファン化

ブランドの世界観を持つことのメリットとは、顧客のファン化という点にあります。世界観が確立されていれば、共感や憧れを抱く消費者が増えて、付加価値が生まれるでしょう。

顧客はその付加価値に魅力を感じて、リピートしてくれるようになるのではないでしょうか。固定ファンがついてくれることで、売り上げアップも見込めるでしょう。

さらに、付加価値に魅力を感じるファンが増えると、価格競争をする必要がなくなるため、安定した利益も期待できます。価格競争で悩む必要がなくなるでしょう。

非顧客の顧客化

世界観のメリットとは、非顧客の顧客化に繋がるというものです。今まで興味を持ってくれなかった層であっても、分かりやすい世界観を提示することで、関心を持ってもらうチャンスができます。

もともとブランドの良さを知っている人であれば、分かりやすい世界観で認知してもらえる可能性が高まるでしょう。

ブランドで新たなジャンルの商品を発売する際にも、世界観を理解してもらえた場合は、手に取ってもらえる確率も上がるのではないでしょうか。

新しい収益を獲得できるチャンスですので、幅広く世界観が浸透するように努めることが大切です。

人材確保

ブランドの世界観が確立している企業は、人材確保の面でもメリットがあります。世界観を確立できていると、顧客だけでなく、従業員も企業に愛着を持つようになる可能性が高いです。

モチベーションアップや、世界観を愛している優秀な人材が進んで志望することに繋がるでしょう。人材難で苦しんでいる会社は、人材確保のためにも世界観を確立してみてはいかがでしょうか。

優秀な人材が集まれば、より良い世界観ができていくかもしれません。会社にとっていい循環になっていくことが期待できます。

ブランドの世界観を明確にするためには

ブランドの世界観を明確にするためには、他のブランドにはない魅力を全面的にアピールすることが大切です。すでにブランドの世界観が確立している企業を参考にするのもいいでしょう。

また自社だけでは、ブランドの世界観がどういったものがいいのか分からないという時は、外部のアドバイザーの意見や、ユーザーのブランドに対する印象をリサーチすることもおすすめです。

さらに、作り込みすぎてしまうと逆効果になることもあるため、シンプルさも大切にするのがベターです。ユーザー目線を大切にして考えてみましょう。

ブランドコンセプトを作る

まずは、ブランドコンセプトを作ることが大切です。ブランドコンセプトとは、企業の目指す目的や使命を分かりやすい言葉で表現したものです。

例えば、シャネルは「女による女のためのモード」、ルイ・ヴィトンは「旅を楽しみ、人生を楽しむモノづくり」など分かりやすいブランドコンセプトを掲げています。

ブランドコンセプトがあれば、他のブランドとの違いは何かを簡単に伝えられるでしょう。他のブランドと同じようなものでは選ばれない可能性があるため、できるだけユニークなものにする必要があります。

また、分かりやすくシンプルなものが求められるため、こだわって作ってみてはいかがでしょうか。

ブランドコンセプトの作り方

ここからは、ブランドコンセプトの作り方はどういうものかを紹介していきます。さらに、新しいマーケットを作るイメージを掴むことが大切です。

また、客観的な視点も大切です。可能であれば、第3者の視点を取り入れるといいでしょう。プロのアドバイザーだけでなく顧客の意見を聞きながら、ブランドコンセプトに活かすこともおすすめです。

そして何よりも、担当者がワクワクすることが大切です。社内で打ち合わせを重ね、顧客だけでなく会社の担当者もモチベーションが上がるような、ブランドコンセプトを作ってみてはいかがでしょうか。

競合他社のコンセプトを知る

まずは、競合他社のコンセプトを知ることが大切です。誰のためのブランドなのか、何を作っているブランドなのか、何のために作っているブランドなのか、どのような方法で使われるのかなど、要素を書き出していくといいでしょう。

さらに競合でなくても、ユニークなブランドコンセプトを作っている会社のコンセプトをピックアップして、参考にすることもおすすめです。

ユーザーの潜在的な欲求を知る

ユーザーの潜在的な欲求を知ることは、ブランドコンセプトを作る際の参考になるでしょう。ユーザーにアンケートを取ったり、どのような考え方の人が自社製品を利用しているのかを確認することが大切です。

また、万人受けするブランドコンセプトよりも、すでに利用しているユーザーが心の中で抱えている悩みや、願望が解決するようなコンセプトにすることで、リピーターや固定顧客に繋がりやすくなるでしょう。

ブランドコンセプトを作る際は、顧客分析を念入りに行ってみてはいかがでしょうか。

自社の理念を確認

自社の理念を確認することは、共感に繋がります。ブランドの理念とコンセプトが合わない場合は、理解されない可能性があります。

ブランドの理念とコンセプトが合っていると、共感されやすくなるため、自社の理念に沿ったブランドコンセプトを作ることがおすすめです。また、ブランドコンセプトを言語化した時に、正確に伝わるかということも大切です。

ブランドコンセプトは理想論だけで作り上げるのではなく、自社の理念に共鳴するようなものにしましょう。

 

ブランディングを始めたいなら

未知株式会社では、10年以上のWEBマーケティングの知見を活かしブランディングのお手伝いをさせていただいております。
オンラインでのブランディングに苦戦している
・自社の魅力を存分に外部に伝える方法
を知りたい!という方は是非お気軽にご相談ください。