Authorこの作者の投稿一覧

就職や転職活動を行っていると「新卒」「既卒」「第二新卒」などの名称を頻繁に目にします。

しかし、それぞれ具体的にどのような違いがあり、とくに第二新卒はどの募集枠に応募すれば良いのかわからない場合も多いのではないでしょうか。

今回は、新卒と既卒の違いや、第二新卒はどの募集枠に応募すれば良いのかという点について紹介します。

また、第二新卒として転職活動を行う際に有利になるポイントについても触れていますので、ぜひ参考にしてください。

第二新卒として転職活動をはじめようと思ったとき、働きながら転職活動を行うか、退職してから転職活動を行うかで迷う方も多いでしょう。

新卒採用枠に応募する学生時代とは異なり、第二新卒は限られた時間の中で転職活動を行わなければなりません。

では、第二新卒が転職活動を行う場合、働きながらと退職してからではどちらが良いのでしょうか。

この記事では、転職活動をするにあたって必要な期間や費用と転職を判断する基準に加え、働きながらと退職してからで転職活動にどのような違いが出るのかについて解説します。

近年は新卒と同様に、第二新卒の積極採用を検討する企業が少なくありません。通常の中途採用を行うよりも確実に若い層の人材を得られるうえ、他社のルールや働き方に染まりきっていないことから、自社の従業員として教育しやすいためです。

ただし、積極採用されているとはいえ、何の対策もなく転職活動を行っても希望通りに採用されることは難しいでしょう。まずは適切な場所で必要な対策について相談するべきです。

ここでは、第二新卒の方が希望どおりの企業・職場へ転職するためにおすすめの相談場所を紹介します。

第二新卒として転職活動を行っているにもかかわらず、なかなか選考に受からないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

第二新卒は、転職においてメリットになるポイントが多い反面、デメリットもあるためうまくカバーしながら選考に臨まなければなりません。

では、第二新卒が転職活動を行って受からないとき、どのような原因があるのでしょうか。

この記事では、第二新卒としての転職活動に受からないときの原因や対処法と、どうしてもうまくいかないときに活用したい支援サービスについて紹介していきます。

第二新卒として転職活動をはじめたとき、まず自分が何をしたいのか、どのような業種で働きたいのかを考えると思います。

しかし、何がしたいのかわからず、どのような転職活動をすれば良いのか方向性が定まらないまま、なんとなく転職活動を行っていないでしょうか。

何がしたいかわからないまま転職を進めていくと、結局転職先でもうまく仕事に馴染めず転職を繰り返す悪循環に陥る可能性があります。

では、どのようにして転職する企業や業種を絞り込んでいけば良いのでしょうか。

今回は、第二新卒として転職活動をする際に、自分の意思やキャリアプランなどが明確にならないときの対処法について紹介します。

第二新卒が転職するメリット・デメリットとは? 第二新卒が転職するメリット・デメリットには、どのようなものがあるのでしょう … 続きを読む 【第二新卒向け】転職すべきか判断できるメリット・デメリットをご紹介

STORY CAREERは新卒向け就職支援サービスを行っていて、新たに第二新卒向けの採用コンサルティングを未知株式会社とタッグを組んでスタートしました!

STORY CAREERは「人々が早期から自分のキャリア・人生について考え、社会の中で自分らしく働くことのできる社会を創造します。」をビジョンに掲げ、「なんとなく」でキャリア選択をし、「働きがいがある」という人が6%しかいない社会を少しでも良くしようと考えています。STORY CAREERは『”これまで懸命に頑張ってきた人”が自分にとっての”正解”を選びとる社会』を作るために設立されました。

STORY CAREERでは転職支援実績豊富なキャリアアドバイザーが在籍しています。
企業とのコネクションがあるだけでなく、キャリアアドバイザーそれぞれのコネクションもあるため、企業をきちんと理解したアドバイザーに対応してもらえます。

「転職エージェントなんて信用できない!」と考えている人も多いのではないでしょうか? 本来なら、転職エージェントとは、ひとりひとりに担当者がつき、個々に合う転職活動のサポートをしてくれる、就職活動中の人には心強いサービスです。 しかし、転職エージェントを信用できないと、任せたいものも任せられなくなり、不安ばかりが募って、安心して転職活動を行えないでしょう。 ここでは、信用できる・できないエージェントの特徴や転職エージェントを利用する上での注意点と対処法などについてご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

転職活動の方法のひとつとして、転職エージェントを利用している人もいるでしょう。しかし、サービスに登録してもなぜか転職エージェントに相手にされないという問題があります。 この記事では、そのような疑問や不安を持っている人に向けて、転職エージェントの仕組みや、相手にされない理由を解説します。ぜひ参考にしてみてください。

1社目に就職してから数年以内に退職をし、転職活動を行っている若手人材のことを、「第二新卒」といいます。 「自分の状況は第二新卒というのか!」とリサーチを始めたものの、「第二新卒は使えない」というワードを見てショックを受けた人は多いのではないでしょうか。 しかし、自信まで失うことはありません。なぜなら、第二新卒だからこその強みも存在するからです。 この記事では、「第二新卒は使えない」というネガティブなイメージを払拭して、転職を成功させるためにはどうすべきか解説します。実際に採用を行っている担当者の考えもあわせて解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

第二新卒は転職活動において有利だといわれています。 さまざまな求人情報サイトを見れば分かりますが、業種問わず多くの企業が第二新卒者を優遇しています。 この記事では、第二新卒が有利である理由と、転職先におすすめの企業について紹介します。 現在転職活動中の方は、記事の内容を参考にしてみてください。

就職試験をパスして努力して入社したものの、なんかこの会社…自分と合わないかも?と感じたことはありませんか。やりたい仕事や好きな分野の会社でも、実際に入ってみると理想と現実のギャップを目の当たりにして、合わないと感じる人も多いです。 会社が合わないかもと感じたときにはどうすればよいのでしょうか。今回は会社が合わないときの対処法について紹介します。

新卒で就職した会社に不満があったり働きづらいと感じたりする場合には、転職を検討するでしょう。転職活動をするなら、今度は失敗しないように会社をよく見極めなければなりません。 ここでは、第二新卒として転職活動をする人が、働きやすい会社を選ぶ際に注目すべきポイントを解説していきます。

第二新卒の人は、学校を卒業してから1社を経験している状態です。そのため、多くの企業の選考で職務経歴書の提出が求められます。しかし、経歴が短くて、用意できる自信がない…という人もいることでしょう。 この記事では、第二新卒者向けに職務経歴書の書き方をレクチャーします。 一般的な例文付きで紹介するので、あなたの状況によってアレンジしてください。

以前までは新卒で入った会社は、入社してから3年は我慢とはいわれていました。しかし時代は変わり、最近では3年以内に退職し転職活動を行っている人が増加しています。 社会人としての経験は浅いもの、採用市場では第二新卒として扱われているため、転職することは可能です。 今回は第二新卒で成功するための方法を紹介します。転職の成功例、納得のいく企業に転生する方法を交えながら解説します。

2020年に入ってから新型コロナウイルスによる大規模な感染症が流行しており、現在では第3波がきている状況です。 そして、このコロナ禍による影響でさまざまな企業が倒産に追い込まれています。そのため、ご自身が勤めている会社が倒産し、職を失うという可能性がないとは言い切れません。 会社が倒産するとなった場合転職をする必要があります。しかし転職をいつ行えば良いかわからないという方も多いのではないでしょうか。 今回は、転職は倒産前・倒産後どちらに行うのが良いか、それぞれのメリット、転職する際の注意点について解説します。

新卒で入った会社で、仕事に慣れてきて余裕ができた頃に本当にずっと今の会社で働き続けて良いのか、と考える新卒社員の方は多いです。そこで考えるのが転職です。 転職は今後の人生を左右する大きな決断ですが、第二新卒の転職活動は可能なのでしょうか。 一般的には新卒で3年同じ会社で働くのが常識とされていたため、以前までは第二新卒の転職はやめた方が良いという風潮がありました。しかし現在では第二新卒で転職活動を行っている方も多いです。 今回は第二新卒での転職活動が一般化されている理由、第二新卒の転職で行うべき行動について解説します。

「新卒で失敗した!もう終わりだ・・・」と思っている人いませんか?想像している以上に、就職を失敗している人は多いです。

周りを見てみて第一志望の企業から内定をもらえなかったという人はいるはずです。失敗という点では、変わりありません。大学を卒業しても、就職しない人も近年では、増えてきています。

例えば、発展途上国にボランティアに行く人や海外に行く人、中には世界一周をしてみる人など時間があるからこそできることですよね。失敗したとあまり悲観的にならないようにしましょう。

新卒で失敗しても人生終了にしない方法をここでは解説していきます。