<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2020.08.05 / 最終更新日 :

採用ブランディング

採用チャネルとは

採用チャネルとは、企業が採用活動を行う際に活用する手段や方法などのことです。その手段や方法はいくつもあり、それぞれ持っているメリットとデメリットが異なります。そのため、企業は採用活動を行う際には、適した採用チャネルを選ぶ必要があります。

この記事は約5分で読み終わります。

採用チャネルとは

採用チャネルとは、企業が採用活動を行う際に活用する手段や、方法などのことで、就職活動や転職活動で用いられる就職サイトや、転職サイトなどの求人広告サイトも採用チャネルの1つです。

ネットが普及したことで、現在では求人広告サイトを利用した採用活動は主流となっていますが、以前までは、紙媒体やハローワークなどの採用活動が主流でした。紙媒体やハローワークなどの採用活動では地域を絞って情報を発信したり、発信できる情報の範囲に制限がありました。

しかし、求人広告サイトであれば地域を絞って情報を掲載する必要がなく、全国の情報を掲載したり、企業説明会や企業のホームページなど、他の採用チャネルへの誘導も可能です。

また、スマートフォンの普及によって、採用チャネルの多角化が進んだことで、企業説明会や人材紹介、ダイレクトリクルーティング、リファラル採用などの他の採用チャネルの重要性も高まりました。

 

採用チャネルの種類とメリットデメリット

採用チャネルにはいろいろな種類があります。これらは持っているメリットとデメリットがそれぞれ異なります。

採用活動を行う際には、適した採用チャネルを選んだり、組み合わせたりする必要があるため、採用チャネルごとのメリットとデメリットを把握しておきましょう。

人材紹介サービス

人材紹介サービスでは、求職者と企業の条件をマッチングしてくれる採用支援を中心としたサービスです。

人材紹介サービスには成功報酬型が多く、人材を紹介してもらい、採用に至ることで企業は人材紹介サービス会社に対して支払いが発生します。

そのため、初期投資や運用のコストを抑えられることができ、人材紹介サービス会社が条件に合った人材を紹介してくれるため、ミスマッチを避けることもできます。

ただし、人材紹介サービス会社に支払う報酬は、採用した人材の年収の2〜3割となるので、1人に対してかかる採用コストはあまり安くはないと言えるでしょう。

また、人材紹介サービスを活用すると、人材のマッチングを人材紹介サービス会社の方で行ってくれるため、社内に採用活動に関するノウハウが蓄積されにくくなることもあります。

会社説明会・人材公募サービス

求人情報誌や求人広告サイト、ハローワークなどを活用し、まずは会社説明会に参加してから選考が始まるという流れも定番の採用活動の1つです。

ハローワークの場合は、採用コストがほぼかからないというメリットがありますが、募集地域が限定的というデメリットがあります。

求人情報誌や求人広告サイトであれば地域を限定せずに、多くの求職者に対して情報を発信することができます。ただし、求職者とやりとりに対応するための工程数が増えたり、費用がかかったりなどします。

また、料金発生の仕組みにいくつか種類があるので事前に確認しておく必要もあるでしょう。

会社説明会は、多くの求職者と直接やりとりを行うことができますが、自社に人を集めるスペースがない場合は会場を用意するなどの手間や費用が発生します。このように公募をかける方法によってメリットとデメリットが異なるので、注意しましょう。

ダイレクトリクルーティング・リファラル採用

就職活動や転職活動では、基本的に求職者が条件に合う企業を探して応募をしますが、ダイレクトリクルーティングでは企業の方から、積極的に条件の合う人材を探す活動をします。

リファラル採用もダイレクトリクルーティングと同様に、企業側から人材を積極的に探すのですが、従業員が自分の知人や友人に対して声をかけるという特徴があります。

これらの採用チャネルでは求人広告や人材紹介サービスでは見つけることのできない潜在層の人材に対してアプローチできる可能性があります。

 

自社にあった採用チャネルの見極め方

採用チャネルにはいろいろな種類があります。それら採用チャネルは持っているメリットとデメリットが異なります。そのため、自社に適した採用チャネルを選んだり、組み合わせる必要があります。

自社に適していない採用チャネルを利用してしまうと、思うように採用活動が進まなくなってしまうこともあるので、その見極め方は把握しておくようにしましょう。

採用チャネルは複数持とう

採用チャネルはネットとスマホの普及によって多角化しています。そのため、採用チャネルは必要に応じて複数持ち、組み合わせて活用して、いろいろな採用チャネルで対応できるようにしておかなければなりません。

もし、採用チャネルを絞ってしまうと、ターゲットとなる求職者の分母を減らしてしまい、思うように人材が集まらないこともあります。

また、これまでに採用がうまくできていたとしても、就職や転職の環境は変化していくため、その環境に合わせて採用チャネルを選んだり、増やしたりすることも重要です。

これからの時代は企業の情報発信チャネルを持つ

就職や転職の環境は変化しています。今では人材紹介や人材公募などのサービスを利用するだけでなく、自社のオウンドメディアとして所有するサイトから求人を出したり、採用サイトを作成したりなどする企業もあります。

オウンドメディアであれば、発信する情報の内容や量、掲載期間などを気にする必要なく、これらを自社で決めることができます。また、求人情報の掲載費用がかからないため、コストの削減にもなります。

また、SNSで情報を発信して、採用サイトへの流入を増やすことができたり、オウンドメディアを活用した採用活動はその施策内容や、蓄積したノウハウなどが資産として残ります。

これらの多くのメリットが得られることから、従来の採用活動にオウンドメディアを組み合わせるという企業は増えてきています。

しかし、オウンドメディアはどのように立ち上げて、どのように運営すれば良いかわからないという企業は多くあります。そのような場合は、未知採用オウンドメディアにご相談ください。

採用ブランディングにお悩みなら

未知株式会社では、採用単価や採用後のミスマッチにお悩みの企業様へ
採用オウンドメディアのお手伝いをさせていただいております。
ブログが流行ってるとはセミナーで聞くけど、はじめ方がわからない。
運用がうまく行かない。
といったご相談なんでもお話ください