<?php echo get_the_title(); ?>

2018.05.20

ライティングの課題解決

【悩める】SEOのキーワード!どのように選定するといいの?

こんにちは。https://www.mchs.co.jp/dm_column/seo-keyword/ 最近ひとつ年を重ねたMchSの糖質ダイエッターです。(気持ちは21歳・・・) さて、今回はSEOや記事を作成する際に […]

こんにちは。https://www.mchs.co.jp/dm_column/seo-keyword/
最近ひとつ年を重ねたMchSの糖質ダイエッターです。(気持ちは21歳・・・)
さて、今回はSEOや記事を作成する際に最も重要とされている「キーワード」についてご紹介していきます。
SEOを始めたばかりの方や最近キーワードが思い浮かばなくて悩んでいるという方、たくさんいるのではないでしょうか?
実は私もその中の一人だったりします。では、実際どのようにしてキーワードを選んだらよいのか一緒に見ていきましょう!

目次

SEOのキーワードはどうやって選定するの?

自分の書きたい記事や狙いたいキーワードの主軸というのは大体決まっているでしょう。そこから頭の中で考えて、キーワードをリストアップしていくのは実際難しいものです。
全く思い浮かばず、時間だけが経ってしまった・・なんてことも起こりえます。
ではそんな時、どのようにしてキーワードを見つけていけばよいのでしょうか?

1. 検索をかけて上位に上がっているサイトの中からキーワードを探す
主軸のキーワードを検索にかけて、上位表示している記事を参考にするとおのずと関連するキーワードが出てくるでしょう。
このように上位表示しているサイトの中からキーワードを探すことも可能ですが、もっと簡単に使える「キーワード検索ツール」というものがあります。
後ほど見出し3でご説明するので、もう少し読み進めてくださいね。
2. 自分狙いたいキーワードで競合となっているサイトを参考にする
自分が書きたい内容で上位表示していて、尚且つ勝ちにいきたい!と思うサイトは少なくともひとつはあるでしょう。
同じ土俵で向き合って戦うのであれば、競合からキーワードを探してくるのもおすすめです。
なんとなくキーワードの決め方がわかってきたのではないでしょうか?
では次の見出しでキーワードを選ぶ際に注意する点について見ていきましょう。

SEOのキーワードを選ぶ際に気をつけたいポイント

せっかく狙いたいキーワードを選ぶのだから、上位表示させたいというのが皆さんの目的ですよね。
しかし、ユーザーの為にならないキーワードを狙って一位になったとしても何の意味もないんです。
なので、キーワードを選ぶときに注意しなければいけないのは、このキーワードで本当にユーザーは検索するのか?このキーワードでユーザーの為になる記事ができあがるのか?ということを重要視しなくてはいけません。
順位に踊らされるのではなく、あくまでもユーザビリティの高いキーワードで記事作成を行いましょう。
私もそうですが、施策側としてはなかなかユーザー目線に立って内容を考えていても、いつの間にか置いてきぼりになっていることがあります。

自分一人で考えるとどうしても偏ってしまいがちなので、これはユーザーの為になっているのか判断に迷ったときは、第三者に確認するのがおすすめです。
第三者に見てもらうことで自分では気付かなかった新たな発見もあり、どんどんいいキーワードを選べるようになります。

キーワードを選ぶ際に使いたいツールを一挙公開!

さて、みなさんお待たせしました。見出し1から飛んできた人もいるでしょうか?ここでは、キーワードを選ぶときにおすすめのツールをご紹介していきます。

Googleキーワードプランナー
検索ボリュームや関連性の高いキーワードが表示されます。キーワードプランナーでは、顕在層だけでなく準顕在層や潜在層も狙えるキーワードを発掘できる魅力があります。
ミエルカ
ミエルカでは、キーワードプランナーと同様に検索ボリューム、関連キーワードの表示ができます。
その他の機能として、サジェストの分析機能でユーザーのそのキーワードに対するニーズや検索意図がわかる機能もついています。
また、キーワードのグルーピング機能があるのもミエルカの魅力なので、キーワードに悩まされている人はぜひ使ってみましょう。

まとめ

今回は、SEO対策のためのキーワード選定についてご紹介してきました。
検索順位を上げることも必要ですが、ユーザーが求めているキーワード選定することが最も重要です。SEOはあくまでもクローラーではなく、ユーザーの満足を獲得することです。そこに重きをおいていれば、おのずと順位は上がります。
ユーザーの役に立つコンテンツを作っていくために、キーワード選定は慎重におこなっていきましょう。
ユーザーの求めている内容での施策は私たちにお任せください!

注目キーワード