<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2020.08.05 / 最終更新日 :

ブランディング

ブランディングとはなにか?成功する手法について順を追って解説

ブランディングという言葉を一度は耳にした方もいらっしゃるのではないでしょうか。ブランディングとはユーザー側と企業側の共通のイメージを認識させるマーケティング戦略の一つです。この記事ではブランディングについて意味と手法を詳しく解説していきます。

この記事は約6分で読み終わります。

ブランディングとはなにか?その定義は?

ブランディングとは企業側とユーザー側の共通のイメージを認識させるマーケティング戦略の1つです。ブランディングを説明する前に簡単に「ブランド」について説明します。

ブランドは高級というイメージがありますが、そうではありません。例えば、スーパーなどが独自の商品を出していますが、それもブランドの一つです。ブランドとは「ユーザー側が抱く共通のイメージ」です。

ブランディングとはその「ブランド力」を上げていくための手法といえます。

さらに、ブランディングによく似ているもので、「マーケティング」というものがあるのでその違いを説明してます。

ブランディングとマーケティングとは似ているようで実は違います。ブランディングとは顧客に対してブランドのイメージを蓄積する「心理的価値」を向上させるものです。

それに対し、マーケティングとは商品やサービスなどの価値を効果的に訴求し、市場を作ることです。結果的にはどちらもゴールには「商品やサービスを売ること」になります。

 

 

ブランディングの手法①ブランドコンセプトを考える

ブランディングとは企業側がユーザー側に自社のブランドを認識してもらうためですので、ブランディング方法を知っておく必要があるでしょう。

そこでここからは、ブランディングの手法について順に解説していきます。まずブランディングを進めるには一番はじめに手がける「ブランドコンセプト」を考えることが必要です。

ブランドコンセプトとは

ブランディングの手法、ブランドコンセプトとは一言でいうと「理想世界の構築」です。一例としてブランドといえば有名な「CHANEL」で解説します。

CHANELの生みの親「ココ・シャネル」は「女による女のためのモード」というブランドコンセプトを掲げ、売り出しました。

女性が社会で働くことがありえない時代、服のデザインも男性が手がけたものばかりで当時の女性の服は男性の富の象徴だったのですが、その概念を覆したのがCHANELです。このように、働く女性のエレガントを追求したものが今のCHANELブランドを作り上げたのです。

このようにブランドの世界観を明確にし、どんな価値があって他とは違うのか明確にしましょう。

リンク-Home – CHANEL – Official site, https://www.chanel.com/ja_JP/fragrance-beauty/home.html

ブランドコンセプトを構築するには

では、ブランドコンセプトを構築するにはどうすればいいか、どのような方向性へもっていけばいいのか考えましょう。

「新しいマーケットを作る」「固定観念に縛られず客観的な目を持つ」「自分にとってもやりがいがあるようにする」です。

 

 

ブランディングの手法②ブランドコンセプトを実際に体現

ブランディングの手法、ブランドコンセプトを構築したら実際に体現していきましょう。先程CHANELの話をしましたが、実際に今のCHANELがあるのは「女による女のためのモード」をうまく体現できているからでしょう。

女性の社会進出に合わせてデザインされた衣装は、ターゲット層に見事ヒットし、需要が生まれました。このようにただ、コンセプトを掲げるだけでなく、実際に体現してみる必要があります。

では、実際にどのような手順でやればよいかを解説します。

ブランドコンセプトを言語化する

まずはブランドコンセプトを言語化していきましょう。この言語化とはいわば一言で商品の特徴を表したもので、キャッチコピーやサブコピーのことです。

商品を売り出すときには、キャッチコピーを考え、その商品の特徴をどのように表すかを一言でまとめるのです。発売されている商品のなかでヒット商品や、宣伝に力を入れている商品を調査し、自分でもキャッチコピーを考えてみましょう。

ブランディングデザイン

ブランドコンセプトの言語化ができたら、ブランディングデザインも考えていきましょう。ブランドデザインは視覚でブランドの価値を一瞬で伝える役割を持っています。

例えば、ネット上でショッピングをする際にまずはキーワードで検索すると商品のデザインや写真がでます。同じような商品の場合、写真でより目にとまる商品の詳細をチェックするでしょう。

 

 

ブランディングの手法③アウトプットを行う

ブランドコンセプトを作り上げたら、次はどのようにブランドを発信するかを決めていく必要があります。ターゲットにとってわかりやすく受け入れやすい情報が必要不可欠です。ブランドの世界観が正しく伝わるものを目指すといいでしょう。

段取りとしては、まずはインナーブランディングから手がけていきます。そのあとにホームページやSNSなどのインターネットで発信していきしょう。

では、まずはインナーブランディングについて説明します。

まずはインナーブランディングから

まずはインナーブランディングから手がけていきます。インナーブランディングとは「社内向けに行うブランディング」です。自社のブランドに対し、より明確に理解してもらうために重要視されています。

なぜ、今インナーブランディングが重要視されているかというと社員一人一人の行動が企業ブランドのイメージに与える影響が大きくなってきているからです。

そのためにはインナーブランディングで社員一人一人にしっかりブランドの理解を深めてもらい、顧客の心を掴んでもらう必要があります。

では、インナーブランディングにはどのような手法があるのかを一部例をあげて紹介します。まずは「社員向けに企業情報のサイトを作る」です。

社員が知りたい情報といえば自身につながることでしょう。例えば福利厚生の情報とともに「企業理念」や「会社の歴史」のコンテンツも合わせて掲載することでアクセス数を稼ぐことができます。

次は「社内アンケートの実施」です。短時間でも幅広く意見を集められるように選択式などにするといいでしょう。

最後は「企業ブランドをまとめた本や動画を作る」です。社員に興味を持ってもらえるようなものを作ってみたり、難しいならばプロに頼むのもいいでしょう。

インターネットで発信

たくさんの人に伝えるためには、ブランディングで作り上げたものを次は発信していかなければいけません。そこで発信方法の1つとしてインターネットを使っていきましょう。インターネットにはホームページ、SNS、ブログなどさまざまな媒体があります。

これらを使ったブランディングの手法を「オウンドメディア(自社が持つメディア」といい、ブランディングにもおすすめです。また、オウンドメディアへ内部リンク層を増やすのも重要です。

オウンドメディアはSEO対策が必要不可欠です。ここまでブランディングについて解説してきましたが、ブランディングはかなり難いので、専門家に頼むのも視野に入れておきましょう。

「未知ブランディングメディア」はブランディングについても詳しい会社です。ブランディングについて相談にのってくれるので、まずは相談してみましょう。

ブランディングを始めたいなら

未知株式会社では、10年以上のWEBマーケティングの知見を活かしブランディングのお手伝いをさせていただいております。
オンラインでのブランディングに苦戦している
・自社の魅力を存分に外部に伝える方法
を知りたい!という方は是非お気軽にご相談ください。