コンテンツマーケティングは奥が深い!運用するために必要なスキルとは

デジタルマーケティングコラム

こんにちは!幼稚園の先生から、まさかのWEB業界に転職。交際7年でようやく年上彼氏と入籍しましたアラサー社員です。

今回は、MchSの商材でもあるコンテンツマーケティングについて、運用する上で最低限必要とされるスキルについてご紹介したいと思います。

コンテンツマーケティングはブログと違うからこそスキルが必要

「コンテンツマーケティングってブログと何が違うの?」と、おそらく多くの方がその違いをご存じないことでしょう。

もちろん私も、今の業界に入るまでは知りもしませんでした(笑)

コンテンツマーケティングとブログの違いは主に以下の3つにあります。

・読み手を意識したコンテンツである

・マーケティングとしての目的がある

・その目的に合わせた企画、コンテンツ構成の設計が必要である

この違いを理解することなく、ブログと同じようにコンテンツマーケティングを進めてしまうと、やはり上手くはいかないでしょう。

だからこそ、読み手を意識しつつ、目的を達成するためのコンテンツマーケティングには、それなりにスキルが求められるのです。

WEBコンテンツだからこそ最低限押さえておきたいスキル

では、具体的にどういったスキルが必要になるのでしょうか。

細かくご紹介すればキリがないため、今回は最低限必要とされるスキルのみご紹介します。

WEBスキル

コンテンツマーケティングを運用する上で、欠かすことのできないものといえば、そのコンテンツをアップするための「サイト」ですよね。

サイトを立ち上げるための知識やスキルはもちろん、制作会社を介する場合も、どういった機能が必要かを適切に伝える必要があります。

SEOスキル

コンテンツの内容がどれだけ良くても、読み手がサイトを見つけてくれなければ、何の意味もありません。

そもそもSNSや広告のみでアクセスを稼ぐのであれば、WEBスキルのみで何とか運用できるかもしれませんが、コストをかけ続ける必要があり現実的ではありません。

ユーザーが自然とサイトを見つけてくれるよう、検索上位に表示させるためのSEOスキルもコンテンツマーケティングには必要なのです。

企画・構成・執筆スキル

これは上記2つのスキルとは異なるスキルになるのですが、このスキルが欠けていてもコンテンツマーケティングは上手くいきません。

WEBやSEOのスキルだけで執筆した面白みのないコンテンツは、仮にアクセスが稼げても読んではもらえません。

結果的にサイトとしての評価が落ちる可能性も高まります。

読んでほしいユーザーは、どういった企画に興味を持つのか。どう読み進めていくとスムーズか。どういった言い回しだと面白いのか、目を引くのか。など、きちんと読み進めてもらうためのスキルが必要なのです。

コンテンツをただ掲載すれば良いわけではない

上記にご紹介したスキルが、主にコンテンツを掲載するまでに必要となるスキルです。

しかし、コンテンツマーケティングは単にサイトに掲載して終わりではないですよね?目的を達成するためにも、サイト掲載後のコンテンツを分析し、その効果や課題を把握する必要があります。

効果分析後、このままで目的は達成されるのか。もしくは、掲載時には予想しなかった何らかの課題があるのかによって、その後のアクションも変わってきます。

コンテンツマーケティングには、このように効果検証のスキルも必要になるのです。

まとめ

以上がコンテンツマーケティングを運用する上で、最低限求められるであろうスキルでした。

自分自身が上記スキルを全て持っているのであれば、自分だけでも運用することはできるでしょう。しかし、そんな人なかなかいないでしょうし、いても工数が恐ろしいほどかかります。

だからこそMchSでも、ライターやディレクター、効果分析担当が連携し、コンテンツマーケティングを運用しているのです。

「コンテンツマーケティングが必要なのはわかっているけど、運用は難しい」と悩まれている方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。


RELATED POSTS関連記事