<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2020.10.12 / 最終更新日 :

コンテンツマーケティング

Webマーケティングの手法とは?3つの施策と効果測定の方法

自社製品の売り上げなどを伸ばしたいとき、Webマーケティングの手法を活用することは有効です。テクノロジーを駆使し、お客様からの購入アクションを倍増させましょう。こちらの記事では、Webマーケティングの行い方について、詳しくご紹介いたします。

この記事は約5分で読み終わります。

Webマーケティングとは

Webマーケティングとは、インターネットの特性を活かして行う、マーケティングのことを指します。Webマーケティングのメリットとして、数値による顧客分析が可能となることが挙げられます。

Webマーケティングの手法を業務に取り入れることで、お客様への利便性の提供に加え、より分析のしやすいマーケティングを行ってみてはいかがでしょうか。

Webマーケティングの3つの特徴

Webマーケティングにおける特徴として、Webマーケティング導入に必要とされる時間が少ない、お客様のスタイルに合わせた施策が可能になる、数値によるマーケティング効果の測定が可能となる、などが挙げられます。

紙や映像を媒体とする選択肢とは異なり、内容の変更が簡単になり、従来よりも、より細かなデータからターゲットにあったマーケティング方法を実行していけるでしょう。

Webマーケティングの手法

Webマーケティングの手法として、インターネットを用いた集客、接客、再来訪への施策などが挙げられます。

自社サイトが検索サイトで上位に表示されるよう、SEOへの対策を考える、Web接客ツールを活用する、といったことができるでしょう。リピーターになっていただけるよう、お客様のニーズをつかんだサイト展開が求められます。

カスタマーエクスペリエンスを高めることで、得られる効果は、製品の売り上げだけにとどまりません。自社のイメージアップも狙うことができるでしょう。お客様の心をつかむ施策を、ぜひ行ってみてください。

集客施策

Webマーケティング手法の1つとして、集客施策が挙げられます。検索上位に検索結果が表示される、SEOへの対策を講じる、アフィリエイト広告を活用するなど、できることは多くあります。

SNS広告やリスティング広告、アドネットワーク広告の利点を生かすことも効果的です。昨今、普及しているソーシャルメディアへの対策も忘れないようにしましょう。ターゲットが思わずクリックしたくなるような文章を表示するなど、思いつく限り工夫してみましょう。

接客施策

Webマーケティングの手法の1つとして、Web集客ツールの活用などの、集客施策が挙げられます。

ランディングページを最適化するLPO、入力フォームの最適化を行うEFOなど、ターゲットの購買意欲に直結する自社サイト展開が求められます。

どのような手法を用いたら、自社サイトを見たカスタマーが、購入や問合せといったアクションにつなげてくれるのかを考えましょう。

Webサイトを制作する時に、企業という立場ではなく、同じ消費者とし、どのようなサイトであれば購入したくなるのかを考えるのも良いでしょう。

再来訪施策

Webマーケティングの手法として覚えておきたい要素の1つが、再訪問施策です。一度、自社サイトを閲覧されたお客様に、何度もアクセスしてもらえるようにするための方法です。

メールでお客様にメッセージを送るなど、メールマーケティングに工夫を凝らすのも良いでしょう。また、リターゲティング広告のメリットを生かすことも効果的です。

「来てください、来てください」と押すのではなく、お客様の興味関心をくすぐるようなアプローチを行うことが大切です。新規だけでなく既存の顧客へのアプローチも考えましょう。

Webマーケティングの効果を測定するには

Webマーケティングの手法をIT業務に取り入れた際、その効果を測定するには、アクセス解析やユーザーテストが有効です。お客様を獲得するため、積み上げてきた努力の成果を確認しましょう。

ウェブサイトを構築した場合、アクセス解析を取り入れることで、わかることがたくさんあります。また、ユーザーテストを行うことで、見過ごしがちな自社サイトの盲点などを発見することもできます。

自社サイトを一通り制作し終えた段階では、見えてこなかった要素が、サイトを運用していく中で明らかとなることがあります。気になる点を見つけたら、その都度修正を行い、より良い構成に変えていきましょう。

Webマーケティングの効果が次第にあらわれてきたならば、モチベーションも上がるはずです。細かな点まで、補正してみてください。

アクセス解析

Webマーケティングの効果を測定する方法の1つとして、アクセス解析があります。自社サイトにどれほどの訪問数があったのかなど、目に見える形で確認することができます。

ページごとのアクセス数や、滞在時間、ページを離れた離脱率、直帰率などを分析することができます。また、カスタマーがどのページリンクから流入してきているのか、どのページで離脱してしまったのかなど、自社サイトの課題を客観的に測定することができます。

自社サイトへのアクセス数が増えるのは嬉しいことですが、カスタマーが実際に、どのような印象を抱いてページを閲覧しているのかを、読み取るのは難しいことです。アクセス解析の機能は、ユーザーがどのようにページを閲覧しているのかを見ることができるのです。

ユーザーテスト

ユーザーテストは、ユーザーに、自社サイトを閲覧・利用してもらい、課題を見つけるテストです。

ウェブサイトは、構文などを書き終えた時点ではまだ、完全に完成したとは言えません。ユーザーに試してもらい、アクセスのしやすさ、使いやすさなどを検証することは大切です。

思わぬ盲点が見つかることも考えられますし、サイトの完成度も、さらに高めることができるでしょう。

カスタマーにご満足いただけるサイトを構築することができれば、自然と自社の売り上げやイメージもアップにもつながるでしょう。そのために、何度でも足を運びたくなる、素敵なサイト構成を実現させましょう。

 

コンテンツマーケティングにお困りなら

未知株式会社では、100社以上のコンテンツマーケティングをお手伝いさせていただいております。
コンテンツマーケティング始めたいけど始め方がわからない
コンテンツマーケティング自社で初めてみたけど効果が出ない
上記に当てはまる方は是非ご相談くださいね。

  • 氏名

  • 会社名

  • メールアドレス

  • 電話番号