<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2020.10.12 / 最終更新日 :

ブランディング

企業ブランディングをして損はなし!?その4大メリットをご紹介!

企業ブランディングは、他社に対しても自社内に対してもメリットが多く、行って損はない活動です。企業ブランディングを行ってようやく有名になり、大きな成長を遂げた会社もあります。あなたの会社も企業ブランディングで大きな発展を遂げてみませんか。

この記事は約5分で読み終わります。

企業ブランディングとは?

ブランディングとは、「ブランド」という言葉を動名詞化したものです。分かりやすく言い換えるならば、「ブランド」の精度を高めるための活動のことです。

ブランディングを行うことにより、マーケティングをより効果的に、素早く、効率的に行うことができます。

企業ブランディングにも種類があり、様々なニーズに合わせて対応しています。この様々なニーズに対応するには、企業ブランディングを積極的に取り入れていく必要があります。

 

企業ブランディングを行うメリットとは?

企業ブランディングを行うメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。今回は、以下の6点を挙げメリットについて説明します。

メリットを知っていただければ、企業ブランディングを行うことへの抵抗が軽減され、企業ブランディングを始めるきっかけになるのではないでしょうか。

以下に挙げたメリットをご理解いただき、企業ブランディングを始めてみてはいかがでしょうか。

メリットその1:知名度の上昇

企業ブランディングを行うと、知名度を上げることができます。

その例として挙げられるのが、大手コンビニチェーンである株式会社セブン&アイ・ホールディングスや、電気製品で知名度の高いオムロン株式会社です。

また、女子高生を中心とした若者に人気の高いスターバックスコーヒージャパン株式会社が企業ブランディングを行ったことで知名度を上げ、注目されるようになりました。

株式会社セブン&アイ・ホールディングスは、女性や高齢者に向けた製品ブランディングを、オムロン株式会社は、グローバルに向けた企業ブランディングを、スターバックスコーヒージャパン株式会社は、インターナルブランディングをそれぞれ行いました。

このように、企業ブランディングを行うことにより知名度が上がり、企業のイメージアップにつながり、新規顧客の獲得や事業の拡大につながる可能性が高まるのです。

メリットその2:資金調達が行いやすくなる

企業ブランディングを行うことにより、品質維持を行ったり実績を積み重ねることができ、投資家の方々に優良な企業イメージを持っていただくことにつながります。

そのため、資金調達に必要な信頼を得ることができ、企業にとってかなり優位な状況に置かれることになります。

企業ブランディングを行うと資金調達に必要な信頼が固まり、資金調達が行いやすくなります。

メリットその3:インナーブランディングにも関わる

インナーブランディングとは、従業員が会社の方針やビジョンを理解するために行う社内の活動のことです。

インナーブランディングを行うことで社員のモチベーションを上げ、仕事の効率を高め、離職率を低下させることができるなど、社内の雰囲気が良くなったり、社員の職業に対する意識を高めることができたりします。

企業ブランディングはアウターブランディングとも呼ばれています。企業ブランディングを行うことで外部との関わりを高めることにより、社員の離職率の低下や優秀な人材を確保することができ、インナーブランディングを行うこともできます。

メリットその4:売上上昇にもつながる

前述したように、企業ブランディングを行うことにより、外部に自社の方針や商品・サービスの良さを知っていただくことができ、顧客や他会社との信頼関係が構築されます。

そのため、顧客を新規に獲得できたり、サービスや商品を改善・向上することができたりします。その結果、他個人や他企業からの需要が高まり、商品やサービスを利用したいと思うお客様が増えるというメリットがあります。

需要が高まり、売上上昇につながることができます。

採用にも有利に働く

企業ブランディングには、採用ブランディングという種類があります。求職者に対して自社の社風や理念、入社のメリット等を理解していただく活動を行うというものです。

採用ブランディングを行うことにより、求職者はその会社でしかできないことを見つけ、いいところを知ることができ、入社意欲が高まります。また、会社側も優秀な人材を見出すことが可能になり、よりよい会社作りに貢献することができます。

このような双方にとって利益になることが重なり、採用を効率的、効果的に行うことができることになります。

競合と比較されにくくなる

競合他社との顧客の奪い合いは市場を共有する以上避けて通ることはできません。そのため、市場において競合他社の分析を行うことは必要不可欠となっています。

 

企業ブランディングの進め方とは?

まずは、自社のポジショニングや現状を把握しなければなりません。今どこの位置にいて、どんな状態なのか理解したうえで企業ブランディングを行う必要があります。

また、自社の利点を把握し、分析することになります。自社の現状を理解するためには他社からの視点で物事を見る必要があります。

アンケートをとることで、他社の意見やどう思われているかなどを客観的な視点で考えることができ、自社の更なる発展に尽力することができます。

次に、ブランディングしたいユーザーのペルソナを作成します。次に、ブランディングしたいユーザーのペルソナを作成します。

ここで気を付けなくてはならないのは、適切なユーザーへブランディングできるようにペルソナ設計をしなければならないということです。まったく関係ないユーザーへブランディングをしても意味がありません。

続いて、戦略の立案を行います。先ほど自社分析を行った結果をもとに、多岐に渡る戦略を立案します。自社の価値や魅力が伝わるような戦略にすることがポイントです。

ブランディングをサイトですることの記事に関するご相談がありましたら、未知株式会社の未知ブランディングメディアにご相談ください。

最後に1つ、大切なことを申し上げます。絶対運用をとめないでいただきたいということです。はじまりは、決して終わりではありません。はじまりは始まりなのです。

これらのメリットを踏まえ、あなたの会社に必要なことを探したり、あなたの会社の強みや利点を顧客や他企業に伝え、他企業と差をつけてみましょう。

 

ブランディングを始めたいなら

未知株式会社では、10年以上のWEBマーケティングの知見を活かしブランディングのお手伝いをさせていただいております。
オンラインでのブランディングに苦戦している
・自社の魅力を存分に外部に伝える方法
を知りたい!という方は是非お気軽にご相談ください。