「セールスライティング」で購買意欲を高める?!書き方の7つのポイント

デジタルマーケティングコラム

こんにちは。
お馴染み、MchSの糖質ダイエッターです。


さて、今回はコンテンツマーケティングには必ず必要ともいえる『セールスライティング』の書き方についてご紹介していきます。


いい記事で、順位も上がってきたけどなかなか売り上げまでにはつながらない‥と悩んでいる方。これを読むと、あれよあれよという間に商品の売れる記事が書けるかも知れません。ぜひ最後まで読んでみて下さいね。

そもそもセールスライティングって何なのさ?

まず、セールスライティングという言葉を初めて知ったという方もいるのではないでしょうか??んん‥?果たしてそんなあなたは何で検索してこのページに訪れたのか、糖質ダイエッターまで教えてください。気になります。


きっとここに訪れる方は、聞いたことはあるけど深くは知らない、ん~なんとなく今勉強しているけど掴めきれていないという方が多いでしょう。そんな方も一緒にセールスライティングとはいったい何なのかおさらいしていきましょう!


セールスライティング、意味はそのまんまです。何か商材やサービスを売る際に売り上げにつながるライティングのことをセールスライティングといいます。


似ている言葉で、コピーライティングというものがあります。簡単に言うとコピーライティングは、ブランディング重視のライティングで、ユーザーの購買意欲を直接的に高めようとするものではありません。


それに対し、セールスライティングはその文章を読んだだけで購買意欲を高めて、行動にまで移させるというものです。


コンテンツマーケティングをしている私たちは、こちらのセールスライティング、コピーライティングをどちらも上手に使い分けていかなければなりません。


では、そんなセールスライティングの書き方を実際の例をもとに見ていきましょう!

セールスライティングの書き方のポイントと注意点を紹介!

さて、セールスライティングの意味もなんとなく理解してきたところで質問です。皆さんセールスライティングの書き方ってどんなものだと思いますか?下を読み進める前になんとなく想像しておいてください。


・・・


考えは固まりましたか?それでは実際にみていきましょう!

営業マンになったつもりで書く?セールスライティングの基本

セールスライティングの基本は、売りたい商品やサービスの内容を知り尽くしておくことから始まります。口で話すよりも文章にすることって意外と難しいものですよね。


なので、実際に商品やサービスを売りに行く営業マン同様、「この商品はこれが良いんです!」と説明するだけでは、商品購入の直接のところまでは繋がりません。


「これができないのはなぜだと思いますか?」「○○で困っていませんか?」とユーザーに問いを持たせることで、少しずつ「ああ、これは今の自分が購入した方がいい商品なのかもしれない‥」とあくまでも自然に購入に繋げていきます。

セールスライティングはこの先も読みたい‥と感じさせる書き方

購入につなげるには、この記事なんだかおもしろい!読み進めたい!と感じさせる技術も必要です。さて、それはどんな技術でしょうか?


私であれば、自分の知らない単語や難しい(読めない)漢字が出てくる記事はすーぐ飛ばしてしまいます。


また、ビジュアル的に見にくいもの

・改行がない
・文章のつながりが見えない
・写真や表などの装飾が一切ない

このような記事もすーぐ飛ばして次のページに行っちゃいます。皆さんもそうではないでしょうか?

ネットにはたくさんの情報があふれ、自分で情報を取捨選択することが可能な世の中です。この記事なんだか見にくい‥読みづらい‥と感じてしまうとすぐ他の検索結果に移動してしまいます。


検索した結果、たどり着いたその記事がユーザーの知りたい情報だったのにも関わらず、ビジュアルや読みづらさで違うページにいってしまうのは避けたいものですよね。


気をつける点としては、

・シンプルな文章でわかりやすく
・内容を最後まで読んでもらうためにサイトの装飾など視覚に訴えかけることが重要
・難しい単語や漢字は少なめに、ひらがなを気持ち少し多めに使用する
・単におすすめするだけでなく、文章内でユーザーに問いかける

以上がセールスライティングをする際に注意するポイントです。

まとめ

セールスライティングの書き方についてご紹介してきました。気をつけるべき点、書き方のポイント、たくさんありましたね。このようなセールスライティングでユーザーから購買意欲を高めたいと思っている方。ぜひ私たちにご相談ください!


この記事をここまで読み進めたということは、私のセールスライティングも成功です。にやり。ぜひお問い合わせくださいね。


RELATED POSTS関連記事