<?php echo get_the_title(); ?>

作成日 : 2020.10.12 / 最終更新日 :

採用ブランディング

採用力とは?優秀な人材に選ばれる企業になるための3要素

優秀な人材は企業同士で奪い合いになります。また、今はどこの業界も、どの企業も人手不足となっています。そのため、優秀な人材を確保することは難しくなっているので、採用力の重要性が高まってきています。採用力を高めて優秀な人材を確保しましょう。

この記事は約5分で読み終わります。

採用力とは

少子高齢化や政策による学力低下などの理由によって、優秀な人材を確保することは難しくなってきています。優秀な人材は企業同士で奪い合いにもなるため、優秀な人材を確保するためにも、採用力の重要性が高まってきています。

一般社団法人「日本採用力検定協会」が定義する採用力とは、企業がより優秀な人材を採用するために、企業にとって有益な採用活動を設計したり、実行したりする力のことです。

この採用力を構成する要素は多くありますが、特に重要となる要素が「企業力」「労働条件」「採用活動力」の3つです。これらの要素を把握して、充実させることで採用力を高めることができます。

採用力の3つの要素

採用力には「企業力」「労働条件」「採用活動力」の3つの要素が重要となります。これらの要素を充実させることが採用力を高めることに繋がります。また、これらの要素を充実させるためには、その内容を十分に理解しておく必要があります。

企業力

就職や転職をする際に、人気企業に就職したいと考える求職者は多いです。そのため、企業認知度、イメージ、資本力などの企業ブランドを高めておくことは重要です。

これらの企業力は短期間で改善することは難しいため、日頃から高めるように努めておかないといけません。

企業力を高めてうまくアピールすることで、応募希望者の分母を増やすことができます。応募希望者の分母が増えることで、優秀な人材がその中に含まれる可能性も高くなります。

労働条件

今はどの業界も、どの企業も人手不足のため優秀な人材の獲得に必死となっているので、給与や雇用形態、福利厚生などの労働条件を優遇する動きがあります。

もし、企業力を高めて応募希望者の分母が増えたとしても、他社の方が労働条件が魅力的と感じられてしまうと、選考や内定を辞退されてしまう可能性もあるので、労働条件を整えることも優秀な人材を獲得するためには必要となります。

また、働き方改革や若年層を中心に労働の意味の見直しが社会全体として強化されています。そのため、求職者にとって労働条件が良いことは、企業選びをする際の必須条件となってしまってきています。

労働条件は、大企業では短期間の改善は難しいことが多いです。しかし、中小企業などでは代表者の判断で改善しやすいため、中小企業が大企業に負けず、優秀な人材を確保するためには採用力の要素の中でも、この労働条件が重要な要素となります。

採用活動力

企業力を高めても、労働条件を整えても、積極的な採用活動が行われていなければ、応募希望者から認知されなかったり、スムーズな採用活動ができなくなったりしてしまいます。

採用活動は大きく分けると、採用実務と採用広報の2種類に分けることができます。採用広報がうまく機能していなければ、応募希望者はその求人情報を見つけることができない可能性があり、せっかくの優秀な人材を逃してしまうことがあります。

また、採用実務は求める人物像の設定、募集、面接、採用といった人材採用の設計がうまくできていないと、応募希望者の中にいる優秀な人材を見落としてしまう可能性もあります。

このように、採用できたはずの優秀な人材を逃してしまう可能性があるため、採用力の中でも採用活動力は非常に要素となります。

採用活動の内容は、企業力や労働条件に比べて改善しやすいこともあるので、柔軟に対応する力も求められます。

採用力を高めるには

優秀な人材を奪い合いとなります。そのため、優秀な人材を確保するためには採用力を高める必要があります。

採用力を高めるためには、「企業力」「労働条件」「採用活動力」の3つの要素を高めなければいけません。また、これらの要素を高めるためには、いくつか把握しておくべき点があります。

人材ニーズを明確にする

採用活動を行う際には、経営の核となるなら正社員、決められた期間のプロジェクトなら契約社員、業務委託ならアルバイト・パートなどのような、求める人材像があるはずです。

これら現場が求めている人材の情報は、社内で共有しておく必要があります。人材ニーズを明確にして情報共有ができていないと、採用を担当する人が現場の求めている人材とは違った人材を集めたり、採用したりなどしてしまう可能性があります。

働きやすい労働環境をつくる

採用力を高めるためには、技能、経験に見合った給与や、時短労働など働き方の幅を広げるなどの労働条件を整えておく必要があります。

労働条件を整えることには、他社に採用条件で負けないようにすることも目的としてありますが、採用後の労働環境を整えて、従業員が働きやすい環境を作るという目的もあります。

もし、労働環境が悪ければ離職率が高くなってしまい、その後の採用活動に影響が出てしまうこともあります。

そのため、企業は労働条件と共に、働きやすい労働環境を整えておく必要があります。特に、社員同士が信頼しあえる風通しの良い職場環境は、時間をかけて従業員と協力して作る必要があります。

魅力を伝える

企業選びの際に、求職者の人たちから選んでもらうためには、自社の魅力を伝えて、その企業で働きたいと思ってもらうことが重要です。もし、企業の魅力を求職者に正しく伝えられなければ、採用力は下がってしまうこともあります。

そのため、企業力を高め、採用活動力で企業ブランドを広めていく必要があります。また、企業の魅力は求職者にだけ向けて発信するのではなく、従業員もその魅力を把握してもらう必要があります。

魅力を理解して従業員が働く職場は、組織としての一体感を作ります。その職場の良い雰囲気は、選考で会社を訪れた応募者にも魅力を伝えてくれます。

 

採用ブランディングにお悩みなら

未知株式会社では、採用単価や採用後のミスマッチにお悩みの企業様へ
採用オウンドメディアのお手伝いをさせていただいております。
ブログが流行ってるとはセミナーで聞くけど、はじめ方がわからない。
運用がうまく行かない。
といったご相談なんでもお話ください

  • 氏名

  • 会社名

  • メールアドレス

  • 電話番号