<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2020.08.05 / 最終更新日 :

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングに適したプラットフォームの選び方

コンテンツマーケティグではプラットフォーム選びが重要な要素となります。プラットフォームにはいろいろな種類があり、それぞれ持っている特徴や機能が異なります。そのため、コンテンツマーケティングを行う上で、求める条件に適したプラットフォームを選ぶ必要があります。

この記事は約6分で読み終わります。

コンテンツマーケティングにおいてプラットフォームを慎重に選ぶべき理由

コンテンツマーケティングではSEO対策をしたり、ペルソナを設定して戦略を立てたり、記事の書き方やキーワードなど意識すべき点は多くあります。また、コンテンツマーケティグではプラットフォーム選びも重要な要素となっています。コンテンツマーケティングは結果がすぐに出ないため、長期的な運用を行っていくことになります。継続的な更新を行う担当者が使いづらさを感じてしまうと、作業負担が大きくなってしまいます。そのため、コンテンツマーケティングに使うプラットフォームは、導入前にコストや必要な機能などを把握して、慎重に選ぶ必要があります。もし、運用中に使いづらいと感じても、途中でプラットフォームを変更するには大きな手間と費用がかかってしまうことがあるので注意しましょう。

 

コンテンツマーケティングで使用される主な3つのプラットフォーム

コンテンツマーケティングで使用できるプラットフォームにはいくつかの種類があり、その中でも主に使用されるプラットフォームが3つあります。これらは、それぞれ持っているメリットやデメリットが異なります。そのため、プラットフォームは条件や環境などに適したものを選ぶ必要があります。

無料ブログサービス

無料ブログサービスはその名前の通り、無料でブログが作れるサービスのことです。無料ブログサービスにはいくつもの種類があります。それぞれ容量や独自ドメイン、アフィリエイトなどの条件が異なったり、機能の幅やSEOへの強さなども異なったりするため、無料ブログサービスの中からも条件を確認して選ぶ必要があります。

特徴

無料ブログサービスは、その名前の通り無料で利用することができます。ただし、一部の機能は有料の場合もあります。無料ブログサービスの利用は、簡単な登録だけですぐに使い始められるものが多く、また操作が簡単なエディタやテンプレートのデザインが豊富など、Web初心者でも扱いやすいです。

注意点

無料ブログサービスでは使用できる機能に制限があります。一部の機能が有料となっているだけでなく、マーケティングに必要な外部のツールやサービスと連携させることがそもそもできないという場合もあります。また、無料ブログサービスが無料で利用できるのは、運営が利用者のブログに広告掲載などで行って収益を得るというシステムになっていることが多いです。そのため、記事内に他社の広告が表示されてしまう可能性もあり、自社のブランドイメージや他社との差別化が難しく、ブランディングにつながりにくいという場合もあります。

SNS

SNSもコンテンツマーケティングではよく使用されるプラットフォームです。SNSにも多くの種類があるため、どのSNSを使用するのか慎重に判断する必要があります。また、複数のSNSを使用する場合には、どれをメインにするか、SNS同士を連携させて同時に投稿できるように設定することは可能か、などを確認する必要があります。

特徴

SNSにもFacebookやTwitter、Instagramなどいろいろな種類があります。これらはそれぞれユーザー層や投稿の内容や機能などが異なります。しかし、どれも手軽に使うことが可能で、情報の拡散が早く、コンテンツへの誘導なども可能となります。また、広告費用を抑えながら、高い広告効果を得ることもできます。ユーザーとの距離も近く、密な情報の発信や、コメント、DMなどによるコミュニケーションも可能です。

注意点

SNSも提供元から提供されるサービスの範囲内で利用することになります。SNSでは専用のツールが用意されていることが多く、そのツールを使うことでアクセス解析やデータ分析を行うことはできます。ただし、独自のツールを組み込んで拡張することは難しいです。また、SNSの運営会社が運用ルールを変更してしまうと、その影響を大きく受けることになります。そのため、成果予測や計画が崩れてしまうリスクを抱えることにもなるので、SNSはコンテンツマーケティングの主軸にするのではく、オウンドメディアや商品、サービスなどへ誘導するツールの1つとして使うと良いでしょう。

CMS

CMSとはコンテンツマネジメントシステムのことで、知識がなくても簡単にサイト制作できるようにサポートしてくれるシステムのことです。コンテンツマーケティングで自社でプラットフォームを構築することが一般的であり、その際にCMSが利用されています。

特徴

CMSにもいろいろな種類がありますが、よく使われるのはWordPressやDrupalなどです。これらを使うことで、HTMLやCSSなどの言語がわからなくても手軽にデザイン性の高いサイトを作ることが可能です。また、プラグインを組み込むことで、いろいろな機能を追加していくことも可能です。そのため、自由度も高くコンテンツマーケティングに必要な機能を、状況に合わせて持たせることができます。

注意点

 

コンテンツマーケティングで使用されるプラットフォームの主な種類と特徴を紹介

コンテンツマーケティングではプラットフォームを慎重に選ぶ必要があります。プラットフォームを選ぶ際には、種類や特徴に注意しましょう。もし、適したプラットフォームが選べていなければ、思うような結果が得られなくなってしまうこともあります。

コンテンツマーケティングの目的に合わせる

企業やサービスの認知を高める目的でコンテンツマーケティングを行うのであれば、多くのユーザーに興味を持ってもらう必要があります。そのためには目を引くデザインが必要となるので、デザイン性の高いプラットフォームを選ぶようにしましょう。しかし、コンテンツからのリードが目的なのであれば、デザインだけでなく分析や管理機能、またはそれらができるツールなどを使える、自由度と拡張性の高いプラットフォームを選ぶ必要があります。

求める条件のバランスを見る

コンテンツマーケティングは長期的に運営をしていくことになります。どれだけ機能が充実していても、コンテンツの管理のしやすさやツールとしての使いやすさがなければ、担当者の負担を大きくしてしまうことになり、長続きしなくなってしまうでしょう。また、必要に応じて機能を拡張しなければいけない場合もあるので、自社の戦略に合わせて柔軟に反映できる自由度と拡張性も重要となります。それぞれに特徴があり、どの要素に強みを持っているかはプラットフォームごとに異なるため、求める条件とプラットフォームの特徴のバランスを見て選ぶようにしましょう。

コンテンツマーケティングにお困りなら

未知株式会社では、100社以上のコンテンツマーケティングをお手伝いさせていただいております。
コンテンツマーケティング始めたいけど始め方がわからない
コンテンツマーケティング自社で初めてみたけど効果が出ない
上記に当てはまる方は是非ご相談くださいね。