今必要とされている「デジタルマーケティング」とは?

デジタルマーケティングコラム


今様々な企業がデジタルマーケティングを活用しています。スマートフォンやタブレットで気になる事や欲しい物などいつどこにいても検索する事ができるようになりました。そんな中必要性が高まっているデジタルマーケティングについてご紹介します。

デジタルマーケティングとは?


デジタルマーケティングの事について知らない方も多いと思います。そんな方に簡単にご説明していきます。

インターネットが普及して、スマートフォンやタブレットを一人一台持っている時代になった事でいつどこでも情報や商品を知ることも買うこともできるようになりました。そんな中ネットユーザーは行きたいお店の情報や気になる商品の使い勝手などを調べ、下調べをしてから購入などの行動をする事が増えた事により消費までの思考時間がネット時代の前に比べて格段に長くなりました。以前では当たり前であった、店頭販促や宣伝、PRのみでは消費行動を促す事ができなくなって来ています。そんな中、重要視されるようになって来たのがデジタルマーケティングです。
デジタル化した現代では消費者の情報がデータ化され、年齢や性別だけではなく、ネット上でどういった行動をしているのかなどまで分析することができます。そのためアナログな時代に比べて、より消費者の興味や関心から消費行動が把握できるようになり、様々なニーズや思考を抱えた消費者それぞれに適切な販促を行う事ができるようになりました。そういった消費者の多様性に対して適切なマーケティングを行うのが「デジタルマーケティング」です。

デジタルマーケティングとWebマーケティングの違いはなに?


デジタルマーケティング=Webマーケティングとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
Webマーケティングとは、Webサイトに特化したマーケティング手法で、ユーザーがWeb上でどんな行動をしているのか、どんな思考をもっているのかといった事を探る事で、より良いコンテンツを作成していくことを目指しています。
一方のデジタルマーケティングとはなにかというと、上記でお話したWebマーケティングも含まれていますがリアルイベントや販売データなどのデータとしてある情報を活かしてマーケティングする手法と言えるでしょう。

なぜ今、デジタルマーケティングは必要とされているのか


現在、消費者がスマートフォンやタブレットなどを使っていつどこでも情報を手にする事ができる時代です。SNSでコミュニテイに参加をしたり、知りたい情報を探したり、欲しい商品を探したりなどを探してニーズにあった情報や商品をその場で購入する事といった消費行動を多くの人が行う中で、消費行動をするまでの過程の変化がデジタルマーケティングが必要とされる要因となっています。
商品を購入する際に販売店に行き、店員に情報を聞き購入するといった流れであった中に、まずどこの販売店が安いのか、どの商品が評判がいいのかといった情報を調べた上で始めて消費行動を起こすといった流れに変化した事で販売店側も情報を発信する事が必要となり、チラシのような不特定多数に配信する物から、消費行動をするユーザーの行動などを分析して適切な広告や情報を発信していく手法が主流となっています。
スマートフォンやタブレットの浸透で消費行動をするまでに情報収集という行動をユーザーが起こす事が一般化した事で、今、デジタルマーケティングが必要とされてきているのが現状です。

課題を改善するために

上述してきた通り、現在では消費行動の多様性や変化によって企業が行うマーケティングを変化させていかなければなりません。情報発信は当たり前な事になった上で、感覚的であった事をデータで可視化して行くこと今の時代には必要とされています。
弊社ではデジタルマーケティングを行っていますがより多くの企業の方が必要性を感じているが方法がわからない、やってはいるがうまくいっていないといった声が大きい中でデジタルマーケティングについて理解をしていただき、いかに改善できるかなどをご提案させていただいております。
今、必要とされている「デジタルマーケティング」について知りたい、手法を教えて欲しい等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 


RELATED POSTS関連記事